2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。
今年も、じっくりと自分の内側へ視点を向けていきたいと思います。。。
こんなブログではありますが、読んで下さる方に感謝致します。<(_ _)>

今日はaoneiさんの書かれた記事を読んで驚いてしまいました。
というのも、私も前から同じ事が気にかかっていたからです。

眠りに入る直前に、身体全体が振動しているのに気がつき
この振動は(; ̄Д ̄)なんじゃと?。
本当に体全体が小刻みに振動するのです。

この身体の振動を感じ始めたのは昨年の311大震災以降です。
最初は大地震により地球の大地が震動していると考えてました。
この辺は殆ど地震がない地域なので、地球全体が振動し始めたんだなと…。

それで大地に感謝しなくてはと思い始めたのです。
でも12月くらいから、段々解ってきました。
これは大地ではなく私自身が揺れているのであって、それも眠りにつく直前に感じます。
その後の記憶がないので、これは眠りにつくサインなんだと感じる様になりました。

なので振動が始まると、魂が身体から離れて夢界に行きたがっていると思うようになりました。
早く行きたいから「そろそろ行くよ♪」と挨拶している様に感じられたのです。(笑)

魂はへその緒で繋がっていて、びゅーんと伸びて上がっていくと私は考えてます。
霊的な緒は身体と繋がっているから生きていて、目覚める時に急に体に呼び戻されている。
この緒が切り離された状態が、肉体から切り離された他界なのではないかなと考えてます。
なので夢を見る為に、または魂がゆっくりと休養する為に、身体から繋がって伸びて上昇する。
そのサインなのではないかと感じてました。

だから色々と考えて眠れない夜も、この振動が始まったら「おっ、眠れるな♪」と安心してます。
これは全体的な地球の次元が上がったという事なのでしょうかね?
私みたいに霊感のない人間でも、311震災以降に微妙な変化を感じるようになりましたし。
そして他でもそういう記事を目にするということは、私以外にも振動を感じ始めた方が
たくさんいらっしゃるという事ですよね。

振動以外でも、分離した次元のメッセージではないかなと思える事象がありました。
これは後から理解したことなのですが…。

12/28に亡き母のお墓参りを予定していたので、父から電話がかかってきました。
でも父の名で表示されて回線が繋がってるのに「声が何も聞こえない」状態だったのです。
私はとっさに「父が電話した後に、その場で倒れたのではないか?」と考えて焦りました。
急いで掛け直したら「話し中」で、やはり電話は繋がったままです…。
電話を切ってしばらくしたら、父から再度電話があり今度はちゃんと声が聞こえました。
その時は「電話の調子が悪いのかな?」ということで済ませました。
でもメッセージの無い事象はこの世にないと思っていますので、
この意味は何を意味していたのだろうと、ずっと気になってました。
携帯で話が聞こえなくなるというのは、以前義姉と話していて何度かありましたが、
でも父と普通の電話回線で聞こえなかった事はなかったので、何か意味があるなと思っていたのです。

そして年が明けて、またもや父と繋がらない事象がありました。
今度は電話ではなく、食べ物関係でした。
元旦に実家に持参した「数の子」を別の容器に移し替えて、それを父に話して帰宅しました。
でもその時は食事中の会話で父が酔っていた事と、父の耳が遠いこともあり、
私の言葉を理解していなくて、父は相槌を打っていたのです。

そして夜に電話がかかってきました。
数の子がないよと!
私はガラスの丸い容器に移し替えて、冷蔵庫の左側に置いて帰ったと話しましたが
父はとうとう見つける事ができませんでした。

翌日実家へ行って冷蔵庫を見たら、ちゃんと数の子はありました。
これだよ!と話すと、父は「いつも漬物を入れる容器」だったので、
これは漬物だと「思い込んで」見ていなかったそうです。

この一連の父との事象を考えていて、ふと浮かんだのです。
もしかして次元の違いを意味して見せていたのではないかなと…。
地球が二つの次元に大きく別れていると以前書きましたが、
それは次元によって見える範囲が違っているのではないかなと思ったのです。

ある人には聞こえて、ある人には聞こえなかったり。。。
ある人には見えて、ある人には見えなかったり。。。
それはその人の「思い込み」がそうさせているけど、それを無くしたら「見えてくる」。
私も今まで思い込みで、随分と失敗をしてきました。
その都度、ここは治しなさい!とサインを送られました。

そういう事だったのかなと理解したのです。
次元を選んでいるのは「外」ではなく、自分自身の「思い込み」なんだなと。
だから『選別』は誰かにさせられるのではなく、自分自身の思い込みの意識がしているのですよ!
そういう意味で、自分の責任でもあるのだと思いました。

次元を選んでいるのは「自分自身」だということ。
父を通して、今年最初の気付き現象でした。^^





スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。