2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの日に見た夢です。
この夢を見る前日にフィギュアスケート全日本を見てちょっと心が荒れてました。
その様子は信用の記事に書きましたが、寝る時にいつもの安定感が心に無くて、
いろいろと雑念が湧いてあれこれ考えていたんですよ。
すると家が大きく「ピシッ!」と鳴って驚きました。
「いい加減にしろ!」って怒られているように感じられたんですね。
その朝に見た夢です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.25. (日)  旧暦 12/1  月齢 0.4  新月

学校の授業か何かで福岡に来ていたみたい。
どこかの部屋に鏡が置いてあり、そこで自分の顔が乾燥していた?か何かでクリームを塗っていた。
でも塗り過ぎで?結局洗い流していた。
それを見ていた学長?らしき男性が私に注意してきた。
「ここでサボってないで授業に戻りなさい。」そんな事を言われていた感じ・・・。
時間をみると9時過ぎで授業はとうに始まっている時間だった。
そして「あなたは前にも葬祭時にサボっていたけど、今度もそんなことはないよね?」
みたいな事を言われた。
丁度父の病気の検査(何か生死に関わる病気みたいな感じだった)が今日解る事になっていて、
検査の結果次第では今度も同じようにサボっている事になるが、
でもまだはっきりと結果が出た訳ではないので、そんな事はないと信じて「違います」と断定していた。
学長はあまり私を信用していないみたいで「そう?早く授業に戻りなさい」と言って去った。

私は授業に戻る為に列車に乗っていた。(授業は地元であるみたいで、その為に帰っていた)
上手くいけば午前中に帰れるような感じだったけど、何故か直通ではなく乗り換えの列車だった。
しかも早岐の乗り換えではなく、遠い諫早に着いてしまった。
そこから佐世保行きに乗り換える為に改札にいる女性にお金を渡して切符を買うが、
渡したお金が100円足りないとかでモタモタしていた。
足りないお金を渡したら、その女性は持ち場を離れて他の客の誘導をし始めた。
私は「切符!切符をまだ貰ってないよ!」とその女性の後を追いかけて切符を貰った。

ようやく乗り込んだ列車は座る所が無くて車内を移動し、やっとの思いで空いてた席を見つけた。
途中、電話が鳴って出ると父からだった。
検査の結果が出て、何事もなくて「OK」だったとのこと。
良かったと思って電話を切ったら、知らない中年の女性に話しかけられた。
私が「大丈夫だったんだ、父」と言っていたみたいで、
それを聞いて「お父さん良かったね」と言ってくれてた。

私の真向かいに座っている男性が私に何か水みたいなものを飛ばして、
私が嫌がるのを喜んで意地悪していた。
ふと私の服装が気になり見ると、とても恥ずかしい恰好をしていた。

もう少しで終点?らしいが、知らない駅を次々と通り越していた。
隣にいた男の子が「佐世保だよ」と言っていたので一緒に降りるが、
トンネルみたいな暗い道を通って、初めて見る景色にここは違うのでは?と感じていたが
男の子の言葉を信じて改札を出た。
降りた駅はやはり違った別の駅だった。「日宇?」なのかなと思ったが、定かでない。

また乗り換えの電車に乗り込む為にホームに戻るが、
今度はトンネルではなく高い壁をよじ登って(道じゃない(笑))行かなくてはいけなかった。
凄く大変な思いをして、やっとよじ登り重いカートの荷物を引いて、
停車していた佐世保行きの電車に乗り込もうと走った。
発車まであと2分という声が聞こえて慌てて走り、開いているドアを見つけてギリギリ乗り込んだ。
なんとか佐世保行きの電車に乗れたみたいです。(;^_^A アセアセ・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


私が夢で通っている学校の授業は、多分「自分の足で歩く授業」なのではないかなと思えます。
だから「サボっている」とは、「自分と向き合っていない」という事かなと。。。
自分の中で反省して因縁を消化する事をサボっているという意味だと思います。
自分がサボる事で、全体に迷惑を掛けることになりますから…。

外側を気にして中を見ていないというのが、顔のクリームなのかな。。。
外側を塗ったり洗ったりしても、心が変わらないと同じだということ?
だから学長は早く因縁解きの生活に戻りなさいと言ったんですね。

次の言葉がずっと気になってました。
「あなたは前にも葬祭時にサボっていたけど、今度もそんなことはないよね?」
そして「父の病気の検査(何か生死に関わる病気みたいな感じだった)が今日解る事になっている」
この二つの意味が謎でした。

最初の言葉は、信用の記事のコメントのやりとりでヒントがあって、
多分母の葬儀時に私が冒した因縁がまだ未消化だという事かなと思いました。
ずっと兄とのケンカの因縁だけを考えていたのですが、
どうも父の事も残っていたように感じます。
コメントを書いてて気付きました。
父が何故怒ったのか?何かを誤解していたとしても、怒るだけの因果が私にあったのですよね。
そこを私は見てもいなくて、父だけが一歩的に悪いと思っていました。
だから今回の夢で父の病気の検査結果が出てきたのかな?
ちなみに有り難い事に、父は至って健康です。(笑)
だからこそ、ここに何かメッセージが込められているように感じるのです…。
父の事に関しては、私の中でもう少し深く考えた方がいいのかもしれませんね。

授業に戻る為に地元に帰っていたのは、多分私の普段の生活が「授業」であり、
周りの人たちの態度で私の状態が解るという意味ではないかと思います。
生活をしていく中で「自分の因縁を解消していく」ということかなと。

それで前夜の私の態度の悪さから(苦笑)
直通列車ではなく遠回りの乗り換えで、アタフタしながら帰ってます。
諫早で「早く自分を諌めて反省しなさい」と言われ、自分の恥ずかしい恰好を見せられている。
でも乗り換え出来たから、きっと反省するだろうと言うことで「OK」の電話が入ったのかな?

日宇かどこかの駅で間違って降りたのも、自分の考えではなく隣の男の子の言葉を信用して降りた。
人の言葉を鵜呑みにするのではなく、自分の中に確信できる部分を持つようにということかな?
だから出る時は暗いトンネルの中を通って、しかも初めて見る景色に違うと感じていたのに降りた。
そこでもぁゃιぃ…ヾ(¬。¬ )と自分で早く気付くべきだったのでしょうね。
その正誤の判断は、多分これまでの経験で自然に出来るようになるという事だと思います。
そういう選択をこれまでしてきたかどうかの違いなんでしょうね。
何かに依存して生きているか、それとも自分で考えているかの違いでもあるのかな。
私の場合はまだ自分で考えて決めている経験値が足りなということだと思います。

間違いに気付いて又乗り換えをしていますが、出た時と違って入る時はとてもハードルが高いです。
道ではなく壁でしたから…。自分の中の壁を越えなくてはいけないんですね…。
高い壁を必死でよじ登って、発車2分前にやっと乗り換える事が出来ました。

私はいつもこのパターンですね…(苦笑)


スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。