2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の夢です。

実家に居たら、○○○○○ちゃん?誰か女性が居て
その関係から男性がチラシみたいなものを持って居間までやって来た。
子供(成績があまりよくない感じ)を差別するのはよくないと言って
こういう子供たちを善意で見守っていく社会を目指して活動していると説明し、
寄付か募金みたいなことを募っていると最後に言った。
気持ちは解るが、そういうのはどうなんだろうと思って
私は、結局は本人の意思が一番だからと寄付はしないで「解った」とだけ言葉にした。

すると男性は去って行ったが、
実家の奥の部屋に仲間が住みついていたみたいで
物凄い勢いで家財道具をそれぞれの車に積んで去っていた。
実家の奥を見ると、台所の流し台までも持ち去っていて、すっからかんになっていた。
実家のモノを取り戻そうと庭に出たら、何台もの車が凄い勢いで出て行って
ナンバープレートを見ようとしたが、番号がよく見えなかった。

子供たちが残っていて(新興宗教みたいな団体で住みつく感じ)、
私はその子たちに「自分の生き方を決めるのは、本人の『自由』だから。
生まれてきたら、自分の自由を持って『生きている』のだから」と言ってた。
悪戯っ子みたいな男の子が何か反抗的な事を言っていたが、
別の男の子が一人黙って聞いていた。

私は110番に電話してるふりをしていて(電話がなかなか繋がらなかったので)
それを見ていた男が近づいてきて
私の携帯(テレビのリモコンだった)を取り上げて二つに折って壊した。
私は身の危険を感じて、両親に
「大事なモノだけ持ってそこから逃げるように」と伝えたが
男は追って来て、手には○○を持ち、それを振りまこうと見せていた。

私はいつのまにか家の部屋を走っていて、服の合間を掻き分けて奥へ逃げていた。
部屋の中は乱雑に散らかっている感じ。

庭に出た所で男に捉まり、私も男性に変わっていた。
男が私の背中に乗って蹴ろうとしていたが
私は鋼のように背中を固く剃って男を跳ね返していた。

いつの間にか、今度は私が誰かを捕まえようと捜していた。
どうもその盗賊の頭は「女性」だったようで、
その人が解った感じだが、その先は記憶がない。

雑巾みたいなモノで「尖った部分」を綺麗に拭いて掃除していた。

+++++++++++++++++

起きてから、珈琲を入れながら、残りのコーヒー豆の保存用の袋を捜していた。
上の戸を開けて捜していたら、下にあるコーヒーメーカーのお湯が床にこぼれていた。
よく見たら豆をセットせずにスイッチを押したみたいで、お湯がこぼれ出ていた。
最近コーヒーメーカーを買い替えて、まだその扱いに慣れてなかった。

慌ててコーヒー豆をセットしたけど、うまく収まらずに豆も溢してしまった。
床がお湯とコーヒー豆で汚れて大変な状態になり、慌てて雑巾で掃除した。
何か夢と繋がりがあるような気がして考えた。

どうも「鋼のように背中を固く剃って男を跳ね返していた」部分が、
地殻のプレートのように思えてきた。
そうか、地震=自信 なんだと解った。
自分に自信がないから、相手に反発する。(自分の保身→攻撃)
自分に自信が持てたら、しなやかな愛情で相手を包み込める。
(現状を受け入れるということかな)

コーヒーメーカーの件は、私の不注意や思い込み、配慮不足で起った。
上ばかり見ていて、自分の足元を見ていなかった。
それが事を大きくしていた原因。
すべて自分の周りで事が大きくなるのは、自分の中に問題があるということか。

夢での「家の中」というのは、『心の中』を表しているように感じた。
乱雑に整理されてない状態は、自分の心を見ていない状況と似ている。
自分の心の中をちゃんと見て、問題をきちんと理解して整理できたら
それが内側から来る「自信」となって、それを感じ取る事が出来る。
それが大事だなと思った。

コーヒーメーカーからこぼれたお湯が服にかかって、
濡れて肌が冷たくなり風邪をひきそうだったので着替えた。
乾いた服はポカポカして、暖かくてとても気持ちがいい。
いつまでも拘らずに、濡れた服はさっさと脱いで着替えたら気持ち良くなれるね。^^

スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。