2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日書いた記事モンゴルと地下トンネルの夢の内容と似ている状況が現実でシンクロしました。
現実でも貰ったていたんですよ、プレゼントを。
今日その意味が解りました。

15日の日曜日に父から電話があって、
満期になった国債を自分はもう必要ないので私に譲るとのことでした。
せっかくの父の好意なので断るのは悪いし、
私の貯金もそろそろ底をつきそうなので、ここは有り難く受け取ろうと思いました。
春から父と同居する予定なので、その生活費として使わせていただこうと思ったのです。

それで一緒に銀行に行って手続きをし、父の貸金庫に保管する予定だったのですが
私の引き落とし用の預金口座も残金が少なくなっていたので、
封を取って50入金しようと数えたら、49枚しかありません。
あれ?数え間違いかな?と残りの方を数えたらそちらも49枚でした。
「あれれ?2枚少ないみたいだけど???」と思ったのですが、
父が車で待っているのであまり長く待たせては悪いと思い、
49枚でも良いかなと最初の方を持って入金に行きました。
「49」という数字がどうも気になります。
何かメッセージかなと思ったのですが、取りあえずそのまま入金して帰りました。

それで昨日書いた記事を読み直していたら、どうもプレゼントが気になり出しました。
このお金ってもしかしたら、夢のオカマさんから貰ったプレゼントと同じ意味があるのかな?
「49」は49日法要の数字だし、4×9=36(ミロク)なんだよね…。
やっぱり黄泉がくれるプレゼントなのかなぁ…。
そういうメッセージのお知らせで、どちらも数えたら「49」になったのかな?

黄泉がくれるプレゼントとは「依存」という意味だと思います。
父のお金に依存している?
そうだね、まだ現在は父と一緒に暮らしてないし、
入金したのは私の口座だから「私が貰った」事になるんだよね。
これはやはり依存なんだよ。
このお金は貰っちゃいけないんだ。
「依存の黄泉次元」とまた縁を繋ぐことになるんだよ、きっと。
夢の中で「貰ったプレゼントを取に行こうと考えていた私」と同じだよ。
これは手放さなきゃ!
そう思うようになりました。
父から預かったお金は「父の事」に使うように取って置こうと決めました。

そう思ったので、今日また銀行に行って自分のお金から49枚補充して父のお金と一緒にしました。
もう一度残りを数えたら、今度はちゃんとありました。
古いお札だったので数えにくかったんですね。
やはり「49」をお知らせしたい為に、昨日はその数字になったのかなと思います。
封をしなおして、そのまま保管してきました。

やはり人のモノを当てにしてはいけないんですね。
気持ちの上で一人立ちしてない事になりますから…。
とてもスッキリしました。
もしかしてこれはお試しだったんですかね?
父からの電話の翌朝にこの夢をみましたから。(;^_^A アセアセ・・・

夢の内容から、精神世界に入る切っ掛けになった「オーラの〇」の番組を録画していたDVDも
全部捨てる事にしました。
取ってても結局見てないし、置いてるだけでもエネルギーが発生しそうで処分しちゃいました。(笑)
今まで買ったいろんな本も処分してます。
これはどうなんだろ?と思っているサイトも、自分で判断が出来るようになった気がします。

神棚も止めました。
そこ「箱」にいるのではなく、どこにでもいてくださる。
そう思えるようになったからです。
あえてそこ(場所や物質)に拘る必要はないんだなと思えるようになりました。
だから線香先祖供養も止めました。
形はもう必要ないのかなと思えてきました。
気持ちでいつも感謝しています。^^

少しずつ部屋がすっきりしてきています。
まだ理想には程遠いけど。(;´▽`A``






スポンサーサイト

【神棚】
神棚を止めたということですが、どうしましたか?
そのまま捨てるわけにはいかないですよね。。。
私も、夫が残したものがあるのです。
神棚ではなく、お仏壇でもなく、ご本尊様と呼ばれるものが・・・。
彼の信仰していた(?)ものです。

処分すべきかどうか、迷ってるんですよね。。。

私の個人的な宗教観・信仰観では、必要のないものなのですが、彼が最後まで一応手放さずに手元においていたものなので、無碍に扱うわけにもいけないような気がして・・・。

minteeさんに相談するような話でもないのですが、たまたま、神棚を止めた、という言葉が目に留まったのでどのようにされたのかな、と思ったものですから・・・。
【】
ひろみさん、こんにちは。

神棚は物質ですので、本当は無くて良いと頭で理解してます。
でもまだ心に踏ん切りがつかなかったので、取りあえず棚に仕舞ってます。
去年の12月10日にお祀りを止めました。
今までを感謝して、そしてこれかも森羅万象に感謝して行きますと申し上げて仕舞いました。
だから一カ月以上たちますね。。。

古いお札は神社に返しにいきますが、御本尊は返却とかできるんですかね?
できなければ焼却処分でも良いのではないでしょうか。
心でこれからもご先祖さまやご主人に感謝して、思い出しますと言って
処分しても良いのではないかなと、私は思います。
大事なのは、形ではなく心だと思いますから。
もしご主人の実家で焼却は嫌だと思われるのでしたら、そちらにお渡ししても良いのですよね。

私は新興宗教を離れる時に、すべてをゴミに出して処分しました。
気になモノは「粗塩を振って、白い紙に包んでから」処分しました。
でもこれも「形」なのかもしれませんね。(笑)

ただお祀りしてご利益を頂いていた場合は、その分を何かで清算されるという話も聞きます。
私も処分した後、すぐに「導き親」の友人の所にご不幸が起りました。
友人のお母様が亡くなられたのです。
それでもしかして私のせい?と気になって、すぐに退会届を出すことは来ませんでした。
退会する事を躊躇させるために起きたのかもしれません…。

そして9か月経って心で決心出来たので退会届を出しに行きましたが、
年末のご不幸通知で今度は9月に義理のお母様のご不幸があった事を知りました…。
これももしかしたら私のせいなのかなと、ずっと気になってました。
でも、それも因果応報なのなら、きちんと現実を受けとめるしかないのかなと思いました。
いずれ誰でもこの世を去るのですから、その時期が解らないだけなのかなと。。。

そういう事も含めて、処分することで何が起こってもきちんと受けとめる「覚悟」が出来たら
あとは自分の心を「縛り」から解放させてあげればいいのかなと思ったのです。
自分の因縁を見つめて拘っていた部分を自覚し解きほぐして、きちんと丁寧に因縁を解いていく。
そうすることで仕組みの輪から出れて、影響を受けなくなるのかなと。
仕組みの輪の中に居る限り、大なり小なり影響は受け続けると思います。
だから因縁を解いて輪から出る事が必要なんですよね、きっと。
そう思うようになりました。

ひろみさんの心次第ですので、ご自分の気持ちが固まった時に処分されてもいいのかなと思います。
私も心に踏ん切りがついたら焼却処分にしようと思ってます。


【ありがとうございます。】
燃やしてしまったらいいんですよね。。。
灰にしてしまえば・・・。
今すぐにでもやろうと思えばできるんだけど、
なんとなく、早過ぎるような気もするので、
ゆっくり考えます。
遺灰も手元とにあるし・・・。
本人の遺言メモには、日本の先祖代々のお墓に
入れて欲しい、ということでしたが、私がそこへ
持って行けるのはいつになることやら・・・。
とにかく、仕事をして家族で移動する旅費を
作らないといけないです。
がんばらなくては・・・。

今日、彼が残した一つを片付けました。
昨日したかったけれど、できなくて、今日になった、と
いうのが、ブログにも書きましたが、とても意味がある
ような気がしています。

今朝、バンバンというガラスを叩く音で目が覚めました。
だから、てっきり玄関だとばかり思っていたのですが、
寝室の窓だったのかも・・・。
以前、クリスマスイブの12月24日にも同じ音で
目が覚めて、テラスに出たら、流れ星が見えたんです。
今朝は、流れ星は見えませんでしたが。細いお月さま
に薄雲がかかって、それ以外は星がきれいに瞬いて
いました。

新暦の12/24と旧暦の12/26に、同じ音で目が覚める
ってなんか、できすぎですよね。
これで完全にクリスマスは終わった、って解釈していい
のでしょうかね・・・?!
今の段階では、よく分かりません。
新しい扉を開いて進んでいく、という合図だと思って、
前向きに進んで行こうと思っています。
【】
ひろみさん、こんにちは。

御主人の物は、やはりご主人の気持ちが入っているで
しばらく取って置いた方がよいのかもしれませんね。
そうしないとご主人の気持ちにしこりができるのかもと思うようになりました。
肉体はなくても魂は生き続けますから。

それこそひろみさんが心で思っている事が、すぐに伝わると思います。
隠し事ができない世界に入られたと思います。
そういう意味での「バンバンというガラスを叩く音」だったのかもしれませんよね。
ひろみさんが思った事、やろうとしている事に対してのサイン。
賛成・反対どちらの意味も考えられると思います。
それはいろんな事を通して、後で理解できるのかもしれないですね。

だからこそ、ひろみさんの姿(心)を見ていると思います。
それこそ言わなくてもすぐに解る。(笑)
ひろみさんが今後も御主人の過去の行動や考え方にに拘ったら
「相変わらず俺ばっかり向いてて、問題はそっちじゃない」と同じように反発すると思うのです。
だけど「そうかー、私も同じ事してたなぁ。。」と過去の自分の姿を思い出して反省したり
そんな、自分の内面に向かっていろいろと頑張っている姿を側でみたら、
「俺も自分の中をちゃんと見なきゃなー」って思われるかもしれないですよね。
肉体がなくても魂はちゃんと側で見ていると思います。
だからもう通じないと思うのは間違っているのではないかなと思うのです。

自分に関わる出来事は、世界の状態をお知らせしているのではなく
「自分自身」の事をお知らせしていると最近解りました。。
以前は私も「世界の流れの何かのお知らせ?」と見ていましたが、
世界ではなく自分の方のお知らせだったと理解するようになりました。
この事は、最近特に痛感し始めてます。
そうするとポロポロと過去の夢の意味が理解出来始めます。
今日もありました。
自分は結局「あんなに毛嫌いしてた(笑)エンキ」と魂で深い係わりがあったのかなと…。
毛嫌いするのは、やはり自分にも同じものがある事を認めたくないからだと思いました。
そこを認めたら本当にポロポロと出てくるのです。
やっている事は違っていても、過去に同じ事をしている自分がいたと気付く。
それじゃ相手を責められないと思いました。
結局見るのは外ではなく「自分自身の姿」なんだなと思えます。
それを通して、初めて自分の中の「真理」が解ってくるような感じがしてます。

ひろみさんはご自分で内面を見ようと努力されてるし、
目の前のこなさなきゃならないハードルも一生懸命されている。
でもそれで内面の因縁が消えるかというと、違うのではないかなと思うのです。
まだ因縁のとっかかりの途中に過ぎない。
それで自分の努力している姿が世の中の流れを変える事には、まだ繋がらないと思うのです。
問題の根本はまだ残っているから。

それは私にも言える事ですけど。
何度も過去に因縁を作っていた自分の姿に気付いて、そのことを一つ一つ解いていく。
丁寧にきちんと見て、考えて、理解して、反省して、行動して解いていく。
本当に玉ねぎの皮を一枚、一枚剥くように、何枚にも重なった因縁が残っていると思うのです。
その玉ねぎの皮が全部綺麗に剥けたら、中から綺麗な光が溢れてくるとのではないですかね。
その光が周りを照らしていくのではないかなと漠然と思ってます。

これは私の考えだから、ひろみさんの考えとは違うのかもしれませんね。
ひろみさんのブログを読んでて、やはり自分とは違う方向だなと思いましたから。
私はみんなで手を取り合って頑張っての世界は、やっぱり違うかなと感じてます。
自分の因縁は自分でしか解けない。

でも、私はそれはそれで良いと思ってます。
前は「そうじゃない」と思う気持ちが強かったのですが、
それこそ大きなお世話なんだと気付きましたから。(笑)
私は私のブログに自分の考えや内面に気付いた姿を書けば良い事であって、
ひろみさんはひろみさんの考えや思っている事をブログに書けば良い事。
それで同じ気持ちの人は集まるだろうし、違うなと思えば離れれば良いと思いました。
自分の気持ちを押し付けるのは、やはり違うと思いますから。

これはリンクの件でも言えるなと思いました。
リンクで私も気になっていましたので、
ひろみさんの本宅にメッセージを送らせていただきますね。
この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。