2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝見た夢です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2012. 4.15.(日)  旧暦 3/25  月齢 23.5

山のような階段式の建物の中にいた。
最初は低い位置から上へ、手に持ってるお弁当を上に移動させながら自分も登っていた。
(水が浸水していたのかな?そういう危機感があった。)
だいぶ上の方に登っていたが、外から動物がこちらに向かって来ているのが見えた。
犬だと思っていたらライオンだった。

二匹のライオンが外から入ってきそうで襖を閉めていたが間に合わなかった。
部屋の中にライオンが入って来たので、自分が食べられないように
持っていたお弁当を外にスライドして出した。
ライオンはお弁当を追って、外に出て行った。

気付いたら、年配の男性のお客さんが二人来ていた。
ここは旅館か料亭のような感じもしていた。
私は料理長みたいで、自分が心を込めて作った自慢の料理をお客に出していた。
急な浸水で材料が手に入らず、そこらにある有り合せのモノで作った料理だったけど、
自分の中ではとても良く出来ているという感覚があった。
お客も心から喜んで味わっていたのが解った。

目が覚めて時計を見たら「4時ちょうど」だった。
4時のライオンって獅子?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


起きた時間が4時丁度だったのと、ライオンの印象が強かったので
きっと何かのメッセージなんだろうなと思いました。

この二匹のライオンがどうこうじゃなくて、
自分の中で「食べられるかも…?」という恐さが心にあったんですね。
それで自分の代わりにと「手に持ってたお弁当」を犠牲にしていた。
なんとなく、「自分の代わりのイケ〇〇」を連想しちゃいますね…。

そしてその次に現れたのが、二人の年配の男性客。
この二人には、自分の中で出来る限りの努力をして持て成してます。
お客も心から喜んでくれてました。

なんだか対照的ですよね。
ライオンには恐怖心から「自分の身代わり」を使って、自分から遠ざけている。
二人の男性には「出来る限りの最善の持て成し」で自分の方へと招き入れている。
気持ちひとつで、随分と違ってくるものですね。

自分の中に不安感があれば、自ら取る行動も不信感を伴った形となる。
逆に自分の中に「相手を想う心」があれば、その行動も相手に通じる。

もしかしたら、すべては「自分の中の心次第」だという事なのかな。
それがやがて自分の未来へ「形」として帰ってくるという事を意味しているのかな。

これからの未来は自分の「心」が作っていくというメッセージなのかも。。。
自分が助かりたい為に代わりに何かを犠牲にするという時代は終わり、
相手に心を思いやる事で幸せを感じる時代へ変わったという意味なのかなぁ。。。





スポンサーサイト

【】
ウシとシシ 四四 二つの一でくくれば十
くくりし読みは惟神読み
現実的にそういう事例にこちら側が遭遇してる。
なんというかホントお互い様なんですよね。
まるでみんなが頑張れって声援してくれてるみたいに

だからこそ重荷にもなるけど
どうせいつもみたいに万全の支援を身近な人がしてくれるんだろうけど

弁当を言い訳にしておもてなしから逃げようとしたよ
弁当なくしたけど心のこもったおもてなしを受けた今日でした。
【】
ん?
よく解らないけど、私の夢の弁当が
何かの意味があったんですかね?(;^_^A アセアセ・・・

私も後になって「この夢はそう言う意味だったのか…」と理解する事が多いです。
きっと、何か大切なメッセージなんだろうなと思いました。^^

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。