2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝は、何か夢を見ていたのに膜がかかったように思い出せない
そんな感覚で目が覚めました。
こういう時は、「夢の方じゃなくて、今考えるべき事柄が目の前にある」
そう言われているように感じる。
だから夢を思い出す事に固執せずに微睡んでいたら、
夢で見ていたワンシーンを思い出しました。

2012. 10.1.(月)  旧暦 8/16

ソフトクリームを食べていたら
中に豚肉の脂身が層になって混ざってて、
気持ち悪いので脂身を除いて取り出していた。



この夢を見た後に思い出した一連の夢があります。

2012. 9.30.(日)  旧暦 8/15 満月・十五夜

建物から出ると一緒に〇〇〇〇さんの霊が出てきたが、
彼の内臓は「鉄」で出来てた。

戦っているうちに内蔵をやられて
代わりに鉄で出来た「肺」などが体に入れられていた。
それをケース(身体を覆っていたもの)ごと縫っているシーンを見てた。
テレビで畳を縫うシーンを見たが、あんな感じだった。
とても痛そうだった。
そして彼は言った。
「霊を見る時には、もっと見方を変えて『心』を見るように」と。
(これは心の悲鳴だと感じた)

〇〇〇〇さんが居た。
彼女の身体も移植されたような感じで、
手の指は「お母さんの指」だと言っていた。
足とかも何か移植されていたようで、フィンを見せられていた。
私もシュノーケルで使うフィンを持っていたので、
それを見て、泳ぎに行かなきゃなぁと思っていた。


2012. 9.27.(木)  旧暦 8/12

前の会社で同じデータ入力をしていたナナコさんが
受渡業務に移動した時の事を話してた。
私とセオさんが彼女にプレッシャーを与えていたみたいで、
それで彼女は配置換えしたと。
( 実際は私とナナコさんを課長が審査して、
 彼女の方が業務に向いているからと選ばれて行ったのだけど…。)

その事で心にストレスが残り、宗教に依存するようになったらしい。
アパートの近くに宗教関係があったので、
それから彼女は依存しだしておかしくなった。
そんな事を夢で知らされていた。


2012. 9.15.(土)  旧暦 7/29

〇〇さんが出ていた。
場所は韓国で、いろんな姿に変装して敵と戦っていた。
映画を見ているような感じだった。
もう一人彼女の後輩?みたいな人が出ていて、
身重で戦っていたら銃をお腹に向けられて
あわや発砲されるという危ない場面もあったが、無事だった。

彼女のお腹には子供が居ると思っていたが、
後で便秘だとわかり、おならをしていた。


これらの夢を見て私が感じた事は、「身体」と「心」でした。
この世で一番「陰陽」を実感できるのが、自分の「身体」だと思います。
表側は見える部分で綺麗に着飾るけど、身体の中は特に見向きもしない。
一番大事な心が「体の内側」にあるのに。。。

だから口に入れるもの、目で見て頭の中に入れるもの。
いろんなモノを自分で感じながら、それを入れた結果がどうなったか
そういう事も考えながら、表と裏を考える。
それが自分の陰陽の統合という事ではないのかなと漠然と感じました。

ソフトクリームに豚の脂身が入っていたのは
最近、私が豚肉を料理して口に入れてるからかな…。

普通だと肉類はあり選ばないのだけど
先日父に作った「生姜焼き」を凄く美味しいと食べてくれたから
他にも美味しい料理を食べさせてあげたいなといろいろと試してました。
今度は「白菜と豚肉の重ね蒸し」にしようと考えていたから
ソフトクリームと豚の脂身が層になっていたのかなって。

肉じゃない別の美味しいモノを、もっと考えるべきなのかな。
身体が「もういいよ!」と言っているのかもしれないですね。(;^_^A アセアセ・・・

一連の夢も、身体と心がズレて悲鳴をあげているような気がしました。

「戦っている」と心が「鉄」に変わり
自分の心や体が「戦いの針」で縫われているようで大きな悲鳴をあげていた。
目で見える形で判断するのではなくて「心=内側」を見る様に言われた。

自分の心にストレスがあると、「依存」へと向かう。
この場合のナナコさんは、私の内側の象徴なのかもしれない。
表の私が、身体の中のナナコさんにプレッシャーを与えていた。
だからそれが原因で、心が本心と別れて依存するようになったのかな…。
裏の依存心を作っていたのは、表の自分の圧力だったのかも…。
それは「こうあらねば」という固定観念だったのかもしれない。

身重で戦っていたら銃をお腹に向けられて
妊娠から便秘に変わった。
戦うと便秘になるんだよ。
平和だと赤ちゃんになる。
そういう事だと感じた。

身体の中が「自分の宇宙」であり、繋がっているとなんとなく感じている。
だからこそ、口に入れるもの、目で見て頭に入れるもの
それらを注意深く見て行かなくてはということかなと感じた。
それが「経験」であって、その結果を自分で感じ取る事が大切だと思った。
その経験を生かして、これからの未来へと繋げる。
それが自分で出来る「裏と表」の統合なんじゃないのかなと感じている。



スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。