2013 / 11
≪ 2013 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2013 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝は、久しぶにに「続きもの」の夢を見たが、後半が印象的だった。


駅で教えてくれた方向に行こうとしていたら、
女性が解りにくいからと案内してくれた。
私は別に大丈夫だからと断っていたが
「解りにくいから」と親切で付いて案内してくれた感じ。
するとどこかのビルみたいな場所に居て、
誰かの誕生日パーティが開催されるみたいだった。

磯野○○子さんのパーティらしい。
(昨日、サザエさん[磯野家]の長谷川町子物語をテレビで見たから?)
どうもサッカーと繋がりがあるみたいだった。

私は場所が解らずにウロウロしていて、また帰ろうかなと離れてたら
若い女性が来て「こっちだから」と案内してくれていた。
彼女と二人で歩きながら話していて、私にもっと言いたい事は言った方がいいと言ってた。
「そうだよね、なかなか言えないんだよね…」と言ったら、
「みんな、長所と短所があるから」と言ってた。
「私の長所って何だろう?」と思っていた。

パーティー会場で知らない女性が数人で近くに来て話をしていた。
鹿島アントラーズの話になって、「柳沢さんは?」と話していたので、
私は「彼は移籍したから」と言ってたが、それっきりまた黙っていた。
私はジョル○ーニョと何か関係があったのか、
彼(ブラジル人?)の紹介でここに来ている感じもしていた。

またサッカーの話になり
「外国人(名前は忘れた)は派手だけど、途中で目立たなくなるよね」と話していたので、
「伊東は持久力があるからね。外国人はバテて途中で消えるけど」と熱く話していた。
私が知っている時代のアントラーズのボランチは本田さんだけど、
清水の伊東さんの名前を言っていた。

++++++++++++++++

起きて、学生時代の授業のマラソンを思い出してた。
中学、高校と、持久力競争は何故か成績が良かった。
どちらも1~2番だった。
短距離は走ってて辛い感じがして苦手だった。
体が後ろに持っていかれる感じがして重たかったのを覚えている。

でも持久力では、途中から全然辛くなくなって楽に走っていた。
辛いのを通り越すと楽になるみたいな。。。
調べてみたら「ランナーズ・ハイ」ではなくて『セカンドウィンド』というらしい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1377814978
直ぐには適応できないが、体が適応してくると
摂取できる酸素量と必要な酸素量のバランスがとれて
【突然】「体が楽になる」状態がくるらしい。
バランスが取れて「楽」になるのか。。。
あの感覚は不思議だったが、私の長所って「持久力」なのかなと思った。

昔からパソコンは仕事関係もあったが、今でも続いている。
HPやブログに書く事が、ずっと続いている。
何度も場所を変えて書く内容も変わっていったが、でも「書く事」は続いている。
好きで書きたいから書いている。

「持久力」が私の長所なのかもしれないなと夢を見て思った。
口に出して言えないことも、文字で言えてる。
話すのが苦手でも、誰かと繋がっていたいという気持ちがあったのを
つくづく感じた。

そして、長くかかってもいいから
自分でバランスを取れるようになることが大切なんだなと思った。
これは誰にでもできることなんだよね。
だからどんな人でも「長所」は持ってるってことなんだ。
それを今朝の夢で感じた。




スポンサーサイト

今朝の夢です。

実家に居たら、○○○○○ちゃん?誰か女性が居て
その関係から男性がチラシみたいなものを持って居間までやって来た。
子供(成績があまりよくない感じ)を差別するのはよくないと言って
こういう子供たちを善意で見守っていく社会を目指して活動していると説明し、
寄付か募金みたいなことを募っていると最後に言った。
気持ちは解るが、そういうのはどうなんだろうと思って
私は、結局は本人の意思が一番だからと寄付はしないで「解った」とだけ言葉にした。

すると男性は去って行ったが、
実家の奥の部屋に仲間が住みついていたみたいで
物凄い勢いで家財道具をそれぞれの車に積んで去っていた。
実家の奥を見ると、台所の流し台までも持ち去っていて、すっからかんになっていた。
実家のモノを取り戻そうと庭に出たら、何台もの車が凄い勢いで出て行って
ナンバープレートを見ようとしたが、番号がよく見えなかった。

子供たちが残っていて(新興宗教みたいな団体で住みつく感じ)、
私はその子たちに「自分の生き方を決めるのは、本人の『自由』だから。
生まれてきたら、自分の自由を持って『生きている』のだから」と言ってた。
悪戯っ子みたいな男の子が何か反抗的な事を言っていたが、
別の男の子が一人黙って聞いていた。

私は110番に電話してるふりをしていて(電話がなかなか繋がらなかったので)
それを見ていた男が近づいてきて
私の携帯(テレビのリモコンだった)を取り上げて二つに折って壊した。
私は身の危険を感じて、両親に
「大事なモノだけ持ってそこから逃げるように」と伝えたが
男は追って来て、手には○○を持ち、それを振りまこうと見せていた。

私はいつのまにか家の部屋を走っていて、服の合間を掻き分けて奥へ逃げていた。
部屋の中は乱雑に散らかっている感じ。

庭に出た所で男に捉まり、私も男性に変わっていた。
男が私の背中に乗って蹴ろうとしていたが
私は鋼のように背中を固く剃って男を跳ね返していた。

いつの間にか、今度は私が誰かを捕まえようと捜していた。
どうもその盗賊の頭は「女性」だったようで、
その人が解った感じだが、その先は記憶がない。

雑巾みたいなモノで「尖った部分」を綺麗に拭いて掃除していた。

+++++++++++++++++

起きてから、珈琲を入れながら、残りのコーヒー豆の保存用の袋を捜していた。
上の戸を開けて捜していたら、下にあるコーヒーメーカーのお湯が床にこぼれていた。
よく見たら豆をセットせずにスイッチを押したみたいで、お湯がこぼれ出ていた。
最近コーヒーメーカーを買い替えて、まだその扱いに慣れてなかった。

慌ててコーヒー豆をセットしたけど、うまく収まらずに豆も溢してしまった。
床がお湯とコーヒー豆で汚れて大変な状態になり、慌てて雑巾で掃除した。
何か夢と繋がりがあるような気がして考えた。

どうも「鋼のように背中を固く剃って男を跳ね返していた」部分が、
地殻のプレートのように思えてきた。
そうか、地震=自信 なんだと解った。
自分に自信がないから、相手に反発する。(自分の保身→攻撃)
自分に自信が持てたら、しなやかな愛情で相手を包み込める。
(現状を受け入れるということかな)

コーヒーメーカーの件は、私の不注意や思い込み、配慮不足で起った。
上ばかり見ていて、自分の足元を見ていなかった。
それが事を大きくしていた原因。
すべて自分の周りで事が大きくなるのは、自分の中に問題があるということか。

夢での「家の中」というのは、『心の中』を表しているように感じた。
乱雑に整理されてない状態は、自分の心を見ていない状況と似ている。
自分の心の中をちゃんと見て、問題をきちんと理解して整理できたら
それが内側から来る「自信」となって、それを感じ取る事が出来る。
それが大事だなと思った。

コーヒーメーカーからこぼれたお湯が服にかかって、
濡れて肌が冷たくなり風邪をひきそうだったので着替えた。
乾いた服はポカポカして、暖かくてとても気持ちがいい。
いつまでも拘らずに、濡れた服はさっさと脱いで着替えたら気持ち良くなれるね。^^


今朝の夢です。

どこか(実家?)に寝ていて、
隣?の部屋には客が来ていて父が持てなしていた。
誰かが起こしに来てくれたみたいで
「何時までも寝てないで、お客さんにお茶をいれないと・・・」と思っていたら
父がお茶を入れてくれたみたいだった。父は客と話し込んでいた。
親戚?知り合い?そんな感じも受けてた。

目覚めた時に「ここはどこの家だっけ?」と部屋を見ていた。
私の部屋のような気もしたけど、白い壁の埃が気になった。
左側の隅の方に埃が風で集まって吹き溜まりみたいになってて
それを見て汚れて埃だらけの壁を綺麗にしなきゃと思っていた。

どこかの国(オーストラリアっぽい)の観光に来ていた。
坂を登ってみんなが何かを見に行っていて、私も行こうとしたら、
そこが水浸しになっていたのか、行くのを戸惑っている感じがした。

手に持ってたカメラの電池が切れたみたいで交換しようと見たら
カメラの上から箱みたいなカバーがしてあって、
箱とカメラの間に「水」が入っていた。
「何でここに水が入っている仕組みになっているのだろう?」
「持ち歩くには重いし、中の水と箱を捨てて持って行こう」と箱から水を出していた。





今朝の夢です。

どこかの知らない村みたいな所に居た。
体育館の中で何か話し合いがされていたのか、
その現場を掴む為に体育館の外で聞いていた感じ。

誰かがやってきたので身を隠すために
ジャバラ傘みたいな白い紙の円錐状のもので隠していた。
私ともう一人、子供?人間?よくわからないが小さな形のものが一緒だった。
形はあまり見えてないというか覚えていないが、ぬいぐるみみたいに小さかった。

円錐状のモノは傘みたいに上が閉じてあるのではなくて空いていて、
うまく隠れる事が出来ずに見つかっていた。
私とその子で一緒に、夢中で走って逃げていた。

途中でその子が危険を察したので、
身を隠そうと今度は銀色の四角い部屋に隠れた。
トタン屋根みたいなデコボコがある壁で仕切られていて、
うまく姿を隠す事は出来たけど、その子と何かヒソヒソ話していて
思わずその子が声を上げてしまって、見つかってしまった。
外から人が来る様子が解り、相手は剣を持っているようで
外から戸を無理やり開けられるのかと思ったら
いつの間にか堤○○さんが部屋の中に居て、
移動式ハンガーを戸の前に置いて敵が来るのに備えていた。
私はそれを映画のシーンのように見ている感じ。

場面が変わって、津波?災害にあった村に来ていた。
東北の港町みたいな感じ。
そこは堤さんの故郷みたいで、海女さんが海の中で仕事をしていたが
彼を見つけて言葉を交わしていた。
どうやら堤さんのお母さんらしいが、ちょっと態度が冷たかった。
災害の後に堤さんが来たらしいが
「一週間後にやって来た」事に対してのわだかまりみたいで
母親はすぐに来ないで冷たいといっているような言葉だった。

だけど彼の実家(お店?)の商品棚の近くに、
彼の写真入りおみくじみたいな遊び心で作った手作りのものが並べられていて、
これも商品になっていたみたい。

私はそれを手に取って見ていて、
「親心ってこんなもんだよ。
 口ではいろいろと言っても子供が可愛いのだから。」と彼に言っていた。



堤さんは、多分何かの「象徴」で見ていると思う。
この夢を見て、後で感じた事は二つ。

「逃げないで、現実(相手)と向き合う」
「相手のこころを見て、自分の中の思い違いを解く」

この二つを強く感じた。
そして、夢の中の堤さんは私でもある。
私が向き合う部分でもあると思った。

夢の途中から私が彼の設定に変わって、
見えない「敵(相手)」にこっちがやられると思ってバリアを作ってた。
思い違い(妄想)がエスカレートして、鎧を着て、敵味方を作る。
これを見せられていたのは、
私の中にあるそういう部分に気付くようにという事だろう。

何度も夢で見ている「追っ手から逃げたり隠れたりしている私」
いい加減、目を覚ませって事なんだね。
逃げないで、怖がらずに相手と本音で向き合えって。。。

私の日常でも、小さな「逃げ」がたくさんある。
それも後になって気付く。
あー、あれも逃げてる事になるんだなって。
それに気付けたら、次は逃げないでやってみようと前向きになる。

本心(素の心)は、多分逃げる事を望んでないと思う。
夢に出てきた「一緒に逃げてる小さな子供みたいなモノ」。
あれは私の本心なのかもしれない。
だから逃げないで「声」を出したりしたのかな。
もう「隠れたり、逃げたりしないで」というのが本心なんだと思う。
それに気付いてという夢に感じた。

見えない敵は、自分自身が作り出しているもの。
ならば、それを解除するのも、「自分」ということか。。。



今朝の夢です。

千葉か江戸川区あたりの地下鉄?の駅に降りて歩いていた。
近くに竹内○○さんが居て、彼女の友達と話していたような気が・・。
私はそれを見ていた感じ。

ショッピングセンターを見て歩いていたが、
宿泊所?に戻ると自分の携帯電話が見当たらない事に気付く。
どこにしまったのか覚えていなくて、捜していた。

携帯は1つ前に持ってた形に似ていて、
小型でスリムな銀色の二つ折り携帯だった。
携帯のチェックをやっていなかったことに気付き、
電話やメールが入っていたかもと心配になった。
家の中を捜して見つかったのはその前の「黒くて大きい」携帯だった。
それをチェックしているが、
ウィルスにやられているみたいで使うのをやめた。

新しい携帯を買いに行こうと又ショッピングセンターに戻るが、
デパートとかは皆閉まっていて寂しい感じがしていた。
その中に大丸デパートもあった。

宿泊所に戻る前に散策した時に、それらしき店があったのを覚えていて、
そこへ行こうとしていた。
階段式の歩道橋があって、そこを通っていたら全然違う場所へと出てしまった。
結局、携帯を買えないでウロウロしていた。

途中、歯を磨いているシーンが出てきて
奥歯二つの歯の裏側(見えない部分)に「黒い汚れの線」がそれぞれ1個ずつあって、
それを見せられていた。
その汚れている歯が大きく映っていたのが印象的で
きっとここは重要なシーンなんだと思った。
その歯を掃除していた。



昨夜、携帯のアプリを使って英会話の勉強をやっていたら
自分の声(発音)を録音している時に動作がおかしくなってフリーズし、
その後はスライドがロックされて動かなくなり、他の動作も遅くて変だった。
パソコンのネットで調べたら、iOS7のバグらしい。
スリープボタン+ホームボタンの長押しで再起動させたら元に戻った。

スリープとホームボタン…
やっぱり「起きろ~!」って事ですかね。(;^_^A アセアセ・・・


今朝の夢です。

○○くんと一緒にいた。
食事を○○くんと子供?女性?もう一人の誰かと一緒に食べようとしていて
私も名前を呼ばれているのだけど
風呂桶の水が満杯に入れてあり蓋がしてあって、
それが気になって掃除を始めていた。
蛇口から水?お湯?が出ていて、
栓を閉め忘れたのか出しっぱなしで満杯になった感じ。
下の排水栓を開けて風呂桶の水を流して空にしていた。
そうこうしているうちに、○○くんたち二人で仲良く食事を始めていて、
私は自分から離れている事が解っていたけど疎外感(孤独)を感じていた。

途中、トイレをしようとしたら誰かが覗けるような作りになっていて
気になって移動していた。

○○くんと一緒に居た。
今度は私たち二人だけだった。
食事を一緒にするのを彼が待っている感じで、
私は眠たくて半分意識が寝ている感じ。
一生懸命起きようと眠い目をこすっていて、
私が起きるのを待ってくれている感じだった。



昨日、下記のニュースを目にして思った。

新防衛大綱 イージス艦2隻、追加配備へ
http://www.news24.jp/articles/2013/11/03/04239602.html

こんなことの繰り返しで、一体どこ(誰)が喜ぶの?
そう考えていたら、前に見た夢の内容が理解出来た。


2011.9.8.の夢

敵の団体?と戦っているみたいだった。
私は火にやられたようで顔を火傷していたが、
痛いという感覚はまったくなかった。

敵から逃げて隠れていたけど捕まって、
天井に縛られてハンモックみたいにぶら下がっていた。
周りには同じような人がぶら下がっていた。

すると誰かが天井を開いてくれて
右から順々に天上の屋根が外れて空へと舞いあがり消えていった。

私は助かったみたいで、助けた人が
お金の入った袋からお金を自分たちの所に吸い寄せていた・・・。



なんてことない、用心棒代だったのか…
自分の身を守って貰う為に雇う用心棒。

自分の身は自分で守るもの。
用心棒なんて必要ないと理解出来たらいいんだ。
守るためには争わなければいい。

私も前に同じ事をやってた。
日本の平和を護る為に(仮想の敵と)争って、
神社に行ってお願いしてた。

何が違う?
同じなんだよね。
綺麗ごとか、汚いかの違いだけで仕組みはヤーさん世界と同じ。

争いのタネを自分で増やして、強いものに依存して、お金で解決。
自分の事は全然見えてなかった。
自分の周りに、たくさんの争いのタネがあるのに、
そこは見ないで、自分は悪くないと思っていた。

争いのタネは作らない。
それが平和への大きな一歩。
その為に、自分の心と向き合う。
自分でしか解けない「争いを解く鍵」が、自分の中にある。
それを見つけて解いたら、平和は自分の中に満ちてくる。

平和は外にあるのではなくて、内側にあるもの。
それに気付けたら、見るべき方向が変わってくる。

誰の思惑でもなく、自分の中で解決すべきもの。
そういうことなんだなと理解出来た。



今朝の夢です

どこかの街のアパートに居た。
下の階の部屋の窓や柱の寸法が上の階の部屋よりも短くて
「それでカーテンのサイズが合わないのか」と事実を知った部屋の住人が言っていた。
家賃は同じみたいだったので家主に抗議している感じだった。
部屋の押し入れから布団を出して、ここでみんなで寝ていたような気がした。

大ちゃんがここに遊びにくるみたいで彼女から電話があった。
今どこにいるのか聞いているが、私も通りを歩きながら電話を受けていて
話しながら前を歩いている彼女の姿が見えて、
「見つけたよ、後ろを見て」と彼女に言った。
岩〇さんとも話していて彼女もこちらに来るみたいだったが来ていなかった。

家で食事会を開いていた。
私が用意した食べ物を大皿にそれぞれ入れて食卓に並べていたら、
母に「もっと小さな皿に綺麗に飾って美味しそうに並べないと」と注意されていた。


最近、自分の車の運転を録画して見ていて「大雑把な性格だなー」と思っていたけど
そう言うことなのかな?


今日の夢です。

夜遅く、女の人と二人で希望ヶ丘方面に電車で帰ろうとしていた。
ナナコさんのような気もしたけど、あまり記憶がない。

そっち方面の電車が無くてどうしようか考えていたら
女性(オカマさんのオネエみたいな感じも受けた)が、
「電車がなかったら家に泊まってもいいよ」と言ってくれた。
リーダーシップのある強い女性に見えた。
方法がないので有り難く好意に甘えて、彼女の家に行った。

次第に彼女は私に好意を持ち始め、言い寄ってくる感じがしていた。
私は「いや、女だし…」と彼女の好意に戸惑っていたような感じ。
オナベさん?

家の中で絵を習っていたみたいで、描いて提出したら課題の絵が違うと言われた。
彼女が見せてくれたモチーフは「刺繍で出来た赤い果物」みたいなモノで
本物の課題の絵は「写真の赤い果物」だった。
絵が盛り上がっているか、平坦かの違いが明らかで、
本物の写真のフラットさを手で確かめていたような感じ。
この場面が印象に残っている。

どうやら私はイジメを受けていたみたいで、
それが解って彼女の頬に平手打ちしてた。
理由が解って溜まっていた鬱憤を晴らした感じ。
でも、思いっきり叩こうとしたが力が出なくて
軽くなぞったような力しかでなかった。
それが不満で何度かやったが同じだった。

他にもイジメていた人に、平手で借りを返していた。
叩かれた人が「この人は叩かないの?」と別の女性を指さした。
「彼女は私に何もしていないから」と答えていた。

遠回りだけと電車があったみたいで、そちらに向かっていた。




この後、近所の犬が吠えてて目が覚めたが、
いつもの怯えた吠え方ではなくて、力強い吠え方だった。
何かが見えていたのかもしれない。
それに向かって吠えていた感じだけど、今日の吠え方はいつもと違っていた。
昨日はハロウィンだったので、
夜中に変なものが集まって来ていたのかもしれない。

平手の場面は昨日テレビで同じ場面を目にしていた。
DOCTORS〜最強の名医〜で、蘭ちゃんが沢村さんを平手打ちしてた。

私の平手打ちは、心を自分でコントロールしなさいという意味に感じた。
怒りをコントロールする事の大切さを見せられていたような。。。

怒りを我慢して抑えるのではなく、自分の中できちんと理解して消化させる。
多分、それを招いた原因は自分にあるという事を理解したら、怒りも消えるよね。
というか、自分が原因だと解ったら、逆に誰も怒れなくなるよね。(;^_^A アセアセ・・・


miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。