2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は旧暦では正月ですね。
そんな区切りの日に、またもや私の悪い部分の気付きがありました。

昨日「責任転嫁」の事をいろいろと考えていて、
やっぱり他人に責任を押し付けるのは良くないよなぁと思ったんですね。
でも「じゃぁ、あんたはどうなの?自分にはなかったの?」ともう一人の私が。(;´▽`A``
そこで浮かんだのが「かつて私が良かれと思って送った本」の事でした。

以前、感謝することに気付く切っ掛けになってほしいと思って、私は親類や友人に本を送りました。
でも今は余計な事をしていたなと反省しています。
私が送った本は「感謝に気付く切っ掛けにはなるが、
外側へと意識が向かうように書かれている」と気付いたからです。
もしかして間違った縁を繋ぐことにならないかなと、そちらの方が心配になりました。
自分が起こした因が間違っていたと気付いた時、そのままにしてていいのか?
それこそ責任転嫁と同じじゃないか?
自分が作った因は自分が刈り取らなくちゃ!
そうだよ、今日は旧暦の大晦日なんだし。
この日に気付いたのだから
今日中に手紙を書いて送った人たちに謝罪と処分をお願いしようと思いました。

それから夕食も取らずに、手紙を書きました。
今日は資源ゴミと燃えるゴミの日でもあるし、私もいらない本とか処分しなきゃな。
手紙を出すときに一緒に持って行こう。
そう考えて本を送った4人に手紙を書き、最期の4人目の途中で手が止まりました。
4人目の差出人は私の叔母でした。
ちょうど叔父が今週入院・手術をするので、いろいろと立て込んでます。
そんな時こんな手紙貰っても迷惑かな?
お見舞金も送らなきゃいけないけど、父にはまだ電話してないし、後からの方がいいかな?
そう考えて取りあえず3人に手紙を書き、その日のうちに投函しました。

そして自分では大晦日にやり終える事ができたのでスッキリして、今日を迎えました。
それで「お見舞金」を一緒に送ろうと、お昼に父へ電話したのです。
でも話し中で繋がりません。
一時間経っても、二時間たっても、ずっと話し中です。
もしかして、実家の受話器が外れたままなのかな?
まさか、父が倒れたのかな?
でも電話中に倒れたら相手も気付くだろうから、やっぱり受話器が外れたままなんだよ!
父の携帯に電話してみるかな?でも父は携帯の充電してないしなぁ。。。
私の携帯から父の携帯へ電話してみると、やはり「電源が入ってない…」というメッセージです。

やっぱり実家に行かなくちゃダメだな!
そう思って急いで実家へ行き電話を見たら、受話器は外れていなくて綺麗に収まってます。
「あれ?なんで?」 (・・?;) え?
試しに私の携帯から掛けて見るとちゃんと繋がります。
父に電話を触ってないか尋ねたら、今日は何も触っていないと。
そのあと父に電話がかかって来て、普通に話してます。

どういうことなんだろ?
これは見せられているんだよなぁ。。。
どういう意味なのかなぁ?
帰りのバスの中でずっと考えていたら、気付きました。

私の携帯から父の携帯へ電話したけど、携帯から実家の電話番号へは電話していないのです。
試しに携帯から電話していれば、もしかしたら通じたのかもしれません。
ここで気付かされました。
私は一方的に父の電話の受話器が外れていると思い込んでいた。
自分の方の電話が変だとは思いもしていなかった。
悪いのは外にあって自分にはないと思っている「本心」が出たのだと思います。
ブログには「見つめるのは外ではなくて自分」と書いているのに、行動は逆のことをしています。
「偉そうに書いているけど、自分はどうなの?」と言われているような。。。

それで昨日の手紙の事も思い出されたのです。
この本が良くないように書いたけど、本当に悪いのは本を送った自分の方。
責任は自分の方にあるのに、まるで本の方にあるように書いている。
違うんだよ、悪いのはあんたなんだよ!
それこそ「責任転嫁」なんだよ!
そう怒られているみたいでした。_| ̄|○ガクッ

悪いものは「外」にあるんじゃないんだな。
自分の方にあるんだな。
良かれと思って何かを送る行為、そのものが問題だと気付きました。

それこそ大きな勘違いなんだと思います。
相手に送るのは「自分の気持ち」が良くなりたいだけ。
「良い事をした」という自己満足に浸りたいだけ。
自分も気付いたから相手も気付いてくれたらとか、そんなこと本当はおせっかいなんですよね。
自分が相手に気付いてもらいたいではなく、相手が自分から気付かないと意味がない。
答えを貰うのではなく、自分で捜して見付けないと「その過程」は経験できないから。
自分の足で立って歩くためには、自分からの気付きでないと進めないと思いました。

それを私は頭で解っていて、心で理解してない。
外を見ているばかりで、自分の事はまったく見ていない。
人の事ばかり言っているけど、自分にも同じようにあるんです。
だから「そのこと」に気付きなさいと、見せられたのだろうなと思います。

本当は回線が変だと、最初の携帯電話で掛けている時に気付けたら良かったのに
自分にはまったく落ち度がないと思い込んでいるから、
その間違いを「実家へ行ってと遠回り」で経験させられるんですよね。

はぁ。。。_| ̄|○ガクッっ

そう言えば「責任転嫁」って「嫁」と書くんですね。
「責任を嫁に押し付ける?」
何か裏で意味がありそうな。。。(笑)









スポンサーサイト

【似たような事象】
似たような事があったなと調べたら、年末と元旦に起ってました。
http://minttee.blog.fc2.com/blog-date-20120103.html

[次元を選んでいるのは「外」ではなく、自分自身の「思い込み」なんだなと。
だから『選別』は誰かにさせられるのではなく、自分自身の思い込みの意識がしているのですよ!]

なんで「思い込み」が次元を低くするかというと
方向が自分の方に向いてないからですね。
自分の事を見ていないから、気付けない。
そういうことなのかな。。。

今回でさらに解りました。
やっぱり、日常の出来事は多くのメッセージを含んでいて、
さらにそれが続いているんだなと感じました。
一回で解ったつもりでも、違った方を見てたり理解不足だと
何度も似たような事がおこるんですね。
この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。