2012 / 09
≪ 2012 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2012 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝見た夢です。
「見つける方法は自分の中に持っている」という事を、強く感じました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2012. 9.8.(土)  旧暦 7/22

( AM 9時頃 )
前の会社の小林さんや高田さんと一緒に会社に戻ろうと、
新橋行きのバスに乗ってた。
途中で新橋までは行かないから、
ここで降りるのではないかなと思って降りたら一人だった。
二人は何で降りるの?という感じで見ていた。

私は「ここで降りるんじゃなかったのか?しゃぁないなぁ」と
横浜へ戻る為、新橋とは逆方向のバスに乗り、
なんとか横浜方面へと帰る乗り換えの方法を考えていた。

途中で小川町のバス停があって、
「あっ、ここで乗り換えればいいんだ」と思っていたが
眠くて身体が動かなくて、気付いたら乗り過ごしていた。

バスはどんどん知らない奥地へと入って行き、終点に着いた。
降りる時に整理券を取り忘れたような感覚があり、
「整理券がないんです」と言ってポケットを捜していたら見つかった。
やっぱりちゃんと自分で取ってて、持っていたんだと気付く。

料金を清算する時に、運転手が2万円くらいのパスポート料金を見せた。
そんな高い金額…と思って驚いていたら、
「ここは世界遺産のテーマパークがあって、
そこで宿泊できるパスポート」と言ってた。
外を見たら外国みたいな施設が建ってて、門が閉められていた。
白人の人がたくさんいた。
世界遺産には興味がなかったので、
私はこのあと帰ろうと思ってるから必要ないと言うと
バス料金の精算で1800円くらいを支払った。

運転手に横浜方面へ行く方法を聞いたが、渋い顔をして「ない」と言われた。
それじゃここに泊まって明日戻るしかないなと腹を決め、
宿泊施設を聞くが「それもない」と言われた。
泊まるところもないのか、どうしよう、
世界遺産施設に泊まるしかないのかなぁ‥と考えていたら
運転手が「とにかくお腹がすいたので食事に行きましょう」と誘ってくれた。

店に向かっていると運転手の娘さんらしき人とお婆さんが一緒にいて、
娘さんが、帰る方法が見つからなくて途方に暮れている私の様子を見て
父親に言った。
「ちゃんと乗り換えのバスがある事を教えてあげないと」みたいな事だったかな。
運転手はちょっと戸惑っていた。
それを話すのは仕事に差し障りがあって話せないみたいな、
そんな葛藤があるような気がしたが
娘に言われて決心したようで、バスの時刻表を見せてくれた。

お婆さんがそのバスの見方を教えてくれながら、
「新橋行きのバスは…7時…はないね…。
こちらも…もう最終を過ぎたね…。」と、
結局どれもバスはなかったが、時刻表があるので助かった。

場面が変わって、小林さんと東京駅みたいなところに居て
会社に戻る途中だった。
昼食用にと、おにぎりの店でメニューを見ていた。
小林さんはこれにすると「おかかのおにぎり」みたいなものを注文した。
私は「これが美味しそうだからこっちにするかな」と
迷いながらいろんなメニューを見ていたら
注文する時に食べたいおにぎりの名前が思い浮かばなくて、
またメニューを見ていた。
でもなかなかさっきの食べたいおにぎりが見つからずに
「なんだったっけ?」と捜していたら
私がトロくて注文が止まっているから、
後ろに行列が出来て「早く注文してよ」と嫌な顔をされていた。
その視線を感じて、私は結局小林さんの言った「おかか」と
何か目に入ったおにぎりを注文していた。

おにぎりを食べていたら、
何か異物が入っていたのか悪くなっていたのか覚えてないが、
食べられないと店に返して交換して貰っていたような気がする。

男の人が居て何か絡んでいたけど忘れた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


おにぎりの場面で、昨日テレビで見た場面を思い出した。
〇〇〇〇さんが逃げるようにフランスに渡って生活していた時、
言葉の問題で同じような場面があった。
パンを買おうと注文するが言葉が通じなくてなかなか買えず、
後ろの人達に文句を言われて嫌な顔をされている場面。

彼女はこの経験からフランス語の勉強を必死に始めたんだよね…。
自分を見ている周りの視線を気にして、
何かに逃げて自分を誤魔化すのではなく、
自分の心を信じて自分のペースでやればよかったのかなと感じた。

「目の前の解決すべき問題の鍵は、すべて自分の心の中にある」と感じた。
焦らずに、解る範囲でやれという事かなと思った。
焦って外に問題解決を見出そうとしても、結局見つからないのだから。
見つかったように見えても、また迷路に落ちる。

バスの整理券を持っていないように感じていたが、
実はちゃんと自分で持っていた。
この事が、凄く心に残ってた。
やっばり、そいう事なんだなーって思った。

夢の内容をすぐ忘れてしまうのでIC録音していたが、これも同じだった。
結局、録音してまで思い出そうとする自分の心に、
夢にすがろうとする心に問題があり、これも外への依存だなと思った。
ちゃんと心の中に持っているから焦らなくていいんだよ。
録音はやめて、覚えている範囲で書きとめようと思う。
焦らずにやれば、いつかは解ってくるのだと思う。
取りあえず「夢を録音する私」の洋服を脱いだ。





スポンサーサイト

夜中に雨と雷が凄くて目が覚めた。
雷も落ちてたみたいで、何か上から怒られているような感じだった。

もしかして、昨日思ってた
「やってもやらなくても同じなら、やらない」に対して
怒られてるのかなと、そんな気がしていた。

その後に見た夢。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2012. 9.5.(水)  旧暦 7/19

会社でアルバイトをしていた。
その会社もそろそろ退職するような感覚で、お給料の明細を貰ってた。
特別手当みたいな欄には金額(2~3万)と書いてあったが、
基本給の時給の欄には「残業が2…時間以内たがら『 0 』」と書いてあった。

それを見て私は憤慨していた。
「えー、時給が0円って事はないでしょう?
データ入力で時給1000円で契約していたはずだよ。」
一日5時間、確かに自分はトロいから遊んでいる時間があったとしても
賞味3時間、20日で6万円はあるはずなのに。
その仕事に対する正当な支払いを受けるべきだと思ってて、
おかしいよ!と上司(松尾先生みたいな気がした)に言ってた。

上司は明細を持って上の階に事情を聞きに行ったら
「期限が30日?を過ぎて期間内に申告しなかったから無効だ」
と言われて、遅いと返されたとのこと。
「給与明細は今貰ったんだよ、そんなのおかしいよ」と憤慨し
自分で上に聞きに行く事にした。

前から0円みたいだったけど自分はそれに気付いてなくて、
特別手当は幾らかな?と気になって見てたら、
時給欄に目が行って初めて0円だと知った。
前は仕方がないとしても、
今月も0円という事はないでしょうと思ってた。

「私も一緒に行きますよ。」と最近会社に入った若い女性が言ってくれた。
彼女とは同じ仕事をしているので、参考になるからと言ってくれた。
最初は「私の問題だから自分一人で行くからいいよ。」と彼女に言ったが、
彼女は一緒の方が何かと参考にしやすいだろうというような感じで付いてきてくれた。

行く途中で彼女に時給はいくら貰ってるの?と聞いたら
「1500円」と答え、今月は15万だったと言った。
同じ仕事をしているのに私は0円で彼女は1500円?
しかも15万貰ったの?
なんだ、自分はタダ働きじゃないの、
だったらこんな会社、止めてやるー!!と思ってた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


「やってもやらなくても同じならやらない」と同じだ…。
やっぱり、この事なんだなと思った。

じっくり読み直したら、なんとなく解った。
同じデータ入力の仕事でも、私と彼女とでは「質」が違うのだと思った。
データ入力だから、ブログの事を言っていると思う。

私が書いたブログの内容は、自分の言葉で書いているのではなく
誰かの考えや言葉を拝借して、相手の服(知恵)を着て書いているだけ。

今まではずっと、自分の中に取り込んで出てきた言葉だから、
自分の言葉だと思っていた。
相手の言葉を借りる時はリンクも貼ってた。

でもこれは誰かのオリジナルを自分の考えで加工して作ったから
私の作品だよと主張しているようなもの。
だから偽物なんだ。まがい物、コピー商品、猿真似。
それに対する支払いが「0円」という事だと思う。
外から得たモノを真似て同じようになりたいと思う心にも問題があったと思う。

新人女性の仕事は、きっと彼女本来の言葉で書かれているのだろう。
そこに誰の言葉も知恵も存在していない。
彼女が経験してきた中で感じたモノを書いている本音。
だから彼女の仕事は、正当に評価されていた。

彼女が「参考になるから一緒に行く」と言ったのは、
比較する事で、自分の今の姿が見えてくるから。
そしてこれは友人の大ちゃんの事でもあるなと感じた。

そう思う根拠が二つある。
1つは、この夢の後に彼女から電話があったから。
そしてもう一つは、昨日の夢の内容から感じた事。

彼女からの電話は、介護している義母のとの衝突で
今までの溜まったモノが爆発して口に出してしまったけど
その事に後ろめたさもあって、私に聞いて欲しいと相談してきた。
多分彼女は口にする事で、自分の頭を整理しているんだと思う。
言葉を口にする事で、ブログに書く事と同じなんだと思う。
だから私はただ聞いてあげるしか出来ないけど
逆に私は彼女の言葉で、いろんな事に気付きを貰える。

彼女は本当によく頑張っているなぁといつも思う。
私なら絶対に出来ないと思うけど、彼女はパニック障害になったり
逃げたいと思う事もたくさんあったけど
現実から逃げずにちゃんとやってきた。
そして、今もやっている。
その経験から出てくる言葉だから、私の心に凄く響くんだよね。
それが夢の中の「時給1500円」という事なんだなと感じた。

私と彼女との違いは
「目の前の現実を見ているか、見ていないか」の違いなんだ。
そう思った。
私も彼女のようになれるチャンスは何度かあったのに
私はなれなかった。
それは、私の選んできた選択の結果なんだと思う。
地に足を付けて歩いてきたか、フワフワしていたかの違い。
見てる視点が、目の前か遠くかの違い。

そして昨日の夢。

どこかの飲み屋に居た。
男性客が写真を見せて、子供がもうすぐ生まれる
(今日[昨日]みたいな感じだった)と嬉しそうに写真を見せていた。
「あー、良かったですね。」と言って写真を見たら、
夫婦で写っていて奥さんが旦那さんと似ていたので
「二人とも似てますね、夫婦は似てくるんだね。」と話していた。

その奥さんは水商売の人で父に何かを相談していたみたいで、
父がアドバイスしていた。
二人が新婚旅行に行くと言うので
父と私も一緒に外国に行っていたみたい。
咲子さんからいつの間にか奥さんに変わってた。


******

この前後にも、いろいろと夢を見ていたけど
彼女だと思える部分が、男性客の奥さん。
奥さんは父に相談していたんだよね。
そして今日、彼女は私に電話で相談してきた。
また、彼女は夢の中では「咲子さん」でもあった。

とうとう、彼女が「開花」する時期なのかなと思った。
それが「子供が生まれる」という部分なのかなと感じた。
彼女の心に「大きな花」が咲くんだね♪
そう感じた。

で、気になったのが
「夢で彼女が相談していた父は、現実では私だった」ということ。
父は男なのに「ちち」と呼ぶんだよねと以前から気になってた。
夢の「父」は、「乳」と関係があるような気がした。

赤ちゃんの夢で、私の胸にバンソウコウが貼ってある夢を見た。
乳をあげれない女→ 男勝りの戦ってる女?→ 父親みたいな?
多分、私の中で「戦い」の心が消えれば「母」に変われるのだと思う。
その時、バンソウコウも取れるのだろう。
現実に子供を産むということではなく、心の変化でね。

もう一つ、以前見た夢を思い出した。
「血の繋がりのない妹から『あなたは偽物の王女で、私が本物の王女だ』
と言われた夢」の、この意味が、やっと解った。

新人の女性(大ちゃん)が入力したデータは、
彼女オリジナルの本心からの発信で、本物の王女。
私の発信したデータ(ブログ)は、誰かの洋服(知識)を借りて
真似て書いてるだけの偽物の王女だと言われていたんだと気付いた。

人の服(知恵)を着ているから「偽物」なんだよね。
今の自分の姿を良く見なさい。人の服を着ているよ。
それはあなたの言葉ではないよ。
そういう事だったんだなとやっと理解できた。

自分が偽物だと気付いたのなら、着てた「偽物」を脱げばいいだけ。
自分の身の丈をしっかりと見つめて、胴長短足でもいいじゃん♪
そう、そこからまた始めようと思った。
今度は自分の言葉を入力できるように。。。
そこから、またひとつ変われる。
偽物から「本物の素の私」に少しずつ、変わっていけると思う。



また自分の姿を見せられました。_| ̄|○ガクッ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2012. 9.2.(日)  旧暦 7/16

( AM 7 : 53 )    
前の会社に忘れ物の荷物を取に行ってた。
辞めた後に私の服がクリーニングから戻ってきたみたいで、
自分のロッカーに入れといてと頼んでいた。
自分のイメージではこじんまりとした小さ目のロッカーに、
すっきりと置いていると思っていたら
ドデカイロッカーに雑然と何でもかんでも放り込んで、
中がゴチャゴチャしてた。
その中から、持って行ける服だけを選んでいた。
(録音してて、あー、これ、知識の事だなぁ…と解った ~(>_<。)~ 

会社の隣で凄い音がしていたので見たら、
海の近くに建ってる会社で隣が建設中だった。
その場所を見て
「あれー、こんな辺鄙な場所にどうやって来たんだっけ?」
と記憶がなかった。

その会社の社長が見えてた。
自宅に居るのだけど会社に誰もいないことに気付き、
お金が心配になって様子を見に会社に向かってた。
社長は和田先生にも似ていたような感覚があるが…。

社長が心配したとおり、
会社(家みたいな感じもした)に数人が盗み目的で侵入していた。
それを見て急いで捕まえようとしていた。
私も中に入って、何か絡みがあったが忘れた。

社長は社員の女性の誰かを褒めていた。
どうも韓国女優のチャングムさんのような気がしたが。。。

場面が変わって、どこかの家に入ろうとしていた。
その家の男性が私を見て馴れ馴れしいのだけど、
私が汚れているので「風呂に入って体を洗え」と言っていた。
お風呂を薦められてお風呂に入って綺麗にしていたが、
どうもこの男性を警戒していたような感じもしていた。
私だと思ったら、韓国女優のキム・サンスンの人みたいだった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


タンスの中に入れてたクリーニングした服(知識)は、
昨日書いた北斗七星の件だと思える。。。
服は知識でもあったのかー。
自分のタンスは、すっきりしてると思っているんだね。(;^_^A アセアセ・・・

服は脱いで「素」にならなきゃいけないのに、
逆に古い知識の中から「選んで」持って行こうとしいているのが
今の自分の姿だと見せられたのかなと感じた。
クリーニングしてるから、綺麗になってまだ着れると思ってた。
過去の知識への執着なのかな。。。

リッチマン…のドラマでも見せられてたのになぁ。
新しいスタートには、何も持ち出してなかったんだよね。
全てを失って、自分の荷物全てを会社に置いてきた。
「結局、自分が持って行くものは何もないと解ったから」って言ってたな。
ここ、凄く印象深かったのよね。。。

海の近くに建ってる会社って、もしかしたら今の家なのかな。。。
ふと、そう思った。
暑いから窓を開けて生活しているけど、外の音が凄いんだよね。
それと似ているなーって、ふと思った。
「ここ」が私の学びの場所なんだと言われてるのかな。

会社の社長、昔は学校の先生で今は僧侶なんだよね。
その人になんとなく似ている感じがしていた。
お金が心配で気になって見に行ったら、強盗と出くわしたんだよね。
これさー、引き寄せの法則なのかなーって感じた。
そっちを考えたら、そっちに引っ張られるみたいな。。。
私のクリーニングの服と一緒だね。(;^_^A アセアセ・・・
自分で取に行ったから、私が原因なんだけどね。。。
例え意識であっても、やはり取りに行くべきではないなと思った。
知識の執着を断ち切れないでいるからフラフラするんだよね。

知識の実は、忘れた頃にやってくる。~(>_<。)~ 



miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。