2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日gooの方に書いた古い時間でも説明しましたが、
おいでよどうぶつの森」のゲームで凄い気付きがありました。
私的には目から鱗の大きな気付きでした。

このゲームの内容は、現実と同じ時間の流れの中で仮想空間内で自分の村を作り、
何もない所から村や家を大きくしていくと言うロールプレイングゲームです。

ロールプレイングとは、教育方法の1つで、役割演技法ともいう。
実際の仕事上の場面を設定し、そこでの役割を演じることで、実務上のポイントを体得する訓練法。
擬似体験ができることから、これまで体験したことのない未知の領域へ歩み出す前に行われる。
管理職研修で多用される。


なるほど、役89の仕組みそのものです。(笑)
人間はどうぶつでもあります。
森は三つの木(気)で三神の世の意味ですね。
そこへおいでよ♪と誘っている。
そのまま現実世界の縮小世界である仮想世界へようこそですね。

そしてそこで私がやっていた事は、
カブを儲けたい為に、時間を戻して価格を操作する裏技を何度も使っていた。
それが悪い事だとも思っていなかった。

時を改ざんしている事となんら変わらない事をやっとった訳です。
それも自分の欲の為に…。_| ̄|○ガクッ

一方で、時を改ざんする事は良くないと責めておきながら、
他方で自分も同じことを過去にやっていたに過ぎないのです。
それをコロッと忘れていて、気付いていなかっただけ…。
自分に都合の悪い事は思い出したくないのかもしれませんね。

地球と言う箱庭は、どうぶつの森で自分が作った仮想空間の村と一緒です。
作られた人間は支配されて選択肢が無く、たまったもんじゃないと怒ってたけど、
じゃ、ゲームで作られたキャラクターの立場はどうなの?という事になる。
今回も作者(私)の都合で勝手に突然に、作者の欲(正義欲)の為に削除された。
キャラクターだけではなく村の存在自体も…。
命があるなしの問題ではないと思うのですよ。
「いつでも削除できる」という考え方自体が良くないのかなと思いました。。
だって、肉体は去っても魂は生き続けるのですから、考え方が大事になってきますよね。

結局、自分が見ている方向は外ばっかりだったなって事に繋がるんですね。
それに気付いて始めて「自分の姿」が解る事なんですが…。

前にどこかで「相手が許せないのは、自分の中に同じものを持っていて、それを見ているから」
というような書き込みを目にした事があります。
「相手は自分の鏡」という意味と似ていますね。
当時は、この言葉の意味をあまり理解できませんでした。
隣国選手が好き放題裏工作をやっているのを見て、どうしても許せなかったからです。
そんな彼女と私が同じものを持っているという事に、共感が得られなかった。
自分は彼女とは違うと思っていた。

でも本当にそうでしょうか。
自分で闇の部分を見ていないだけなんじゃないのかなと思うようになりました。
大なり小なり、程度の違いはあっても似たような事を過去や前世でやっていたと思います。
ゲームでのカブ儲けの時間戻し裏技だって、裏工作となんら変わらないんですよね。
それが人に迷惑を掛けているか、いないかの違いであって、
私の想念が人に迷惑を掛けていないとは言い切れない。
現に、こんな心根の状態の時は、兄とも衝突が多かった。
そして悪いとこは自分にないと思っていた。
外ばかり見て、自分を見ようとしていなかっただけなのだと気付きました。

相手を許せないのは、許せない部分に過剰反応しているに過ぎないのかもしれません。
自分の中の閉ざした殻が自分の闇を見る事に対して、最後の抵抗をしているのかもしれません。
そこを認めたら、自分の闇が溢れる様に出てくるのかもしれないと感じました。
実際、私の日常でもそれが起ってますから。。。
些細な事に気付いたら、過去の自分の闇の部分が溢れだしてます。(笑)

なんだ結局あんたも同じじゃん…、_| ̄|○ガクッっ
こんな具合にボロボロ出てます。(;^_^A アセアセ・・・

とても有り難い事ですが、何度か私が書いた記事に対して
「的確な感想」を送って下さる方々がいます。
個人的に私に向けて書いてくださっているので公表はしていませんが、
そのコメントを読んで最初は愕然とします。
私はそんな風に見えていたのかと…。
自分では自分の姿に気付かないんですね。

ここで自分を客観的に、相手の言葉の目で見てみると「初めて」自分の姿が見えてくるんですよ。
本当だな、自分は凄く拘っているなぁと。。。。
「知識」にしてもそうなんですが、なんでこんなに拘るのかなぁ。。。
と因縁解消のヒントがひとつ出てきます。
この拘りをなくしたら、自分の因縁が1つ消えていくのかなと思えます。。
そしていろんなものに拘るのは自分の中にも同じものがあって、
それを見ていなくて外ばかり見ているから
もしかしたら「そこ違うよ」と心の声が拘っていたのかもしれないとも思えます。

あなたは「外」ばかり見てアレコレ言っているけど、そこじゃない。
あなたが本当に見るのは「自分の内側」なんだと、
内側にあなたが拘っている本当の原因があるんだと。
そんなことを、ふと上記のゲームの件で少しだけ理解できました。

ゲームで異常発生するゴキが問題なんじゃない。
問題なのは私の欲に対する日頃の心がけだった…。
邪悪は外に非ず、自分の中にあり。。。

この事を、いろんな日常の出来事で体験して理解しながら
だんだんとお腹の中にどっしりと落ちていくのかなと思います。

どんな言葉も自分に向けられたのなら、それは相手がそう思う私の姿を反映しているに過ぎない。
だからこそ、相手の言葉は「自分の気付かない部分」を教えてくれる。
「気づく切っ掛けを与えてくれる」有り難い事だなぁと感謝してます。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。