2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝見た夢です…。
いやぁ…、またまた反省モードです。(;^_^A アセアセ・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2012.1.11.(水)  旧暦  旧暦 12/18  月齢 17.4

友人(旧姓・三神の意味を持つ名前)の家で御馳走になっていた。
旦那さんは知らない顔の人で年配の男性だった。
(実際のご主人は私も何度か会ってて知っていますが、夢ではその人とは違う別の人でした)

途中来る前に美容院に寄って髪をセットしてもらったら、後頭部が禿げて地肌が見えていた。
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
びっくりして横側の髪を後ろに寄せ集めて禿げを隠していた。
その話を食事中にしていたような気がする。

私はボーっとして素麺の入ったお吸い物を手に取り、素麺を水で洗って又お椀に入れ直していた。
当然ダシも捨てて入れ替えた水で、旦那さんがそれを見ていて
「そりゃ、美味しくないだろぅ」と呆れていた。
私はハッとして自分のしたことがとても無礼で恥ずかしくなった。
他にも似たような無礼な事をやらかしていて、自分の馬鹿さ加減が嫌になるくらい落ち込んでいた。

場面が変わり、家の中に未完成のオートバイが2台あって、部品を組み立てているみたいだった。
友人が左側で私が右側のオートバイで、ハンドルのネジを差し込む説明を受けて
友人はさっさと組み立て作業をしていた。

私はネジの差し込み口を探すが直線ではなく入り組んだ形になっていてとても苦労していた。
やっとネジを一本挿し込んだら、物凄い勢いでモーターが周りだして
今にもバイクが暴走しそうだったので、慌てて友人に助を求めて呼びかけていた。
友人は私の声に気付いたが手が離せないみたいで、
私はどこを押したらモーターが止まるのか必死であちこち探していた…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今度の夢は、とうとう後頭部が禿げてしまいました! ( ̄□ ̄|||)がーーん!
それも突然にです…。
鏡を見て禿げに気付いたみたいな感じでした。地肌がごっそり見えていたのです。

起きた後は、なんでこんな夢見るん?と理解不能でした。(苦笑)
多分髪は神でもあるので、後ろ(過去)の神(三神時代の神々)に無礼を働いていて抜けたのかも…。
髪(神)が去って行った → 禿げた

反転したからには、偽物だったものが本物へと変わっていくのですから、
そこは神々に対しての「敬意」が足りないよ!という事なのかなと思いました。
それぞれの神々の過去の「過ち」は反転後のお働きで補うという事だと思いますから、
私がとやかくいうのは筋違いで間違っているんですね。
平和の秩序の為に見えない世界で日々動かれていらっしゃる事を肝に命じて、
感謝すべき事なのに、それを忘れている。
あんた如きにとやかく言われたくないと言われているのかもしれません。(;^_^A アセアセ・・・

一般ぴーぷるの凡人が偉そうな事書いて、すみませんでした。<(_ _)>
素麺の部分も「相手の心配り」を無にしている行為ですね…。
友人が私の為にせっかく作ってくれたモノを台無しにしてます。

今まで人間の為に手取り足取り導いて下さった神々に対して、その言いぐさは何だ!
という事でしょう。
アレコレいう前に、何も出来ない人間をまず恥じるべきだということですね。

はい。。。ごもっともです。。。
私の因縁の中に「配慮が足りない」もしっかり入ってました。
はぁ。。。
山あり谷あり。。。_| ̄|○ガクッっ

私の馬鹿さ加減が増して、見えない方々が暴走する恐れもあるという事ですね。
配慮が足りなくて無礼で怒らせてしまって?
それがバイクのモーター暴走部分なのかな…。
本当にすみませんでした。<(_ _)>

自分の欠点は、しっかりと見つめて反省して行きたいと思います…。

***********

反省は引き続きしっかりやるとして、ここからは、もう一つの見方です。
美容院で「禿げた」という部分が気になります。
何故に美容院が絡んでくるのか?

「後頭部の禿げ」で浮かんだのが「チャンスの神さまのカイロス」です。

カイロス(Καιρός、ラテン文字転写:Kairos、ラテン語形:Caerus)は、ギリシア語で
「機会(チャンス)」を意味する καιρός を神格化した男性神である。
元は「刻む」という意味の動詞に由来しているという。

カイロスの風貌の特徴として、頭髪が挙げられる。
後代での彼の彫像は、前髪は長いが後頭部が禿げた美少年として表されており、
「チャンスの神は前髪しかない」とは「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」
という意味だが、この諺はこの神に由来するものであると思われる。

ギリシア語では、「時」を表す言葉が καιρός と χρόνος の2つがある。
前者は「時刻」を、後者は「時間」を指している。

クロノス時間とは、過去から未来へと一定速度・一定方向で機械的に流れる時間。

一方、カイロス時間とは、速度が変わったり繰り返したり逆流したり止まったりする、
人間の内的な時間。


「前髪は長いが後頭部が禿げた美少年」美容院→ 美しい容姿→ 美少年

前に美容院で、同じ苗字で男性の名前の会員証を間違って貰いました。→ 二つの名前
時の神 → クロノスとカイロスの二人
さらにクロノスも (Χρόνος, Khronos) の二つの名前があります。
Khronosが本物でΧρόνοςが後に入れ替わったニビル(X)神だそうです。

そういえば「Χ」って、バツとも読みますね。
十の気でトキ(時)、その十を歪めたのが「Χ」と言う字で、時を歪めてしまったのでしょうかね。
これからはニビル星も反転して「十」になると思いますので、心を入れ替えた御働きを見たいです♪

素麺部分もなんとなく意味ありげです。
素麺の入ったお吸い物 → 素のmenをダシにして生贄?にしてた三神の世の時代
それを水で洗って浄化したという意味にも取れますね。

三神の神が「そりゃ、美味しくないだろぅ」と呆れた。
そう、浄化したから生贄は不味くなったのです。
不味いから生贄は必要ないので止めという意味かな。
浄化したのは美容院で後ろが禿げた(笑)私と苗字が同じだった会員証の美少年=カイロス

未完成のオートバイが2台は、反転して正神となられた神が二神?
三神の神の誰かとカイロスを意味するのかなぁ。。。
カイロスは暴走する程の力があるという意味なんですかね。

チャンスの神さま、到来というお知らせの夢でもあったのかなぁと思えます。





スポンサーサイト

【カイロス時間】
今日気づいたこと。

一方、カイロス時間とは、速度が変わったり繰り返したり逆流したり止まったりする、
「人間の内的な時間」。

暴走した心は、自分の内面的な時間の見方で止める事ができるということなのかな?
だから夢で「ネジを挿して暴走したエンジン(心)を止める方法をあちこち探していた」んだ。
暴走した心を止める方法は、人に頼るのではなく自分で探せという事なんですね。

それがカイロス時間であり、内向きの時代のこれからがチャンスの神さまの出番ということ。
「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」
その内観の機会を自分で感じたなら、その時に過去・現在・未来と自由に時間旅行して直視する。
暴走する心を安定させることで、その人の未来が変わるということなのだと思いました。

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。