2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬至前だからなのか、ずっと波乱万丈な内容の夢を見てます。(笑)
きっと今までの総決算という意味で見せられているように感じます。
昨日、今日とそのような内容でしたので、ブログにも載せますが、
前のブログとこちらの新しいブログとで「気づきの向き」に分けて書こうかなと決めました。

前ブログ 気づきの日々 外側の気付きに関する記事
こちらの新ブログ 前へ。。。~心の気づきの日々~ 自分の内側を見つめる気付きの記事

やはりバランスは大事だと思うので「気付き」を重点的に内側に向けるけど、
外側もやはり外せないかなと思います。
先日の夢でも、乗っていた船が離れていて接岸できずにいたのを
私はぐぐぐーーーっと引き寄せていたので、リンクも両方貼る事にしました。
前ブログ過去記事の整理もしたし、とりあえずこの形で暫くは進みたいなと考えてます。

それで今日見た「夢 家系図と未来」を前ブログに載せましたので、
興味のある方はこちらも覗いて下さい。^^
アメリカの未来を垣間見たような内容の夢でした。


そして昨日の夢では、なんと真央ちゃんが登場しました。
それ以外にも恐竜だとか隣国選手だとか、いろいろと物騒なモノ(笑)も登場しましたが
内容的には無問題♪という感じです。
むしろ、私の気付き部分へ向けてが根底にあるので、こちらに乗せる事にしました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.20 (火)  旧暦 11/26 旧暦 11/26  月齢 24.9

ある男性を紹介されて、どうやらその人と結婚するみたいだった。
お見合いみたいなもので勝手に決められていたのだけど、
私はその人柄を見てこの人とならやっていけるかなと感じていた。

どこかの家に居てある部屋に案内してもらっていたが、
そこは動物園みたいな感じで部屋には池があった。
何気なく歩いたら、どうやらワニの頭を踏んだみたいで、
おとなしかったワニが急に敵対心を剥き出しにして獰猛になり私を食べようとしていた。
私は慌てて必死に逃げるが、ワニはだんだん増えて恐竜になり、
たくさんの人間を食べようと襲って来ていた。
私は天井の梁に宙づりになりながら移動して、
部屋と部屋の間にイソギンチャクのような糸がたくさんあって、
梁にぶら下ったままその中に隠れていた。
自動式で洗車する時のモップがたくさんある、あの感じです。

外を見ると恐竜がまだ走り回ってて、こちらの部屋にもやってきそうだった。
外でいなくなったと同時に部屋に入ってきたので、入る直前に外に出て入れ替わった。
結婚するはずだった相手の人は、もう見当たらなかった・・・。

私は家の外壁に貼り付いていて、外が安全になるまでじっとしていた。
ふと前を見ると、真央ちゃんと隣国選手が二人ベンチに座っていて何やら話していて、
私は真央ちゃんと目があった。
見つかるといけないので私はとっさに「シー!」と人差し指を口につけて
「お願い、黙ってて」というジェスチャーを送った。
真央ちゃんは状況を察して隣国選手とじゃれ合いながら
彼女を仰向けにして私が視界に入らないようにし、目を瞑るように遊びでやってた。
(この感じでは、二人は決していがみ合っている感じではなかったように見えました)

そして真央ちゃんが彼女と交差して私への視界を遮ろうとした時に、
タイミング悪く真央ちゃんが背中向きになって
隣国選手はこちら向きになり、私と目が合ってしまった…。
その隣国選手の私を見つけたときの目が「あら!ふふふ!いいもの見つけた♪」という感じで、
モナリザの微笑みのような、または財前直美さんが笑った時のような?笑顔をしてました。
(;゚д゚)ゴクリ…
財前さんは笑った顔が似ていたという意味で、単にそれだけです。(笑)

場面が変わって何やら周りの人たちが真央ちゃんにカードを返していた。
隣国選手もカードを返していた。
私も真央ちゃんにカードを返していた。
どうやら私は無事だったようです。(笑)

私の隣国選手に対しての感情も、彼女からも、特別嫌悪感とかの感情はありませんでした。
しかし、このカード、なんだろ?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


この夢を改めて読んで感じたことは、人間のこれまでの歴史のような遡りを感じました。
最初はおとなしいワニだったのに、私が「配慮が足りずに」踏んでしまった。
それで逆恨みされて、獰猛になり私や人間を食べる様になった。
そしてワニが恐竜へと変わった…。「恐い竜」の事だと思います。

しかも、その原因を作ったのは「私」なのに、ちゃっかり隠れて生き延びてる。(苦笑)
だから婚約者も自分が原因で消えてしまったのだと思います。
私の配慮が足りなかったから、その未来も消えてしまった。
これは今も私の悪い部分で残っていて\(_"_)反省中です。

争いの原因は「自分の配慮の足りなさ」だという気付きでもあるのかな。。。
私がもっと周りに配慮して、足元のワニに気付いていたら、ワニも恐い竜になることなく
人々を食べる事もなかったし、私も幸せな未来が築けていたかもしれないんですよね。
争いの種は「相手」にあるのではなく、「自分の心の中」に潜んでいるということかな。

それで突然、真央ちゃんの場面に切り替わります。
以前から二人を見ていて思っていたことなんですが、
真央ちゃんと隣国選手は、同じ魂を半分にして生まれて来たのではないかなと感じてました。
白と黒の半分で、真央ちゃんは「白」の綺麗でキラキラした部分。
隣国選手は「黒」の暗黒面で、ひとつの魂をそれぞれ切り離した形で生まれて来た。
切り離してはいるけど、どちらも二つで一つの陰陽の魂なんです…。
それに気付く為に二人は出会ったのではないかと思えます。

あんな暗黒面と一緒の魂だなんて、何てこと言うの?!!ヽ(`Д´)ノ
そんな槍が一斉に私に飛んで来そうですが、まぁ、落ち着いて聞いてください。
人は皆、陰陽を持って生まれて来ていると思うのです。
当然二人にもそれぞれに陰陽(光と影)は持っていると思うけど、
作用する力が極端で生まれてきたのではないかなと感じます。

真央ちゃんはキラキラした白い部分に作用する力が大きいけど、
その陰として苦労する環境を強いられます。

反対に隣国選手は闇に向かう力が大きく作用するけど、
その陽としてこの世の支配力を得て闇の女王としての椅子を用意されてる。
名声、賞賛、お金で買えるあらゆる名誉を手にします。
暗い部分を背負って生まれてくるので、長子として真央ちゃんより少し早く生まれてきます。

でもそれはどちらもこの世の限定のモノです。
最終的には二つの善と悪を、ひとつの魂に融合することができるかの試練なんだと思います。
だから二人が極端に正反対ならば、その融合する力も大きいのかなと思いました。

夢の中の二人が互いに嫌悪感を感じられなかったのは、やはりそういう事なのかなと感じました。
二人の魂は、それぞれが自分の内面へと向かう事で解決されていく問題なんでしょうね。
卑怯なまでに好き勝手な事をしていた隣国選手を許せなかった私が言うのですから。
(;^_^A アセアセ・・・
今では彼女に対して冷静な目で見れるようになりました。
彼女の犯してきた罪は、彼女自身が償うことしかできないのですよね。

考えてみると、もし自分が「闇」を背負って生まれてきたら、
私も彼女のような人生を送ったかもしれないですよね。
送らざるを得ない状態だったのかなとも思います。
でも、その中で自分が「選択」する自由はあったのだから、すべて自分の責任ではあります。
相手に「配慮」する気持ちがあれば、未来も変わってくるという事ですね。
これからでも遅くはないのだと思います。

真央ちゃんも「不当なまでに自分を攻めてくる矢のような彼女の感情」を、
彼女が自分の闇を代わりに持ち去って産まれてくれたから、その慟哭だと思えば
まだ理解できるのではないかなと感じました。

二人を見てい浮かんで来るのが「モーツァルトとサルエリ」です。
モーツァルトの才能を誰よりも理解し深く愛したのはサルエリです。
そして上品な自分にその才能が与えられず、下品な彼に与えられた事で神を恨みます。
そしてサルエリはモーツァルトの曲を聴きたい、でも彼を受け入れられないのジレンマで
彼を死へと導いていったのではないかと、映画を見てて感じました。

隣国選手も真央ちゃんの才能を誰よりも気にしています。
ストーカーのように貼り付き、真似をしている事もその裏返しです。
そして自分にではなく真央ちゃんに才能を与えた神を恨んだのではないでしょうか。
なんとなく似ているなと思いました。

モーツァルト時代のサルエリは、そうするしかなかったのかもしれませんが、
今は操り人形の糸が切れた「待ちに待った時代」となりました。
自分で気付いて自分の足で前を向いて歩けば、未来へと進んでいけると思います。

夢の中で恐竜と隣国選手は同じ立ち位置でした。
でも私を見つけて通報することなく、真央ちゃんにカードを返していました。
この場面から推測すると、彼女も前を向いて歩くようになるのかなと思えます。
もちろんその背景には私の大いなる反省が先にあります。
恐竜と隣国選手が同じなのは、私の配慮が足りなくて争いになった事を意味してます。
私が彼女に対してもう少し「配慮」が出来れば、
彼女への見方も変わってくるということだと思います。
争いの原因は先に「自分の中」にあるという事を、この夢で気付かされました。
だから私が変われば、彼女の見方も変わってくるという事なんだと理解しました。

真央ちゃんに返していたカードって、何なのでしょうかね。
真央ちゃんが所有していたものを返したような感じでした。
彼女が送ったクリスマスカードみたいなものなら、所有者は相手になるから違いますよね?
多分、真央ちゃんが持っている「勝負カード」の意味ではないかなと思うのです。
私も戦い自体を止めて夢の中で剣を「お返し」したし、戦う事を止めるとか
持ち去ったモノを返すとかの意味ではないかなと思ってます。

冬至を過ぎて全日本が始まりますが、吉兆の夢ならいいなと思ってます。
私が見たいのは「真央ちゃんの笑顔」
多分、お母様もそうではないかなと思います。。。



スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。