2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、アテルイを見ていたからかわからないが、
復讐の夢を見ていた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2013. 1.12.(土)  旧暦 12/1

サルが居て、サルを追っていたのか?あまりよく覚えていないが、
その気はなかったが、サルが死んでいた。
(私が間違ってやったのだろうか?)

可愛そうになって顔にタオルを掛けて巻いていた。
するとそのサルが生き返ったのか、他のサルかは解らないが、
私を追って暴れていた。
私は布をスッポリ被っていたら(隠れてた?)、
サルが布の上からお○っこを掛けた。

私はその事に腹がたったのか?敵と戦っていた。
相手を倒した後に安心して寝ていたら
目が覚めるといきなり両目に衝撃が走り、
周りを見たら敵の中に居て、捕虜みたいになってた。

何度も倒した後に安心して、今度こそはと目を覚ますが、
やはり敵の陣中から抜け出す事が出来なかった。
私が戦ってた相手は『白』だという事が解った。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


怖くて目が覚めたら4時だった。
何度抜けたと思っても、そこは敵の陣中だったという恐怖。
蟻地獄みたいで終わりのない戦いに「恐怖」を感じたのかもしれない。
そして思った。

やっぱり敵味方の根にあるのは復讐なのかな。
復讐は良くないよなぁ。
私を含めて、どちらも大事なモノを忘れている。
大切なモノを思い出さなくちゃいけない…。
そう思った。

「復讐は無くていい」と感じた。
自分の周りの日常に「戦い」が無いように、
自分の歩みで「戦いのない未来」を作っていかなくちゃと思った。


昨日見た「アテルイ」に、先日夢で見た舞台裏の監督似の人も出ていた。
役柄から見ると、私の魂は「大杉蓮さん親子」に近いのかもと思った。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。