2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は旧暦で12/25のクリスマスだったんですね…。
1/18赤口(戊寅) 旧暦12/25 冬土用入 月齢 24.4 

昨日の記事で書いたプレゼントは「黄泉の世のクリスマスプレゼント」だったのか。
お金(マネー)は黄金で黄泉に通じるし、美〇さんの髪(神)の毛(気)の黄色も黄泉に通じる。
その黄泉からのプレゼントが、クリスマスプレゼントとしてこの世に広まったのではないのかな。

誰だってお金が増えるのは嫌じゃないだろうし、だからこそ「その欲心」に引き込まれるんだね。
もっと、もっとって「依存」に向かうのかな。
でも、そこに向かっているのは自分なんだよねぇ。。。(;^_^A アセアセ・・・
「どこで目が覚めるか」なんだなと思いました。

私の場合は夢と同じように本当に危険な場所を通って彷徨って、
知識を得ていたんだなと実感します。
危険というのは「自ら後戻り出来ない迷路」に入り込む危険です。
「生命の樹」の解釈で、自分は正しい方に向かって登っていると思っているけど、
実は逆でどんどん逆の方向に落ちているというのがありました。
これこそ鏡(に写った逆)の世界そのものを表していると思います。
そして私もその道を「自らの意志」で選んでいました。
「知識」を得たい為に。

「知識」の引き出しをたくさん持っていると、いろんなことに「対処」出来ると思ってました。
でもそれはミロク(36)の手のひらの上で動かされているに過ぎないのだと解ったのです。
その「知識」を手放さない限り、この36の手のひらの世界から抜け出れない。
だから「『知識』に拘るな、『知識』を捨てる勇気を持て」と何度も教えて頂きました。
この助言で、最終的に離脱に向かう(そこから離れようとする)切っ掛けを頂いたと思います。

この「知識の世界」はとても危険なので、ミイラ取りがミイラになってしまいます。
入ったらなかなか抜け出せない世界だと思います。
だんだん知識への依存が酷くなって、自分の頭で考える事が出来なくなる。
それさえも解らずに、それが当たり前だと思ってしまう。
だから自分で目覚める切っ掛けが、段々難しくなってくる。
這い上がれずに、どんどん落ちていく…。
まさに蟻地獄ですね…。
這い上がるのではく、飛べはいいのかな。。。
因縁の心の縛りを解いて自由になる。それが飛び立つということ?

過去にも、縁ある星の魂の仲間を助けようとして中に入ったけど、
自分も抜け出せなくなったという話を聞いたことがあります。
ミイラ取りがミイラに…。

あっ!もしかしたら以前夢で見た電車の乗り間違えで学長が言った
あなたは前にも葬祭時にサボっていたけど、今度もそんなことはないよね?」って、
このミイラ取りがミイラ状態のことだったのかな!?
それで黄泉の世界の「葬祭時」と言っていたんだ…。
黄泉の世界は「不思議の精神世界」でもあるのだと思います。
今解りました。
そういう前例があったからこそ、学長は私を信用してなかったんだね。(;^_^A アセアセ・・・
この「知識へのこだわり」こそが、私の大きな因縁だったと思います。
過去世でも不思議の世界へ魅せられて、そのまま目覚めずに眠っていたんですね、きっと。
~(>_<。)~ アチャ~
そう言えば、前に前世がアステカの猫神と関わりがあるような夢を見てましたね。
アステカは人身御供の儀式がありましたね。
そうでしたか、もしかしたらこの事だったのかなぁ?
まぁ、過去の事は大いに反省し、「今」が大事なので離脱に向けて頑張りたいと思います。
ちなみに、この夢に出てきた福島の友人は、先日記事にした相鉄線の鶴ヶ峰に住んでいた人です。
やはり彼女とはご縁があったんですねぇ。。。

話を戻します。
なんとこの電車の乗り間違えの夢もクリスマスの日に見ていますよ!!!(←ここ重要ですね)
先日のトンネルの夢と繋がっていたんですねぇ。。。

繋がっているみたいなので再読しました。
電車の乗り間違えの夢

「鏡の前で、自分の顔にクリームを塗っていたけど塗り過ぎで?結局洗い流していた。」
これは上記の「生命の樹の鏡の世界」と同じだと気付きました。
クリームは「知識」。
知識を沢山求めて「塗り過ぎ」てしまい、それに気付いて結局捨てなきゃと「洗い流していた」。
それでサボってないで自分の授業に出なさい(普通の日常で因縁解きをしなさい)と言われた。

今、右耳の奥で「音叉」が鳴っているような、高い音(耳障りではない)が聞こえました。
これ、時々感じるのですが「サイン」ですかね。
今見たものとか、書いたものとかに対してのサインではないかなと思ってます。
m9(`・ω・´)それだ!!って言っているような気が。。。(;´▽`A``

音と言えば、眠りにつく時とかも、急に音が大きく聞こえる事がありませんか?
軋みとかが「ぐぁん!」と急に大きく聞こえたりするんです。一瞬ですが…。
あれ、何かなぁと思っているのですが、宇宙の衝撃波か何かが届いているのかなぁ?
流れ星の落ちる衝撃音とかが音波で共鳴していたりして。
これは私の完全なる妄想ですので信じないでください。(笑)

話が逸れましたので戻します。
自分の欲心でいろいろと道を求めて、結局本質から逸れてしまってましたが、
最期は自分の心の中の「高い壁」を乗り越えて「理解する」しかないのかもしれません。
それは精神世界の回りを囲っている見えない「高い壁」を意味していたり、
鏡の中の生命の樹の小道を彷徨っている「高い壁」だったりなのかな…。
そこを「乗り越え」て仕組みの呪縛の外に出る。

大事なのは「外にある知識」ではない。
これは結局「依存」へと向かうモノだから。
そこはどうでも良いみたい。なくても別に困らない。
むしろない方が、変な洗脳の縛りがないのかもしれません。
だから知的障害とされている人たちは、純粋で呪縛の外にいるのかもしれないですね。

自分が日常で経験してこそ感じる「心の気付き」の中に、そこに大切な「鍵」がある。
日常のさまざまな経験によって理解出来る「学び」、それを感じる事が出来たら
私のこの彷徨い求めた今までの間違った道も、初めて生かされるのではないかなと思えます。
失敗も「経験」なのですから。

そんな風に感じている、今日この頃です。^^

スポンサーサイト

【】
〇〇さん、メッセージありがとうございます。

こちらのブログのコメントの仕方ですが、
記事の下の方に出てる時刻の隣の「CM」という文字を押すと
コメント挿入画面が出てきます。

非公開にしたければ、下の非公開にチェックを入れ、
公開コメントはそのまま「Submit」を押し、
次の画面で記事を確認して数字を入れれば、コメントが表示されます。^^

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。