2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、旅先で変な夢を見た。

学校の教室?みたいな所に居て、後ろを見たら壁に蛇が二匹いて
「蛇がいるー!」と騒いでいた。
色違いの大きな蛇だった。

すると教室の四方の壁にも蛇がいて、こちらに向かって来ていたので
皆中央に集まって怯えていた。

この蛇を避ける為に、どう動こうか?と考えていて
皆が一斉に「せーの!」で四方の角に散らばったら避けられる?と考えていた。

★✩★✩★✩

起きたときは、何?この夢?と思った。
何故、壁にいたのだろうとも思っていた。

後で、「off the wall」という歌の「off]が気になって
歌詞の和訳を読んでたら、なんとなく理解出来た。

そうか、蛇は邪念なのか。
「自分の邪念を乗り越えろ!」という風に感じられた。

夢の中で私は、こっちに向かってくる蛇が怖くて
真ん中から隅に移動しようとしていた。
噛まれるのが怖いから避けようとしている。
外敵を拒んで、そこから逃げている姿。

自分の邪念を目の当たりにして、それをちゃんと見なさいと迫られて
逃げ場がなくなって隅に移動することで、邪念を避けようとしていた。
そうやっていつも逃げて真ん中から移動するから、邪念が真ん中に来るのか。

邪念=私の心の中にあるものなんだ。
だけど自分と邪念は敵対関係にあって、
自分とは対局の、自分を傷つける存在だと思っている。
だから攻撃したり、逃げたり、自分をプロテクトしようとする。
本当は、自分を傷つけている正体は、自分自身の邪念だったりするのだけどね。
だから憎むのではなくて、愛することで邪念が消えるのかな。

そんな邪念と、怖がらずに向き合って
自分を真ん中に置いたまま、邪念の壁を飛び越えろという夢だったのかなと思った。

追記****
翌朝起きてこの事を考えていたら、今度は逆のイメージが浮かんだ。
中央に集まって怯えているのは、心が自分の中に閉じこもって行くイメージで
蛇を避けて四隅にせーの!で走るイメージは、
衝突を避けて自分の心が外へと開放していくイメージにも思えた。

あー、そうか。
心を開けって事でもあるなと思った。

どっちもありなんだ。
両方で一つ。
それを分けようとするから、完全な形が見えない。
善悪もそうだね。
自分の中でこれは善、これは悪と分けるから欠けたままで全体が見えない。
どっちもあるんだとそのままを受け入れられたら、それは心を開いたという事なのかな。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。