2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、赤ちゃんの夢を見ました。
今度はお風呂に入れてますが…

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2012. 8.31.(金)  旧暦 7/14  二百十日 満月

( AM 7 : 03 )  
父に頼まれたのか、平戸?佐々?ちょっと遠くまで出かけてた。
いつのまにか赤ちゃんを抱いてて、
見つけたのか、誰の赤ちゃんか解らないが、寒そうなのでお風呂屋さんに入ってた。
お金を払った記憶がないので銭湯というよりはお風呂屋さんが近いかな。

体が温まるようにとお湯を掛けたら、赤ちゃんが「熱い」と言ったので、
ぬるめのお湯を掛けてお風呂に入れてた。

途中で夜の12時を過ぎたので電気が切れて、みんなお風呂から上がってた。
慌てて服を着て外に出たら気温が低くて、しかも赤ちゃんは裸のままだった。
私は黒いセーターに黒のパンツ姿だった。

赤ちゃんが風邪をひくといけないのでお風呂屋さんに戻った。
閉まっていたけど店の女性が居たので、無理にお願いして事情を話したら
「あー、あなたは〇〇番のロッカーだったわね」と覚えていて、
ロッカーの服を持ってきてくれた。

お礼を言って外に出るがそれでも寒くて、
手で触ると赤ちゃんの体温がだんだん冷たくなっているのを感じた。
私は赤ちゃんを摩ったり抱きしめたりして温めていたが、
それでも相変わらず冷たいままだった。
「そうだ、お腹に手を当てていたら身体が温まるよね」と思い出して
赤ちゃんのお腹に手を当ててた。
赤ちゃんは段々と暖かくなってきて途中で目を覚ましたので、
「生きている」とひと安心した。

電車はもう動いてないかもしれないが、
駅に行けばなんとか帰れるような気がして歩いていた。
ポケットには小銭しかなくて1000円くらいまでなら大丈夫だけど…
お金をおろして置けばよかったなとか、
途中イナちゃんにお金を借りれば良かったなとか思っていたが、
結局そのまま歩いて駅へと向かっていた。

途中から若い人たちがチラホラ増えてどこかへ向かって歩いていた。
私は知らない土地でこの道で大丈夫かなと不安になったので、
女性に「この道は駅に向かいますか?」と聞いたら、
「大丈夫ですよ、駅に向かってます」と言われて安心して
その人たちに続いて歩いていた。

駅に着くとギリギリでシャッターが閉まりそうになっていたので、
私は慌てて棒か何かで押さえて、強引に中に入って行った。
中は、なんと江戸時代の恰好をした男の人達が居た。
町奉行みたいな恰好の人達だった。
「接続交通」みたいな文字が見えた。
電車はなくても乗合タクシーで帰れるかなと思っていた。
事情を話して「この子が凍えるから」と言って、中に入れて貰った感じ。

玄関に入ると、まさに江戸時代にタイムスリップしたような感じだった。
私の恰好は現代風で、相手の人が高い板の間に座って
町奉行風の恰好で対面してた。
玄関で靴をぬぐのだけど、その靴を銀色の袋に入れて上がるみたいで、
そう指図されていたような…。
私は「てっぱん」の瀧本美織さんに変わってて、
彼女がその靴を持って何か要領が掴めない感じで
「履き替えるんですね?」とか「すみません靴が汚れてて」とか
笑いながら戸惑っていた。

どうやら実家に戻っているみたいだった。
私は遅れて家に帰れないでいる事を両親に連絡していなかったので、
夜の12時を過ぎても帰らない私を、二人は心配しているだろうな、
行方不明になったと捜しに行ってるかなと心配していた。

どこかの家に着いたみたいだった。
実家らしいのだけど、見た事のない前衛的な家だった。
その間、ずっと赤ちゃんを抱いて温めていた。

夢から覚めて気付いたら、
同じように赤ちゃんを抱いているポーズをしていた。(*_*)
今日の夢は、はっきりと覚えていたので、
きっと私にとって重要な夢だったのかもしれない。

( AM 7 : 32 ) 
マンションの犬の鳴き声が聞こえる。
いつもは一匹なのに、今日は他にも聞こえてて、
何か鳴きあいながら話しているような感じがした。

( AM 7 : 59 ) 
今、「野球をしているシーン」が浮かんだ。
いつまでも野球をしたいような感じを受けてた。
背番号か何か解らないが「28番」と「8番」が映っていたような…。

( AM 8 : 07 ) 
二つのチームが合流した」ような、そんなイメージが浮かんだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


いったい、夢の赤ちゃんは、誰なんでしょうかね?
私の夢に何度も出てきているし、今日も強く残っていたので
私が思い出すべき赤ちゃんなのかもしれない。。。

赤ちゃんで、残っている記憶がある。
小学低学年の頃、赤ちゃん(従妹)を抱いていたんだけど
力が足りなくて、どうも落としたような記憶があるんだよね…。

もしかして、過去世で「落としてしまった赤ちゃん」なのかな…。

前に夢で「あなたが来ないで遅れているから
お湯が冷めて赤ちゃんをお風呂に入れる事ができない
」と言われてた。
そして今度はお風呂に入れてたけど、12時で電気が切れたんだよね…。
うーん。。。
未来に向かっているって事なのかな。
今回は、赤ちゃんも小さくならなかったしね。

赤ちゃんをお風呂に入れるって、「温める」ってことだよね。
身体も冷めてたから一生懸命、温めてたし…。
赤ちゃんが温まったから、オッケーって事なのかな。。。

でも、なんで江戸の町奉行なんだろ?
時間が変わったって事を意味しているのかな?
いろんな時間が存在している次元みたいな感じかなと思ったけど。
「靴」って、一つの人生を表しているような気がするけどなぁ。
なんとなく、元居た所に帰って行ってるような気がする。。。

まぁ、いずれ解る時が来るでしょう。



スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【】
〇〇さん、いつもありがとうございます。

根の部分、しばらく考えてみようと思います。


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【】
〇〇さん、ありがとうございます。

最後の言葉、別の言葉をテレビで聞いて
そうなのかもしれないなと私も感じてました。
だから、とても力強く心に響きました。

私が不安なのは「知らない」からです。
解らないから不安でずっと探し求めてました。

でも、その先にあるのは「本当の気持ち」なんでしょうね。
何故知りたいのか?と前に言われた事があります。
そこに繋がりますね。
でも、そこにまだ行けてないです。
本当の意味で「本心と向き合う」事が出来てないから
外に答えを当てはめて確認しているんですね。
でも答えはないから、不安はずっと続くんですね…。

先日、テレビである人が話していた言葉にハッとしました。
自分はずっと自信がなかったから解らなくて
自分を見てアドバイスしてくれる人の言葉が正しいのかなと思って
言われるようにやってみた。
でも、結局自分の感覚の方が正しかったと後で解った。
それからは、自分の感覚だけを大事にしようと思った。
周りの言葉はアドバイスとして受け入れて参考にするけど
最終的に決めるのは自分の感覚で決めると。。。

これは自分の演技について語られた言葉でしたが
これまでの私と重なってました。

「夢の中の自分の姿は『気付きなさい』と見せられている」と言われると
必要以上に「そこ」を見ようとしていた。
そこに自分が求めていた答えがあるような気持ちでいた。。。
夢は自分の心と繋がっているから、
ここに探し求めていたものがあるんだと思った。

でも、この俳優さんの言葉を聞いて、
「自分というものがない」私の姿が見えた。
結局、私も同じだなと。。。

人のアドバイスはアドバイスであって、
言ってくれる人がどんなに正しくても、自分ではないのだから
その言葉を過信せずに、自分の中をみなくちゃいけない。
大切な言葉を参考にしながら、自分で見つけるしかない。
左右されるという事は、相手を過信していることで、
それはやはり依存なんだなと解った。
相手を変えて何度も繰り返している事だから。。。
相手を見ている限り、何度も繰り返すと思った。

最後の言葉は、とても暖かったです。
ありがとうございました。^^

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【】
〇〇さん、ありがとうございます。

本当に気付きにくいなと実感してます。
昨日は、今までの自分を全否定されたような気持ちになり
私は一体何をやっていたのだろう、やってもやらなくても同じなら
もうどうでも良いやという気持ちになり
固くフタをしようとしてました。
これも「認めてほしい」という事への裏返しですね。

今朝の夢や、パソコンの「バッテリー切れの警告」で、
これではダメだなと気付きましたが…。
例えやり方は間違ってても、気付こうと必死にもがいていたら
それなりに考慮して貰えるんだなという事が、夢で解りました。
やってもやらなくても同じではなかった。

ここから先が一番難しいと思いますが、
自分で捜すしかないんですね。
じっくり考えてみようと思います。
この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。