2013 / 09
≪ 2013 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2013 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013. 2.12.(1/3) の夢

K君が私を好きみたいで、そのことを誰かが話していて、それをNさんが聞いていた。
するとNさんが私に興味を抱き、私を好きだと言うような事を言っていた。
でも、何となく彼からは私に対して「気持がない」感じを受けていた。

K君が何かを作っていて、私にアドバイスを聞きに来た。
するとNさんが来てK君に何かの(剣道みたいな)試合を申し込んでいた。

二人が試合をしているのを上から見ていたが、
Nさんは「その気はなく優劣だけに関心がある」と解っていたので、
私はその場を去った。
試合はK君が勝ったみたい。

私はスキーを履いていて、空を飛んでいた。
平行線の障害物のような頭上にあるバーの隙間を抜けて、
空高く飛んでいくのが気持ちよかった。






スポンサーサイト

miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。