2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝見た夢です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2012.1.6.(金)  旧暦 12/13 小寒 月齢 12.4

バスで修学旅行みたいなものに参加するが、出発の時間を言われていたみたいなのに
私は何も準備出来ていなかった。
というか、バスが来て初めて「あれ?今日だった?」と思い出した感じ。。。

私は前にも同じような事があって、その時もみんなに迷惑を掛けていたみたいで、
恐縮しながら慌てて準備する。
慌てているので頭が真っ白で何を持って行っていいのか解らず、
とりあえず近くにある物とか浮かんだものをリュックに入れていた。
準備が出来たので靴を履こうとしたら、玄関には片足だけの靴が散乱していて、
良く見ると自宅で飼っている犬が私の靴をくわえてどこかへ持ち去っていた。

私は履く靴がなくて唖然とし、どうしようか迷っていたら
バスの添乗員?リーダー?の女性が「はい、これを履いてみて」と私に靴を差し出してくれた。
その靴はケーキのミルフィーユみたいな感じの三角形の靴で、崩れそうだし、
これを履いていたら不安定で歩けないと思ったので私はバスに乗る事を諦めて、
女性に「待たせて時間を取らせてしまい、みんなに迷惑を掛けた事」を謝った。

バスは石岳方面に向かって走り出した。
家に戻ると、あんなに捜しても見つからなかった「左右揃い」の靴がちゃんと置いてあった。
「なんだ、あったんだ!」と慌ててそれを履いてさっきの道に戻るが、
バスはこちらへ戻ってくることはなかった。
九十九島方面を回って観光して行ったのだと諦めた。

その後、スマップが近くに来ていたみたいで、中居君が私の顔をイジッって意地悪して遊んでいた。
みんな私の顔を見て笑っていたので、「どんな顔にしたんだ!?」と鏡を探して顔を見に行った。
私の顔はしかめっ面で皺くちゃ顔だった。(*_*)
このあと何か展開があったが忘れた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ここで目が覚めて、この夢の内容を思い出しながら考えていた。
「履物が無い夢」は「進んでいる道が霊的に間違っている」みたいな感じだったよね・・・。
何か道を間違えているのかな?バスにも乗り遅れていたよね?
えー!、良くないという意味なのかな?何が?? (・・?;) え?
といろいろと考えながらまたウトウトしてしまい、夢を見ていました。
内容はあまり記憶にないのですが、何か自分で歩いて進んでいる夢だったような気がします。
それでこの「不揃いの靴」の意味がなんとなく解りました。

「他人が用意した靴で(他人が敷いたレールの上を)歩くな!」という意味ではないでしょうか。
そういう意味で再度夢の内容を見直すと、すべて謎が解けてきます。

他人が決めた予定表でのバス旅行なので、自分の中にしっかりと落ちていない。
なので状態を把握できていないでみんなにも迷惑を掛けていた。
(これを書いていたら急にベランダから陽が差し射込んで来ました。
まるで「そうだよ♪」と言ってくれているような。(笑))
他人の予定表で他人の運転する車に乗って進まないで、
自分の頭で、自分の足で、しっかりと考えながら歩いて進みなさいということだと思います。

だからバスが来ても片足だけの靴しかなくて進むことができなかった。
飼っている犬は私を目覚めさせてくれる「利口な犬」だったんですね。(笑)
「新しくなったシリウス父さん」なのかなぁ。。。

履く靴が無くてバスの女性が手渡してくれた靴も「変わった靴」でした。
ミルフィーユのように何層にもなっていて、見た目は綺麗だけど不安定で今にも崩れそうな靴。
三角形という形も今までの三神世界の仕組みを言っているように思います。
それでは歩く事が出来ないと思って、バスに乗る事を諦めました。
諦めた途端、両足揃いの靴が見えてきました。
これは先日書いた「次元の選択」にも関連していると思います。
思い込みの次元で見えるものが違ってくる。
三神仕組みの今までの次元では見えないけど、そこから離れると見えてくるんでね。
「自分の足で歩いて進む『靴』の存在」が。
だから古い仕組みを象徴するバスは戻ってこなかったのだと思います。

このバスは「石岳」経由で「九十九島」観光をしながら、戻ってくることはありませんでした。
「石、九十九」という古い仕組みの中を観光しながらぐるぐる回っている予定表なんでしょうね。
それが因縁の予定表でもあるのかな。
そのぐるぐる因縁から抜けるのは、「自分で気付いて離れる」事しか無いという事ですね。
そして「自分で気付く」とは、「自分の頭で考え、自分の足で歩いて進む」という事。

不揃いの靴とか、靴が無い夢をみたら、メッセージなんだと思います。
「人の考えに乗っかって歩くな」「自分で考えろ」「自分の足で進め」。
勿論、いろんな人の言葉や考えは「参考」になります。
気付きのヒントだったり、自分を間接的に直視するきっかけにもなります。
でもそのまま全部受け入れるのではなく、あくまでも切っ掛に過ぎない。
貰ったヒントを自分の中に取り入れて、自分の頭で考えて納得しないと自分の中に落ちない。

何度も同じ過ちを繰り返す人は、多分これが出来ていないのではないかなと思います。
私もそうだから言えるのですが、「あー、そうだったね。これ、私の悪い所だったね」で終わる。
それで解決したと思っているから、すぐに忘れる。
根本的な根の部分は解決されていないから、また同じ失敗を繰り返す。

「なぜ、その失敗が起きたのか?」この部分が一番大事なんですよね。
その原因を突き止め、そこに自分の欠点や弱点がある事を認識する。
そして次に同じ失敗をしない為には、どうしたら良いかを考えて行動する。
また同じような選択が来たら、前回を思い出し「失敗した経験」の引き出しを開けて考える。
前回、この部分で自分の悪い部分が出たから、そこを直して行動して来た。
なのでここは避けようとか、この部分を直したら良い結果になるかもとか、選択肢が広がる。
前と同じ失敗は選択しなくなる。
これが出来て初めて「失敗」は大きな「良い経験」に変わるのだと思います。

つまり「そこに行くまでの自分と向き合う過程」が一番大事な事であり、
その為に「経験値」の引き出しがたくさん必要だということではないでしょうか。
だから「失敗」はした方が、自分の為には良いのかもしれません。
失敗した自分の姿を恐れるのではなく、失敗から「活かそう」とする気持ちが大事なのかな。
なので同じ失敗を何度も繰り返すのは、じっくりと「失敗した自分」と向き合っていないという事。
その失敗は「自分の経験の為」にはなっていないという事かな。
だから「気付きなさいよ!」と同じ事が何度も起きる。

この夢で自分の姿を不揃いの靴で見せられたのですから、私もじっくりと考えてみました。
思い当たる事があります。
私は情報を細目にメモを取る癖があります。
最初は流していたのですが、そのうちもっと効率よく「知りたい時にすぐに解るように」と
メモ帳にコピーし分類して貼り付けてました。
多分この事ではないかなと思えます。

「他人が用意した靴(情報)で(他人が敷いたレールの上を)歩くな!」
「自分の頭で考え、自分の足で歩いて進む」

他人の情報は参考にして大きなヒントになっても、最期は自分で考えなさい。
メモしたら(メモした事で安心して)すぐに忘れるし、そこに依存してしまう。
何かあるとそこに目がいって当てはめてしまう。
自分の頭ではなく、他人の情報で考えてしまう。
それは自分の考えではない!
それは「知識の憑依」と何ら変わらないのではないかな。
もっと「自分の頭で考えて、自分の足で歩きなさい」と言われていたんだなと気付きました。

人間は生まれて来る時も、この世を去る時も、「何も持っていない」のです。
自分の頭(意識)で考えて理解するだけで十分だという事なんだと思います。
道具は何も必要ない。
逆に「意識の領域」では「既に持っている」ものなのかもしれません。
だけど道具(物質)に頼ろうとする為に、それさえも「忘れている」。
そこを手放したら見えてくるものがあるのかもしれませんね。^^

次元上昇できる「鍵」も自分自身が既に持って生まれているという意味だと思います。
自分で変換する事が出来るのに「忘れている」だけなのかも。。。
だから人の情報で「鍵」を調べるのではなく、「自分で思い出せ!」ということかなぁ。。。

なので情報をコピーしてメモすることは止めました。
参考に読ませていただいて自分の意識の引き出しに留めて置く。
何か関連したことで思い出したら、そのとき再度見に行けばいいのですよね。
その時に検索して他に関連する事柄を知ったり、苦労して調べると頭の深い所に刻まれたり、
または必要なかったら削除されていたりと、その時に必要な情報が得られるのだと思います。
だから「さっと流して読む」事も大事なんだと思いました。
情報はヒントであり、その先は必ず自分の頭で考えるということを、
この夢で私にメッセージしていたのだと思います。

最期部分の「スマップの中居君」は、名前がヒントだと思います。
「真中に居る人」そんな意味かな。真中は一番偉い立ち位置ですかね。
「しかめっ面で皺くちゃ顔」は避けたいです。(笑)
笑顔を忘れないように心掛けないと!ですね。。。




スポンサーサイト

【】
minteeさん、
旧年中はいろいろありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

不ぞろいの靴、前にもありましたよね。
私もあのとき、話したときから、少しは前に進んだのかどうか・・・。
今回のminteeさんの解釈、直球ど真ん中、ストライクって感じです。

信用の記事のコメントで、束縛されることによって守られている、って言うこと書いてありましたが、それ、あると思います。
やっぱり、全て表裏一体なんです。
私も守られていたんだな、と思って感謝する部分ととても束縛されてしんどかったな、という部分で気持ちが行ったり来たりしますから。。。
彼が何もしなかったことに対して、どうして?ッて思う気持ちがこの間までは私を支配していましたが、最近は私の自立を見守っていたから、何もしなかったんじゃないかという気がしてきて、自立して動き出そうとした私を見て、もう大丈夫と思って安心したから肉体を離れたのかな・・・って思うんです。
【】
ひろみさん、こんばんは。

そうですか、「直球ど真ん中」でしたか。
どの部分なんだろう?

私も自分の依存体質を変えなくてはと思ってます。^^
この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。