2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝見た夢です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2013. 1.20.(日)  旧暦 12/9

○○さんと関東のどこかの駅に居た。茨城県のような感じ。
どこか(関西?)方面へ鉄道で行くので、
時刻表とかパンフレットをもらおうとしていた。

棚からパンフレットを取っていたが、ハウステンボスもあったような気が…。
パンフレットと一緒に花で出来た髪飾りも置いてあって、
彼女がそれを髪に着けて「どう?」と聞いてきた。
彼女の服と同系色の黄色と緑の花の髪飾りだったので
「服と合ってる」と言ったが、
私的には「もっと違う色を選んでもいいのになぁ」と思っていた。

駅員さんに「行き先の時刻表とパンフレット」があるか聞いたら、
「あるけど枚数が少ないので地元の人にしかあげていない。
 あなたは地元の人?」と彼女に聞いた。
彼女は埼玉だけど「はい、そうです。」と言って貰っていた。
私はそれを見てて「あー、嘘を付いてる・・・」と思っていた。

彼女は駅員さんに見つかるとヤバいからと、
コソコソと裏の通りを移動していた。
途中で彼女が
「私はたくさんの困っている人たちを、一人でも多く救いたいの」
と言った。
彼女の隣にもう一人女性が居て、二人で同じような事を言っていた。

私とは見方が逆だなと思ったので黙って聞いていたら、
どう思っているのかを聞いてきた。
私は「逆だよ、一人で動けるようにならなきゃと思ってる。
救われた人はちゃんと一人歩き出来るのかな?
また困った時に救いの手を求めてしまうのでは?」そう言った。

突然、彼女の様子が変わって人が変わったように暗くなったので、
彼女の背中をさすったら「生霊」が現れた。
「あなたは誰?」と聞くと
「彼女の家の隣に住んでる□□(覚えていない)と言った。
太った女性のようで、下の名前はナナコさんかナオコさんだったと思う。
生霊は「おせっかいで私に構わないで」と彼女に怒って言っていた。
彼女は隣家の人にも『救いの手』を広げていたみたいで、
宗教入信に熱心に誘っていたみたいだった。

私は「彼女に憑いたままじゃダメだよ」と生霊にもとの所に戻る様に言った。
名前をもう一度確認して『□□さん、元の所に戻れ!』と言って
手をパンと鳴らしたが音が小さくてダメだった。
(二度聞いたのに、起きたら名前を覚えていなかった。)
2~3回、やってみたがダメだったので、
素人が除霊の真似事をやらない方がいいなと反省していた。

彼女の宗教の導き親である経親さんに連絡した方がいいかなと思って
試しに「△△さん」とその人の名前をよんだら、
彼女の意識が元に戻って安心した。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


起きて思った。
○○さんは、生霊の□□さんか△△さんの
どちらかの支配下にあるだけなのかもしれない。
今の彼女は△△さんの支配下に居る姿で
本当の彼女ではないのかもと。。。

彼女と出会った時から既に宗教に入信していたので、
それがいつもの彼女だと思っていたが、実際は違うのかも…。
外側のどちらかの支配が強いかで彼女が変わっていたのかなと思った。

本当の彼女は「彼女自身が『気付いていく』事でしか、
自縛を解く事が出来ないし、本来の姿を取り戻すこをも出来ない。」
やはり自分を救うのは自分なんだなと、改めて思った。

彼女の苗字は、舞台裏の夢に出てた監督似の俳優さんと同じです。
多分、舞台役の私を動かしていた裏の監督という意味だと思うけど
その監督自身も、実は支配されて動かされていた。
そして、その外側からの支配を解くのは、
監督自身であり、私自身だという事かな。

自分で気付かないと、解らない事なんだと思う。
解って初めて「解ける」のだと思う。
だから、向き合うのはいつも自分自身なんだね。

そんな夢に感じた。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。