2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日夢を見ていたのですがバタバタしていてメモできませんでした。
今もちょっと気になるので、覚えている部分だけを書き起こします。
ちょっと曖昧な部分もあるのですが、モンゴルと地下がずっと気になっていたので…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2012.1.16.(月)  旧暦 12/23  月齢 22.4  下弦

前の会社の先輩西岡さんと会っていて、赤坂?のどこかの店?に行くのだけど、
そこはとても危険な場所みたいだった。
裸体に近い女性とかが居て、他の人は近寄らない場所みたいだったが
私は親切にしてもらった?のでお礼を言っていたみたい。
そこの女性たちは驚いていたような感覚がある。

その場所を通って更に進むと一軒のバーみたいな店があり、オカマの女性の店みたいだった。
そこでいろんなものをプレゼントして貰っていたような感じがする。
その店を出て帰るのだけど、貰った荷物が多くて悩んでいた。
『置いていけば』みたいなことを西岡さんに言われたので後でまたここに戻るのかなと思ったら
今度は来た時と違う道を通って自宅か会社に戻った感じ。

翌日、預けた荷物が気になったので、夜は怖くて危ないので昼に昨日の怪しげな所を通って
オカマさんのバーに行かなくてはと思っていたが、結局行かなかった感じがする。

場面が変わって私は道を彷徨っていた。
山の高い所に来ていたみたいで遺跡のような場所に出た。
そこはモンゴルの遺跡のような、この辺一帯をモンゴル村みたいなテーマパークにしている感じで、
至る所に遺跡と地下への穴を掘ったトンネルがあった。
トンネルから出ると遺跡にたどり着くみたいな感じでトンネルを彷徨っていたが、
だんだんと外れの方に向かっていた。

自分の居る場所がどこなのか解らなくて確認しようと地図を見た。
地図には島原半島らしき形が映し出されていた。
長崎の近くにいて、この辺を彷徨っているのか・・・、そんな感じで見ていた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


見た時は意味が良く解らなくて、前にもモンゴル村とトンネルの夢を見た事を思い出しました。
それでモンゴルと地下が気になったのです。
長崎県にあるモンゴル村は鷹島にあります。
モンゴルと地下に通じる鷹の戦争屋とは、繋がっているのかなと感じました。

それで以前見たモンゴルとトンネルの夢日記を見直したら、
どうもこれは私の事を言っているように思えてきました。
私が彷徨っている姿は、私の事を象徴して夢で見せてくれているんですよね。(;^_^A アセアセ・・・
そういう目線で見たら、上の夢も理解出来ました。

私が西岡さんと一緒に行っている道は「危険な場所」を通ってます。
そこを通り過ぎた所にある「オカマの経営するバー」で沢山のプレゼントを貰っている。
これは私がこれまで「求めて歩いて来た道」を表していると思います。
危険な場所でプレゼントをタダでくれるなんて、実は怖い話なんですよね。
何かを知らないうちに交換条件として取られていたような話だと思います。
神社にお参りして願掛けたりとか、占いで見てもらったりとか、
宝くじが当たるように環境を風水で変えたりとか、
精神世界に興味を持って、いろんなとこを彷徨っていた姿を象徴していたのかなと思えます。

オカマの女性の店と島原、長崎というキーワードから浮かんだのが美〇さん。(笑)
実家は長崎市内の「丸山遊郭」と呼ばれた遊郭街で『世界』という名前のカフェを経営していた。
夢の部分と重なります。

『オーラの泉』が精神世界へ興味を持った切っ掛けでしたし、何となく気になる人だったんですよ。
でも、前世の天草史郎の生まれ変わり、守護神のマリア観音、観世音菩薩という事から
なんとなく戦争屋と繋がっていた世界だったんだなと今なら解ります。
だから黄色の髪型だったんだ。黄金は黄色で黄泉の色ですからね。

で、夢でいろんなプレゼントを貰っていた訳なんですね。
これは「知識」だったり、お金だったり、運だったり、そんな意味ではないでしょうかね。
無限の宝ではなく、有限の交換条件の宝という意味合いだと思います。
この世界から離れられないような縛りの効果があったのかもしれません。
そのプレゼントを西岡さんは「置いていったら」=「手放しなさい」とアドバイスした。
でも私はまだそれを取に行こうと拘っていた訳ですね。(;^_^A アセアセ・・・
結局、取りに行かなくて良かったです。(笑)

ここの意味、凄いですよね。
取りに行く、行かないは「自分の意志」なんですよ。
結局、そこに集まるのか離れるのかも自分の意志という事。
決して「騙されてそこに居る」訳ではないんですね。
自分の責任で因果が戻るという事なのかなと思いました。

それで場面が変わってモンゴルとトンネルの話に繋がります。
以前見た夢がこちら
この夢も私の「違った方向に彷徨っている姿」を忠告していた夢だと、今日気付きました。
リンクしていると思うので、続きはこちらの記事に書きます。
夢 モンゴル村と靴がない

スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。