2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の夢です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2013. 1.6.(日)  旧暦 11/25

真央ちゃんがオリンピックみたいな大きな競技場にいた。
これから滑るというので、年配の偉いコーチ
(知ってる女優さんにも思えた)が客席から応援していたが、
その女性も最初の場面に参加していて、
競技と言うよりはミュージカルみたいなアイスショーだった。
「みにくいアヒルの子」を演じていた、

最初に年配のコーチがたくさんの生徒を引き連れて出てきた。
次に真央ちゃんと、同じくらいの背格好の女性
(真央ちゃんよりちょっと背が高い)の二人が出てきた。
二人は同じ事をやっているのだけど、
真央ちゃんは下手でうまく出来なくて、足も上がらずアヒルの子だった。
隣の女性ばかり見ていて、早く彼女のようになりたいと思っているようだった。

次のシーンは凄く変わっていた。
水の中を泳いでいる真央ちゃんがいた。
衣装は千夜一夜の時の衣装みたいな感じ。
その泳ぎ方が変わっていて、水面近くを潜って移動しているような、
なんとなくワニの泳ぎのような、そんな変わった泳ぎ方で、
離れた所から「手の平」みたいなものが一つ寄ってきて、
一緒に泳いでいた。
同化したようにも感じた。

そして次のシーンで、真央ちゃんが白鳥に変身していた。
彼女は他の人より際立って輝いていた。
踊りも何もかもが他の人よりも綺麗だった。
その姿に観客が感動して、大きな拍手が送られていた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


最後の彼女だけを見ていたら、そんなには感動しなかったと思う。
「あー、綺麗だな」で終わってしまう。
彼女は人とは違う才能があるんだろうなと思って、それで終わる。

へたな彼女が一生懸命上手になりたくて毎日模索しながら
それでもずっと諦める事無く続けていた。
だから変身した真央ちゃんの姿が見れたのかなって思った。
この部分は、基礎を一からやり直していた真央ちゃんの姿と重なる。

アヒルの子時代の「人を羨んで、その人のようにないたい」と思ったら
いつまでたってもその人を追い越せない。
あの人は特別だからとか、天才だからと思ったら
自分は凡才のままで終わると思う。

自分の中にも人には無い特別なモノがあって
それは他の人とは違うモノなんだと思う。
輝き方もそれぞれ違うんだよね。
だから真似しても同じには成れないのだと思う。

そこ(外)を見るのではなくて、自分の方を見れたら
自分の情けない姿もちゃんと見れたら、
反対に輝く自分も見つかるような気がする。
それが白鳥に変わった姿じゃないのかな。
そう、感じた。

実は、同じような場面を昨日テレビで見てた。
長くなるから、それは本館に書きます。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。