2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日(日付的には昨日)のトヨタカップ、凄かったですね。
バルサはやってて楽しかったろうね。
メッシ、シャビの技は、まるで魔法使いです。
シャビは6番でXの名前なんだね。魔法使いな訳だ。(笑)

そんなサッカーな一日でしたが、なんと私も今朝の夢でサッカーしてたんですよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.18 (日)  旧暦 11/24  月齢 22.9  下弦

私は卓球クラブに入っていた。
卓球なのに試合はサッカーだった。(笑)
私は攻撃的MF(ミッドフィールダー)だったが中盤というよりはむしろFW(フォワード)に近かった。
守る意識はあまりなく攻撃に集中していた。
しかし誰か女性の声が聞こえてきて「守れないなら替えるべき」と言っていた。
それでコーチは仕方なくメンバー交代を考えていた。
本当はFW(フォワード)の選手が機能していなかったので、そちらを替えるべきだったが、
私は自分が変わる事で人間関係がうまくいくならと考えて交替を納得していた。

場面が変わって、クラブで自分の道具を出して揃えていた。
卓球なのに道具は細長い長方形の光の粒子みたいなもので、
はっきりとした形はなかったが後で考えると剣みたいに感じた。
その紐を解こうとしたら、コーチが黙ってそれを受け取った。
それは私の気持ち(自分が身を引く)を受け取って
「もう試合に出なくて良いから」というような意味で持って行った。
私は最初は試合に出るつもりだったが、もう蚊帳の外に弾き出されたと納得して
「自由になった」ことを理解するが、何をしたらよいか解らずにいた。

場面が変わってコーチと私は深い仲?だったみたいで、その場面を見せられた。
そして私は彼からフランスパンを貰っていた。

場面が変わってトイレを探して入ったら、そこは変な形のトイレだった。
最初は平べったくて床と同じ高さで、これは使えないと思っていたら形が変化した。
寄木細工みたいに木が組み込まれていて、平だった部分の真ん中が凹んで立体化してきた。
でも、それでもこれは水を流せない仕組みだと気付いて、これも使えないと思った。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


サッカー部分は「聖戦」を表しているようにも感じます。
前のブログではずっと日本を護る為に、気持ちの上で戦ってました。
それこそ攻撃型選手だったと思います。
それでもしかしたら「剣」も渡されていたのかもしれません。
今まで知らなかったけど。(;^_^A アセアセ・・・
でも戦争に「聖戦」も「悪戦」もない。
戦うという事では、戦争は決してこの世からなくならないのですよね。
戦い自体が間違っていると気付いたのです。

だから前のブログも大半の記事を削除した。
それで夢の中で「守れないなら替えるべき」と言われて交替させられたのでしょう。
私は戦いの場から弾き出された格好ですが、自分から戦う事を止めたとも言えます。
だから仕組みの枠から出れて「自由になった」と感じた。
でも何をしたらよいかも解らずにいたのです。
自由とは責任を伴うという事ですね。

仕組みの中はちゃんと既定のルールがあって、レールが敷かれてそれを目標にすればよかった。
上を目指して頑張れは、後は何も考えなくても至れり尽くせりで楽だった。
不自由だけど何も考えずに操り人形でいるか、
自由だけどすべて自分で考えて自分で実行しなくてはいけないかの違いですね。

でも格好良い事言っても、裏ではしっかり仕組みの中にまだ入っている状態を夢で見せてます。
自分が身を引く事で表では良い事をしているように見えるけど、裏では色で繋がっていた。
しかもちゃっかり泡銭も貰っているという事を見せてくれたのではないでしょうか。
表と裏の顔が意識していないのに違っているということかな。
夢で自分を見せられている時は自分の中をみなさいという意味だそうです。

夢で見たような色関係はないと思うけど(笑)、
もしかしたら過去世であったのかもしれないし、形を変えて今もあるのかもしれない。
泡銭という意味でちょっと思い当たる節が。。。

東京からこちらに引っ越してからは、就職しようにも古いパソコンの技術では使い物にならないし
年齢ではじかれるしで働いていた時の個人年金や保険や貯金を解約してなんとか生活してました。
それでもあと数年で底を尽くかなと思っていた所、来年から父と一緒に暮らすことになったのです。
父は年金暮らしなので、私も生活費はその分少し楽になるかなとちょっと安心したのですが、
この事を言ってますかね?人のお金は当てにするなと?

むむむ。。。
確かに一人立ちはしてないですね…。よい大人が。(笑)
でも私も年金納めていたんですよ。その年金、貰えないかもしれないんですよ?
ちょっとくらい、元取る感じでも駄目ですかね?
まぁ、それも古い仕組みなんですよね…。

うん、一人立ちすると決めたんだから、一人でも歩いて行けるように努力しないとなぁ。。。
そういう方向で努力していないもんなぁ。。。
それを言われているんだと思います。
駄目じゃん!って…。
年は関係ないんだよ。
精神の自立、それはいくつになっても大切なんだと思う。
私の依存体質、また見抜かれました!~(>_<。)~ 
そろそろ考えないとなぁ…。

最期のトイレの形式ですが、これは多分今のままでは浄化が出来ないという意味でしょうね。
早く依存体質を浄化しなさいという意味かな。
それと比喩でもあると思います。
最初は平らだったものが使えなくて、次に凹んだ形でも使えない。
平らだった最初の時代(欠けがない時代)、凸凹の次の時代(今までの欠けの時代)
どちらも浄化が出来ないということは、次の第三の時代に変わらなければという
そんな意味もあるのかなと感じました。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。