2011 / 12
≪ 2011 / 11 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2012 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は大晦日ですね。
どうしても今日中にこの記事を書いた方が良さそうなので頑張ります。(笑)

昨日書いた夢 浄化の場所の後半部分が少しだけ解ったような気がします。
謎だったカラの財布の部分です。

---------------
結局、トイレセットバッグは使わずに元に戻したら、自分の財布がそこに置いてあった。
どうやら貴重品のバッグをここに置き忘れて行ったようで、財布だけがそこに置いてあった。
中を確認したらカラで、お金を誰かに持って行かれた事に唖然とする。
サイフの中には父からお寿司の代金として預かっていた「2万円」もあったので、
どうしようと自分の不注意による過ちを後悔していた。

良く見ると、奥の方に私のバックが置いてあった。
誰かが奥の方に仕舞って置いてくれたみたいで、中を確認すると私の財布のお金も入っていた。
カラの財布だけが前方の見える場所に置かれていた。

----------------

このサイフは黒いワニ皮みたいな模様のエナメルの財布だったような気がします。
中には「父からお寿司の代金として預かっていた2万円」が入ってました。
それが無くなっていたんですね。

何故覚えていたかというと、この日の夜に実家で忘年会をやるので
その費用として前日に父から預かっていたからです。
夢と現実がシンクロしていますね…。
多分、ここにメッセージがあると思います。

そのお金が空になったという事は、お寿司の代金を払ったということで
忘年会の出来事を言っているのではないかと考えました。
浄化のヒントがここにあるよって。。。

実際、ありました。
私にとってはとても大きな収穫でした。

兄と話をしていて、これまでとは違った価値観を兄が持ち始めている事に気付いたのです。
その切っ掛けは引っ越しだったそうです。
引っ越しする前は、今の家があまり気に入らなくて気乗りしなかったそうです。
会社には遠くなるし、知らない土地だし、自分にとっては何も利点がないなと。
でも奥さんにこれまで何もしてあげられなかったので、奥さんの希望を聞いて決めたと。

でも実際住んでみると、空気は綺麗だし野菜も奥さんが育てて自給自足できるし、
ここでのんびりとした暮らしが出来る事に今では感謝している。
今は奥さんに凄く感謝していると言って、それを聞いて義姉もとても嬉しそうでした。^^
こんな兄の一面を見たのは初めてではないかなぁ。。。
私が知らなかった(見ようとしてなかった)だけかもしれませんね。

世の中の仕組みがおかしい事にも気付き始めていて、私ともその点で話が合いました。
311の震災以来、価値観が一変したと言ってました。
大切なのはお金ではなく、心だという見方に変わったそうです。

これが経験による気付きなんですね。
自分は環境が変わったことで気付けたと言ってました。
情報に頼らなくても毎日の生活の経験で正しい気付きが出来るという事を、兄から教わりました。
この事を「カラの財布」のメッセージで言っていたのかなと思えたのです。
今度の忘年会、大事だよって。。。
注意して良く見てねって。。。

そして私の方は、今回も失敗やらかしました。(;^_^A アセアセ・・・
話が合って、調子に乗って、自分のネットで得た世の中の裏情報を話しまくってました。
これ、必要なかったなと後で後悔しました。
どうも不要な知識を押し付けようとする、私の悪い癖が治ってないですね…。
来年こそは…。
頑張りまっす!


大晦日の朝に見た夢です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.31. (土)  旧暦 12/7

目覚める直前に見ていた夢。
私の右足の太もも(膝に近い内側部分)にもやしが一本生えていた。 ( ̄□ ̄|||)がーーん!
なんだこりゃ~???と思って見ていたら、もやしは「白ネギ」に変わっていた。
直径が2センチくらいの大きな白ネギが腿から生えていて、私は根に近い部分で切り取り
根の下の方を取ったら根ではなく、丸い円状にタネが6個くらい並んでいた。
私は腿を下向きにして叩きながら、そのタネを落として取り除いていた。
タネはポロリと下にこぼれ落ちて、腿は元の状態に戻った。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今年の最期を締めるのに相応しいのでしょうか?
うーん。。。
見方によっては相応しいかなとも思えます。

実際は有りえないような夢(笑)なんですが、目覚める直前にしっかりと見ていたので
かなりメッセージ性が高いと思います。

いろんな解釈が出来るのかもしれませんが
今回私が思ったのは、私の足に生えていることから寄生と取れますよね。
私の栄養分を取って(寄生して)育っている白ネギ…(白い根の木?)
だとしたら良いものではないと思うので、それが取れたという意味かな?
種ごと取り除いて、元の状態に戻ったということを知らせてくれたのかなと思いました。
もしくは、そうしなさいという意味で見せてくれたのかもしれませんね。

白ネギはleekですか。リーキですがリークとも読めますね。
リークとは、「漏れる」を意味する
秘密の情報が漏らされること。⇒情報漏洩


むむむ。。。
やはり情報が漏れているという事なのかなぁ…。
漏れるような情報なんて持ってないと思うけど…?( ̄◇ ̄;)エッ
甘いニカ?

そう言えば、太ももの「腿」って「月が退く」って書くんですね。
月の裏側で支配した夜の時代が退くっていう意味なのかな。
そこから生えてた白ネギを種ごと切り離した…。
やはり切り離しをしなさいって意味なのかなぁ…。
スポンサーサイト

なんでなんだろ?
どうして私に「私じゃない人の悪口」を言ってくるのかな?
母の葬儀時の兄もそうだったし、今回も…。
自分の悪口なら自分で直すことが可能だけど、
人の悪いとこは私ではどうすることもできないんだよね。
なのに私に文句を言ってくる。
それ、違うんじゃないの?と思ってハッキリ言ったら、兄は逆上した。
それ以来、兄との関係が拗れて悪化した。

後でこれは私の言い方が悪かったんだなと反省した。
自分の心に余裕がなかったからだと気付き、大きな心になれるように努力しようと思った。

でも今回、別の人で同じような状況が起きている。
折しも、先日の電車の乗り間違えの夢で気になる言葉も貰っていた。
あなたは前にも葬祭時にサボっていたけど、今度もそんなことはないよね?
この事を言っていたのかな?
前回は突き放して終わったけど、もっと私に深く考えろと言う事なのかな?
ちゃんとサボらずにこの事と向き合って、自分なりの答えを導きなさいという事だったのかな?

前回は確かに私の言い方が悪かったんだなと反省した。
でも兄の言うように「そうね。」と、ただ受け答えて流していればよかったのかな?
それで兄との関係が深く拗れる事はなかったのかもしれない。
だけど自分の心に嘘はつけないよ?
誰だって人の悪口は聞きたくないものだよね?
例え愚痴を聞いてあげても、それって上辺だけ誤魔化していて
結局負の想念に負の想念で応える事にならないかな?
その溜まった負の想念を放って置いたままでは、因縁が増えるだけだよね?
それは思いやりなんかじゃないと思う。
自分に対して嘘を付くのは、自分が後で許さないだけ。
なんであの時ちゃんと自分の気持ちを言わなかったんだ?って後悔するよね?

そうか、あの時放って置いた負の想念の因縁が、ここで又現れたのか!
それで前回サボったけど、今回もそんなことはないよね?と言ったのかな。

自分が過去に作った因縁をキチンと理解して消化させない限り、
時と人の条件が合えば出てくるという事なんだと思います。
お互いに違った因縁を解決できなかったので、今回解決できるようにと似た状況で現れてくる。
文句を言う人は過去に文句を言って負の因縁を作ったから、
今度こそはきちんと「文句を言う」自分を見つめて解決しなさいと又同じよう現れてくる。
文句を言われる人は過去にも文句を言われてその事に気付くことなく放って置いたから、
「文句を言われる」自分を見つめて解決しなさいと又同じように現れてくる。
結局見つめる先は「(相手に映る)自分」なんだと思います。

今朝、今回の問題に関して解決の手がかりとなるような夢を見ました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.30. (金)  旧暦 12/6  月齢 5.4

野外でトイレを探していた。
この辺のトイレは建物の中にあるのではなく、車の中にスペースとして用意されていた。
いつも定位置に泊まっている車が今回は大き目のリムジンみたいな車だった。
入ろうと中を見たら先客がいたので諦める。

ビルの中のバック売り場を見ていたら、トイレ用のバックが用意されていた。
これは誰でも使っていいもので、普通の商品の中にこっそりとトイレ用のグッズが入れてあった。
紙とか女性用のグッズとか。。。
見つけたら誰でもそれを使って良いみたいで、私も拝借してトイレに向かった。
そこは車ではない普通のトイレでドアがあり、人が外で列をなして並んでいる。
良く見たらトイレットペーパーも備えてあった。

やっと私の番が来たと中へ入ったら、
そこは個室ではなくドアの内側は一つの大きな部屋となって繋がっていた。
そして中央の丸い円形の中にトイレがいくつかあって、そこで用を足すみたいだ。
私は区切りが無くて丸見えの状態では嫌だなと思って去ろうとしたら、
女性の声が聞こえて「みんな後ろ向きで人の姿は見えないから大丈夫だよ」と言った。
なるほど、そういう仕組みに作ってあるようだけど
「でもやっぱり人が振り向いた時に見えるじゃん」と思って去った。

結局、トイレセットバッグは使わずに元に戻したら、自分の財布がそこに置いてあった。
どうやら貴重品のバッグをここに置き忘れて行ったようで、財布だけがそこに置いてあった。
中を確認したらカラで、お金を誰かに持って行かれた事に唖然とする。
サイフの中には父からお寿司の代金として預かっていた「2万円」もあったので、
どうしようと自分の不注意による過ちを後悔していた。

良く見ると、奥の方に私のバックが置いてあった。
誰かが奥の方に仕舞って置いてくれたみたいで、中を確認すると私の財布のお金も入っていた。
カラの財布だけが前方の見える場所に置かれていた。

これ、メッセージなんだなと思いました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


トイレは浄化の意味で、夢に出てくるようです。
自分の中の不要なモノ・因縁等を浄化して出しなさいという意味で
トイレが象徴として出ていると思います。

なので車の中のトイレとは、動いて移動できるから過去世の因縁を浄化するという事なのかな?
それとも「いつでもどこでも浄化しようと思った時にできる」という意味の象徴なのかな?
今回は大きなリムジンみたいでしたが、そこには先客がいたので私は諦めてました。

そしてビルの中のバッグ売り場は、ネットのブログを意味してませんかね。
有料(商品)の中に無料で誰でも使えるものも置いてある。
それを見つけたら誰でも使ってよい仕組みで、それを自分の浄化に使ってよいということ。
その為のツール(付属品のトイレットペーパー)は備えてある。

私も拝借して自分の因縁浄化に使おうと利用するが、ドアを開けたらそこは丸見えの状態。
それぞれ利用する人は自分の目線で浄化していて、他を見ようとしない限り見えないけど、
見ようと思えばいつでも見えてしまう。
振り返って見るというのは、単に他の人のブログを見るという意味だけではなく
遡って過去記事を見れば、誰でもどんな記事も目にすることができると言う意味もあると思います。

要するに自分が書く内容は誰でも見る事ができるからこそ、配慮が必要だということ。
相手を非難する言葉は、必ず相手にも届くと思います。
無意識でも相手に念を送っているのだから、その想念に引き寄せられて来るのだと思います。

自分の財布の場面は、私の貴重品という事なのかな?
自分の「貴重なモノ」は大切に奥へ仕舞って置きなさいということなのかな?
サイフの中身を自分で分けた記憶はないので、誰かが分けて置いてたんですよね。
でも自分の貴重品を自分で管理していなかったのは、私のミスだと気付いてました。
ちゃんと大切なモノは守るようにと言うメッセージかな…。
それともサイフは、それぞれ分けて書いているブログという意味?

大切なモノは、自分の心ですよね。
お金なんかじゃない。
この辺は、もっと深く考えていかなくてはいけない部分だと思ってます。

クリスマスの日に見た夢です。
この夢を見る前日にフィギュアスケート全日本を見てちょっと心が荒れてました。
その様子は信用の記事に書きましたが、寝る時にいつもの安定感が心に無くて、
いろいろと雑念が湧いてあれこれ考えていたんですよ。
すると家が大きく「ピシッ!」と鳴って驚きました。
「いい加減にしろ!」って怒られているように感じられたんですね。
その朝に見た夢です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.25. (日)  旧暦 12/1  月齢 0.4  新月

学校の授業か何かで福岡に来ていたみたい。
どこかの部屋に鏡が置いてあり、そこで自分の顔が乾燥していた?か何かでクリームを塗っていた。
でも塗り過ぎで?結局洗い流していた。
それを見ていた学長?らしき男性が私に注意してきた。
「ここでサボってないで授業に戻りなさい。」そんな事を言われていた感じ・・・。
時間をみると9時過ぎで授業はとうに始まっている時間だった。
そして「あなたは前にも葬祭時にサボっていたけど、今度もそんなことはないよね?」
みたいな事を言われた。
丁度父の病気の検査(何か生死に関わる病気みたいな感じだった)が今日解る事になっていて、
検査の結果次第では今度も同じようにサボっている事になるが、
でもまだはっきりと結果が出た訳ではないので、そんな事はないと信じて「違います」と断定していた。
学長はあまり私を信用していないみたいで「そう?早く授業に戻りなさい」と言って去った。

私は授業に戻る為に列車に乗っていた。(授業は地元であるみたいで、その為に帰っていた)
上手くいけば午前中に帰れるような感じだったけど、何故か直通ではなく乗り換えの列車だった。
しかも早岐の乗り換えではなく、遠い諫早に着いてしまった。
そこから佐世保行きに乗り換える為に改札にいる女性にお金を渡して切符を買うが、
渡したお金が100円足りないとかでモタモタしていた。
足りないお金を渡したら、その女性は持ち場を離れて他の客の誘導をし始めた。
私は「切符!切符をまだ貰ってないよ!」とその女性の後を追いかけて切符を貰った。

ようやく乗り込んだ列車は座る所が無くて車内を移動し、やっとの思いで空いてた席を見つけた。
途中、電話が鳴って出ると父からだった。
検査の結果が出て、何事もなくて「OK」だったとのこと。
良かったと思って電話を切ったら、知らない中年の女性に話しかけられた。
私が「大丈夫だったんだ、父」と言っていたみたいで、
それを聞いて「お父さん良かったね」と言ってくれてた。

私の真向かいに座っている男性が私に何か水みたいなものを飛ばして、
私が嫌がるのを喜んで意地悪していた。
ふと私の服装が気になり見ると、とても恥ずかしい恰好をしていた。

もう少しで終点?らしいが、知らない駅を次々と通り越していた。
隣にいた男の子が「佐世保だよ」と言っていたので一緒に降りるが、
トンネルみたいな暗い道を通って、初めて見る景色にここは違うのでは?と感じていたが
男の子の言葉を信じて改札を出た。
降りた駅はやはり違った別の駅だった。「日宇?」なのかなと思ったが、定かでない。

また乗り換えの電車に乗り込む為にホームに戻るが、
今度はトンネルではなく高い壁をよじ登って(道じゃない(笑))行かなくてはいけなかった。
凄く大変な思いをして、やっとよじ登り重いカートの荷物を引いて、
停車していた佐世保行きの電車に乗り込もうと走った。
発車まであと2分という声が聞こえて慌てて走り、開いているドアを見つけてギリギリ乗り込んだ。
なんとか佐世保行きの電車に乗れたみたいです。(;^_^A アセアセ・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


私が夢で通っている学校の授業は、多分「自分の足で歩く授業」なのではないかなと思えます。
だから「サボっている」とは、「自分と向き合っていない」という事かなと。。。
自分の中で反省して因縁を消化する事をサボっているという意味だと思います。
自分がサボる事で、全体に迷惑を掛けることになりますから…。

外側を気にして中を見ていないというのが、顔のクリームなのかな。。。
外側を塗ったり洗ったりしても、心が変わらないと同じだということ?
だから学長は早く因縁解きの生活に戻りなさいと言ったんですね。

次の言葉がずっと気になってました。
「あなたは前にも葬祭時にサボっていたけど、今度もそんなことはないよね?」
そして「父の病気の検査(何か生死に関わる病気みたいな感じだった)が今日解る事になっている」
この二つの意味が謎でした。

最初の言葉は、信用の記事のコメントのやりとりでヒントがあって、
多分母の葬儀時に私が冒した因縁がまだ未消化だという事かなと思いました。
ずっと兄とのケンカの因縁だけを考えていたのですが、
どうも父の事も残っていたように感じます。
コメントを書いてて気付きました。
父が何故怒ったのか?何かを誤解していたとしても、怒るだけの因果が私にあったのですよね。
そこを私は見てもいなくて、父だけが一歩的に悪いと思っていました。
だから今回の夢で父の病気の検査結果が出てきたのかな?
ちなみに有り難い事に、父は至って健康です。(笑)
だからこそ、ここに何かメッセージが込められているように感じるのです…。
父の事に関しては、私の中でもう少し深く考えた方がいいのかもしれませんね。

授業に戻る為に地元に帰っていたのは、多分私の普段の生活が「授業」であり、
周りの人たちの態度で私の状態が解るという意味ではないかと思います。
生活をしていく中で「自分の因縁を解消していく」ということかなと。

それで前夜の私の態度の悪さから(苦笑)
直通列車ではなく遠回りの乗り換えで、アタフタしながら帰ってます。
諫早で「早く自分を諌めて反省しなさい」と言われ、自分の恥ずかしい恰好を見せられている。
でも乗り換え出来たから、きっと反省するだろうと言うことで「OK」の電話が入ったのかな?

日宇かどこかの駅で間違って降りたのも、自分の考えではなく隣の男の子の言葉を信用して降りた。
人の言葉を鵜呑みにするのではなく、自分の中に確信できる部分を持つようにということかな?
だから出る時は暗いトンネルの中を通って、しかも初めて見る景色に違うと感じていたのに降りた。
そこでもぁゃιぃ…ヾ(¬。¬ )と自分で早く気付くべきだったのでしょうね。
その正誤の判断は、多分これまでの経験で自然に出来るようになるという事だと思います。
そういう選択をこれまでしてきたかどうかの違いなんでしょうね。
何かに依存して生きているか、それとも自分で考えているかの違いでもあるのかな。
私の場合はまだ自分で考えて決めている経験値が足りなということだと思います。

間違いに気付いて又乗り換えをしていますが、出た時と違って入る時はとてもハードルが高いです。
道ではなく壁でしたから…。自分の中の壁を越えなくてはいけないんですね…。
高い壁を必死でよじ登って、発車2分前にやっと乗り換える事が出来ました。

私はいつもこのパターンですね…(苦笑)



昨日のフィギュアスケート全日本を見ていて、解っていてもやはり釈然としない感じが残っていた。
世界の流れは少しずつ変わって来ていると感じるのに、
何故ここはいつまでも変わらない?

高橋選手の点の出方と対照的な浅田選手の採点。
バンクーバーのロシェット選手と同じ状況なのに、浅田選手にはそれさえも配慮されない…。
何か浅田選手に対する氷のようなジャッジたちの心の冷たさが感じられてきた…。
これはお金の問題だけじゃないのかもしれない。

きしくもクリスマスイブ、日本列島を吹雪で覆っている氷の心。
村上選手に対する暖かい点数と対照的な浅田選手への冷たい得点。
村上…、もしかして彼女はマリアの娘の象徴?

そう思った時に、以前書いた夢 自転車の鍵の記事を思い出した。
ジャッジに氷の心を持ったマリアの娘が憑依している?
なんで今も氷の心なの?と改めて記事を読み返した。

「落し物がマリアの母のモノではない」のに誤解してた?
「イシヤのメーソンとマリアは繋がっている」って、知りもしないのに私書いてた…。
その事に対する「信用されない閉ざされた氷の心」となっていたのかな…。

なんてこった!
真央ちゃんを苦しめていたのは、私の想念の因だったのか…。_| ̄|○ガクッ
真央ちゃん、ごめんなさい。<(_ _)>

そして、マリアさんとマリアさんの娘さん、
誤解して有りもしない事書いてごめんなさい。<(_ _)>

この夢の記事の最後に「村上さん」が出てるんだよね。
そしてコメントで、くみさんに「鍵は。。。愛」だとヒントを貰っていたんだよ。
私も「愛は氷の心を溶かしますよね」って書いてたんだよ…。 (ノ_-;)

だから昨日の夜はマリアさんに謝罪して、このブログにも書こうと思ってた。
でもフリーの結果をみてから書こうかなとも思ったのも事実です。
もしかして違うかもしれないし、昨日の夜はこの事に気付く前にいろいろと心が荒れてたから。(笑)
ずっと状況が変わらないなら、本当は神さまなんていないのかもしれない…とか、
人間が悪いのは解るけど、行動で変えようと思っていろいろ書いても意味なかったじゃない…とか、
どうしろというんだ!とか、先に証拠を見せてくれたら「謝るよ」とか、
思い上がってどえらゃー偉そうな事思っていたら、
家が大きく「ピシッ!」と鳴ったんですよ。(;゚д゚)ゴクリ…
「ええ加減にしろ!」って怒られているように感じて、
「マリアさん信じますっ!」て言って寝ました。(;^_^A アセアセ・・・

…誠に、誠にすみませんです。<(_ _)>

ええ、勿論今朝の夢で、
家に戻れなくて遠回りして乗り換えし苦労いる列車の夢を見ましたよ。(;^_^A アセアセ・・・

それで目覚めて思ったのです。
結果が出る前に、まず謝ろうって。
私が起こした因果で「マリアさんの娘の心を氷の心」に替えてしまったのなら
先に謝るのが本筋ですよね。結果がどうであろうと悪い事をしたら謝る。
謝罪して、相手を信じる心が「愛」なのではないかなと気付きました。

例えば間違って罪を犯したとして、それを償うためにやっているけど
前例で誤解されて正しく見てもらえない。
本人はちゃんと更正しようと頑張っているのに、
そこを見てもらえず誤解されて濡れ衣を着せられる。
そうするうちに、心が閉ざされて行くのかなと思いました。

氷の心を作っているのは、私の間違った想念だったと気付いたからには
先にきちんと謝罪して信じることが「愛」であり、氷を溶かす「鍵」なのかなと感じました。

だから、マリアさんの娘さんを信じる事にしました。^^

誤解して、間違った事を書いて、本当にすみませんでした。<(_ _)>


今日も私のダメな部分を夢で教えていただきました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.24. (土)  旧暦 11/30  月齢 28.9

どこか旅行にグループで行こうとしていて、ヨーロッパ方面に向かうみたいだった。
とてもヒールの高い靴を履いていて(10cmくらい)、
こんなんじゃ歩きにくいし疲れるしで靴を替えに戻ろうとしていたが
時間が無くてそのまま向かう事にした。

飛行機のチケットは団長さんが纏めて持ってて手配してあり、
あとは飛行機に乗るばかりで、移動のバスに向かっていた。
バス乗り場までかなり移動しなくてはいけなくて、
時間もないということで前を走っている人の後について走っていた。
途中で前を走っている人たちを間違えたのか?どんどん違う所へ向かっているみたいで、
足まで浸かる水たまりの中を通っていったり
気が付いたら私の周りに二人いて、三人で移動しながら走っていた。

途中で団長が乗っているバスが目の前を通り過ぎ、
私達は「おーい!ここ!ここにいるよー!」と手を振ったが凄い勢いで通り過ぎていった。
バスの中で私たちを見ていた人たちがいたので、きっとこちらに戻ってくれるはずと、
どんどん前へ走って行くが道が狭くなり、
トラックとかが物凄い勢いで通り過ぎて怖い感じがしていた。

団長の考えていることが、浮かんできた。
私達を探していてバスを移動しているが(運転手)、
時間が間に合いそうにないので行く先をヨーロッパからロシアに変更しようとしていた。

すんません・・・。<(_ _)>

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ここではハイヒールがヒントになってると思います。
とてもヒールが高い靴でした。
今は足が疲れるのは嫌なのでノーヒールで歩いてますが、昔はハイヒール専門でした。
でも5~6cmの高さしか履いていなかったかな。。。
なので今回は自分の行動部分ではなく、思考部分を象徴していると感じました。

何故、ヒールが問題点なのかというと、前日にこちらのカキコを目にしていたからです。

612 :Trader@Live!:2011/12/23(金) 08:04:16.72 ID:5GHGnIlW
3 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/12/23(金) 06:48:20.04 ID:5o663E0g0

南のタブー
http://img.pics.livedoor.com/011/8/5/8569480509257014bf54-1024.jpg

北のタブー
http://28.media.tumblr.com/tumblr_lwjau3I8ud1qae9q9o1_400.jpg


思わずクスッと笑ってしまいました。
外見が重要じゃないんだけどな。。。大事なのは中身なんだけどな。。。
と、この時は思ってました。

で、翌朝にこの夢を見せられたのです。
あんたも同じだよって。 ~(>_<。)~ アチャ~

思い当たるのは「図書館のギリシャ神話」ですかね…。
また、同じ過ちを冒しているというというサインだと思います。
知識の上げ底、知識に頼ると大事な部分を見落とすという事ですね。
つまり、今の私の知識は「ハイヒールを履いて」いる状態で、上げ底なんです。

だから夢の旅行(人生旅行?)に行くにも歩きやすい(歩みやすい)フラットな靴ではなくてハイヒール。
走るのに大変で前が解らなくなり道を逸れた。(知識に頼り過ぎて本筋が見えなくなった)
飛行機のチケット(新しい次元?)は取れているのに、それに乗る為のバスに乗れない…。
足まで浸かる水たまりの中を通ったのは、足を水で清めなさい(考えを改めなさい)かな?
3人で走っているのは、3神世界の今の次元を、ぐるぐる(因縁の中を)回っているということ。

途中で団長が乗っているバスが目の前を通り過ぎても、「戻って来てくれる」ことを期待している。
自分から変わらなくてはいけないんだよね。相手を待つばかりでは何も変わらない。
変わらないどころか、危険な状態にも遭遇して行くんだね。

団長(運転手)は新しい次元に移動するリーダーみたいな感じ?
その団長さんが遅刻で迷惑かけている私たちの為に、行く先を変更しようとしてくれているんだね。
行く先をヨーロッパからロシアに変更って、距離が短くなったから次元を下げるという意味かな。
遅刻して面倒をかけると、結果的に全体に迷惑を掛けてしまうという事ですね…。\(_"_)反省

昨日図書館で延長が出来ずに返却しか方法がなかったのも、
それで「OKタクシー」が止まっていたのも、すべて意味が理解できました…。
そういう事でしたか…。

『「ギリシャ神話」は返却でOK、知識に頼るな』というメッセージだったんですね。

反省が足りなくて、いろんな方にご迷惑をお掛けしているかも…。
誠に、すんません。。。<(_ _)>


私の因縁-------
遅刻
知識に頼る
(この2つはセットでもあったんだ…)
依存体質
自分勝手
相手への配慮が足りない
ちょっと色関係も問題あり?(;^_^A アセアセ・・・

...φ(.. ) メモメモ




先々週、図書館へ本の返却に行ったら、里中満智子さんの「マンガ・ギリシャ神話集」がありました。
三冊置いてあって第一話、第四話、第五話の「赤・青・黄」の三色です。
信号みたいですね。(笑)

ギリシャ赤 ギリシャ青 ギリシャ黄色

マンガ ギリシア神話〈1〉神々と世界の誕生
マンガ ギリシア神話〈4〉オイディプスの悲劇
マンガ ギリシア神話〈5〉英雄ヘラクレス伝説

ギリシャ神話はwikiで時々見ていたけど、
マンガの方が解りやすいかなと興味があったので借りてきました。
何でこの間が抜けた三冊なのかネットで調べたら、他は全部閉架になってました。
つまり、この三冊が情報開示になってて、他が隠されていたということになりますかね?
ということは、この三冊の神話はどこかで誰かに改ざんされているかもしれませんね。(笑)

マンガ ギリシア神話〈4〉オイディプスの悲劇で奇妙なものを見つけました。
「第二章 プシュケの試練」での試練の内容です。
プシュケについては、こちらを参照してください。

この試練で「大量の穀物の選別を命じられた際はどこからともなく蟻がやってきて手助けしてくれた」
話がありますが、この部分はグリム童話にも出ていました。
黄金の鳥 『黄金の鳥』(おうごんのとり、独:Der goldene Vogel) は、グリム兄弟によるグリム童話のひとつで、3人の王子が黄金の鳥を探し求める話である。

こちらでは三人の王子になっていて「黄金の鳥」を探し求めてます。
プシュケは三人の王女の末っ子で、疑った愛するエロス(ウェヌスは、息子クピードー)を探し求めますが、冥界で貰った黄金の箱を開ける絵がこちらに載ってます。
黄金の鳥はエロス(ウェヌスは、息子クピードー)を意味するのかな?それとも冥界の黄金の箱?

何やらこの二つの話は、同じ題材を別の角度から書いているような気もします。
しかしマンガを読んでて感じたことですが、ギリシャの神さまって随分勝手な気もしますよね。
ゼウスがいろんな人間の女性に手を出して、それを良く思ってない妻のヘラが嫉妬で試練を与えたり…。
人間が原因ではないのに牛にされたり…、もう完全に玩具にされてます…。
人間の方で驕り高ぶってというのなら解りますが、先に手を付けたのはゼウスですよ!
問題を作っている原因は自分だという意識があまりにも足りないような。(笑)

本の返却日は今度の日曜日なのですが、明日から雪になりそうなので今日返却に行きました。
先週閉架になっている分も借りて来たので、それと一緒に来年返そうかなとも思ったのですが、
遅刻の夢を思い出して、期日はしっかりと守るように言われているような気がしたので。(;´▽`A``
そういえば、ギリシャ神話でも「約束」は必ず守るものとされてますね。
神でも言った事は必ず実行しなければいけないので、口にするのも気をつけているような場面もありました。
ちょっとぐらい遅れても…と思いがちですが、やはり期日はしっかりと守る事が前提のようです。

星の運行も「ちょっとぐらい遅れても…」では、とんでもない事になりますからね。
それぞれが自分勝手に約束を守らなかったら、衝突さえ起こり得ると思います。
人間の心は宇宙と繋がっていると思うので、やはり心根を正しくということですかね。
だからいつも遅刻の夢をいつも見ていたのかなぁ。。。\(_"_)反省

それで図書館に行ったら、なんと!閉館日でした。
私っていつもこうなんです。(;^_^A アセアセ・・・
ちゃんと閉館日を調べて行けばいいのに、休みだなんて考えもしていないんだよね。
いつもは休館が月曜だから、今日は当然開いてると思ってました。
延長して再度借りるつもりでしたが、ちゃんと返しなさいという合図だと思ったので
第一話、第四話、第五話を返却ポストに入れて帰りました。

自宅近くにいつもタクシーが止まっているのですが、今日のタクシーは「OKタクシー」が2台でした。
これで「OK」という意味だったんですかね。(笑)
しかも2台だから、数日心配だった不穏な空気も「OK」になったというメッセージかなと。(^-^)vブィ

ここの場所は、いろんな種類のタクシーが止まってるんですよ。
「てんじん」と「しろやま」のセットで止まってたり、
「しろやま」と「きんぐ」のセットだったり。。。

意味深ですよね。(笑)

gooのブログに今日の夢 自転車の鍵をアップしました。

アメリカで、何か動いているような…。
そんな気がしました。

良かったら読んで下さい。^^




冬至前だからなのか、ずっと波乱万丈な内容の夢を見てます。(笑)
きっと今までの総決算という意味で見せられているように感じます。
昨日、今日とそのような内容でしたので、ブログにも載せますが、
前のブログとこちらの新しいブログとで「気づきの向き」に分けて書こうかなと決めました。

前ブログ 気づきの日々 外側の気付きに関する記事
こちらの新ブログ 前へ。。。~心の気づきの日々~ 自分の内側を見つめる気付きの記事

やはりバランスは大事だと思うので「気付き」を重点的に内側に向けるけど、
外側もやはり外せないかなと思います。
先日の夢でも、乗っていた船が離れていて接岸できずにいたのを
私はぐぐぐーーーっと引き寄せていたので、リンクも両方貼る事にしました。
前ブログ過去記事の整理もしたし、とりあえずこの形で暫くは進みたいなと考えてます。

それで今日見た「夢 家系図と未来」を前ブログに載せましたので、
興味のある方はこちらも覗いて下さい。^^
アメリカの未来を垣間見たような内容の夢でした。


そして昨日の夢では、なんと真央ちゃんが登場しました。
それ以外にも恐竜だとか隣国選手だとか、いろいろと物騒なモノ(笑)も登場しましたが
内容的には無問題♪という感じです。
むしろ、私の気付き部分へ向けてが根底にあるので、こちらに乗せる事にしました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.20 (火)  旧暦 11/26 旧暦 11/26  月齢 24.9

ある男性を紹介されて、どうやらその人と結婚するみたいだった。
お見合いみたいなもので勝手に決められていたのだけど、
私はその人柄を見てこの人とならやっていけるかなと感じていた。

どこかの家に居てある部屋に案内してもらっていたが、
そこは動物園みたいな感じで部屋には池があった。
何気なく歩いたら、どうやらワニの頭を踏んだみたいで、
おとなしかったワニが急に敵対心を剥き出しにして獰猛になり私を食べようとしていた。
私は慌てて必死に逃げるが、ワニはだんだん増えて恐竜になり、
たくさんの人間を食べようと襲って来ていた。
私は天井の梁に宙づりになりながら移動して、
部屋と部屋の間にイソギンチャクのような糸がたくさんあって、
梁にぶら下ったままその中に隠れていた。
自動式で洗車する時のモップがたくさんある、あの感じです。

外を見ると恐竜がまだ走り回ってて、こちらの部屋にもやってきそうだった。
外でいなくなったと同時に部屋に入ってきたので、入る直前に外に出て入れ替わった。
結婚するはずだった相手の人は、もう見当たらなかった・・・。

私は家の外壁に貼り付いていて、外が安全になるまでじっとしていた。
ふと前を見ると、真央ちゃんと隣国選手が二人ベンチに座っていて何やら話していて、
私は真央ちゃんと目があった。
見つかるといけないので私はとっさに「シー!」と人差し指を口につけて
「お願い、黙ってて」というジェスチャーを送った。
真央ちゃんは状況を察して隣国選手とじゃれ合いながら
彼女を仰向けにして私が視界に入らないようにし、目を瞑るように遊びでやってた。
(この感じでは、二人は決していがみ合っている感じではなかったように見えました)

そして真央ちゃんが彼女と交差して私への視界を遮ろうとした時に、
タイミング悪く真央ちゃんが背中向きになって
隣国選手はこちら向きになり、私と目が合ってしまった…。
その隣国選手の私を見つけたときの目が「あら!ふふふ!いいもの見つけた♪」という感じで、
モナリザの微笑みのような、または財前直美さんが笑った時のような?笑顔をしてました。
(;゚д゚)ゴクリ…
財前さんは笑った顔が似ていたという意味で、単にそれだけです。(笑)

場面が変わって何やら周りの人たちが真央ちゃんにカードを返していた。
隣国選手もカードを返していた。
私も真央ちゃんにカードを返していた。
どうやら私は無事だったようです。(笑)

私の隣国選手に対しての感情も、彼女からも、特別嫌悪感とかの感情はありませんでした。
しかし、このカード、なんだろ?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


この夢を改めて読んで感じたことは、人間のこれまでの歴史のような遡りを感じました。
最初はおとなしいワニだったのに、私が「配慮が足りずに」踏んでしまった。
それで逆恨みされて、獰猛になり私や人間を食べる様になった。
そしてワニが恐竜へと変わった…。「恐い竜」の事だと思います。

しかも、その原因を作ったのは「私」なのに、ちゃっかり隠れて生き延びてる。(苦笑)
だから婚約者も自分が原因で消えてしまったのだと思います。
私の配慮が足りなかったから、その未来も消えてしまった。
これは今も私の悪い部分で残っていて\(_"_)反省中です。

争いの原因は「自分の配慮の足りなさ」だという気付きでもあるのかな。。。
私がもっと周りに配慮して、足元のワニに気付いていたら、ワニも恐い竜になることなく
人々を食べる事もなかったし、私も幸せな未来が築けていたかもしれないんですよね。
争いの種は「相手」にあるのではなく、「自分の心の中」に潜んでいるということかな。

それで突然、真央ちゃんの場面に切り替わります。
以前から二人を見ていて思っていたことなんですが、
真央ちゃんと隣国選手は、同じ魂を半分にして生まれて来たのではないかなと感じてました。
白と黒の半分で、真央ちゃんは「白」の綺麗でキラキラした部分。
隣国選手は「黒」の暗黒面で、ひとつの魂をそれぞれ切り離した形で生まれて来た。
切り離してはいるけど、どちらも二つで一つの陰陽の魂なんです…。
それに気付く為に二人は出会ったのではないかと思えます。

あんな暗黒面と一緒の魂だなんて、何てこと言うの?!!ヽ(`Д´)ノ
そんな槍が一斉に私に飛んで来そうですが、まぁ、落ち着いて聞いてください。
人は皆、陰陽を持って生まれて来ていると思うのです。
当然二人にもそれぞれに陰陽(光と影)は持っていると思うけど、
作用する力が極端で生まれてきたのではないかなと感じます。

真央ちゃんはキラキラした白い部分に作用する力が大きいけど、
その陰として苦労する環境を強いられます。

反対に隣国選手は闇に向かう力が大きく作用するけど、
その陽としてこの世の支配力を得て闇の女王としての椅子を用意されてる。
名声、賞賛、お金で買えるあらゆる名誉を手にします。
暗い部分を背負って生まれてくるので、長子として真央ちゃんより少し早く生まれてきます。

でもそれはどちらもこの世の限定のモノです。
最終的には二つの善と悪を、ひとつの魂に融合することができるかの試練なんだと思います。
だから二人が極端に正反対ならば、その融合する力も大きいのかなと思いました。

夢の中の二人が互いに嫌悪感を感じられなかったのは、やはりそういう事なのかなと感じました。
二人の魂は、それぞれが自分の内面へと向かう事で解決されていく問題なんでしょうね。
卑怯なまでに好き勝手な事をしていた隣国選手を許せなかった私が言うのですから。
(;^_^A アセアセ・・・
今では彼女に対して冷静な目で見れるようになりました。
彼女の犯してきた罪は、彼女自身が償うことしかできないのですよね。

考えてみると、もし自分が「闇」を背負って生まれてきたら、
私も彼女のような人生を送ったかもしれないですよね。
送らざるを得ない状態だったのかなとも思います。
でも、その中で自分が「選択」する自由はあったのだから、すべて自分の責任ではあります。
相手に「配慮」する気持ちがあれば、未来も変わってくるという事ですね。
これからでも遅くはないのだと思います。

真央ちゃんも「不当なまでに自分を攻めてくる矢のような彼女の感情」を、
彼女が自分の闇を代わりに持ち去って産まれてくれたから、その慟哭だと思えば
まだ理解できるのではないかなと感じました。

二人を見てい浮かんで来るのが「モーツァルトとサルエリ」です。
モーツァルトの才能を誰よりも理解し深く愛したのはサルエリです。
そして上品な自分にその才能が与えられず、下品な彼に与えられた事で神を恨みます。
そしてサルエリはモーツァルトの曲を聴きたい、でも彼を受け入れられないのジレンマで
彼を死へと導いていったのではないかと、映画を見てて感じました。

隣国選手も真央ちゃんの才能を誰よりも気にしています。
ストーカーのように貼り付き、真似をしている事もその裏返しです。
そして自分にではなく真央ちゃんに才能を与えた神を恨んだのではないでしょうか。
なんとなく似ているなと思いました。

モーツァルト時代のサルエリは、そうするしかなかったのかもしれませんが、
今は操り人形の糸が切れた「待ちに待った時代」となりました。
自分で気付いて自分の足で前を向いて歩けば、未来へと進んでいけると思います。

夢の中で恐竜と隣国選手は同じ立ち位置でした。
でも私を見つけて通報することなく、真央ちゃんにカードを返していました。
この場面から推測すると、彼女も前を向いて歩くようになるのかなと思えます。
もちろんその背景には私の大いなる反省が先にあります。
恐竜と隣国選手が同じなのは、私の配慮が足りなくて争いになった事を意味してます。
私が彼女に対してもう少し「配慮」が出来れば、
彼女への見方も変わってくるということだと思います。
争いの原因は先に「自分の中」にあるという事を、この夢で気付かされました。
だから私が変われば、彼女の見方も変わってくるという事なんだと理解しました。

真央ちゃんに返していたカードって、何なのでしょうかね。
真央ちゃんが所有していたものを返したような感じでした。
彼女が送ったクリスマスカードみたいなものなら、所有者は相手になるから違いますよね?
多分、真央ちゃんが持っている「勝負カード」の意味ではないかなと思うのです。
私も戦い自体を止めて夢の中で剣を「お返し」したし、戦う事を止めるとか
持ち去ったモノを返すとかの意味ではないかなと思ってます。

冬至を過ぎて全日本が始まりますが、吉兆の夢ならいいなと思ってます。
私が見たいのは「真央ちゃんの笑顔」
多分、お母様もそうではないかなと思います。。。




昨日、北の将軍さんの訃報が突然入りましたね。
私はNHKのお昼のニュースで、アナウンサーが緊急ニュースとして
慌てながら紹介するのをリアルで見てました。

亡くなったのは17日の午前8:30という事ですが、
その前後の夢日記を確認していたら、面白い事に気付きました。
もしかしたら何か関係があるかもと思ったので載せることにします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.16. (金)  旧暦 11/22 

旅行していた。
場所は箱根か熱海あたり?
友人Yと一緒に来ていたが、他にも会社か学校みたいなグループで来ていた。
家に電話をしなくてはと公衆電話を探すが、なかなか番号が巧く打てなくてやっと繋がった。
無事に着いたことを報告していた。

友人と旅行後の計画を話し合っていて、
一泊の予定だったが、もう一泊延ばして東京へも足を延ばそうと話し合っていた。
予定変更したので家に再度電話をしなくてはと公衆電話を探すが、
数字のボタンが順番通りに並んでいなくて、うまく番号を押せない…。
まったく、なんでこう不便な作りなんだ?と苛立っていた。

やっとの思いで番号を押し終えて繋がったら、そこは実家ではなくてハウステンボスだった…。
局番の後に何かの番号が必要だったみたいで、その電話は結局実家には繋がらなかった。
公衆電話はやたらデカくて四角い、緑の地に銀色のボタンだったような気がする。
そして二度目の電話では、隣にいた友人Yがいつのまにか
小学高の同級生だった橋〇さんに変わっていた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

橋〇さんは小学校から高校まで一緒で中学時代は塾も一同じだったが、
とりわけ仲が良いという訳でもなかった。
友人Yも橋〇さんも多分名前がヒントで、何かを象徴する為に解り易い形で登場してきたと思える。


そして死亡日とされた17日に見た夢です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.17 (土)  旧暦 11/23 

友人Eとどこかのビルにランチに来ていた。
そこの店のシステムは何か変わっていて、
彼女はさっさと窓口にオーダーに行ってあれこれ指さして注文していたが、
私はさっぱりわからなくて何処に何があるかも把握できず、
目にしたものはハンバーカーとかであまり食べたくないので、結局グラタンとかを皿に入れていた。
オーダー注文方式からバイキング式に変わったような気が…。

食後、入り組んだビルの中にある店を見ながら進んでいたが、
いつのまにか電車に乗ろうとしていた。
この辺で何かやっていたが、忘れた。

ビルの中をはぐれてしまい友人を探していたが、
探していたのは友人Eではなく別の友人ミサさんだった。
突然煙が充満して来てビル内が火事になったみたいで、慌てて外へと出た。
携帯で友人Mに連絡しようとボタンを押すが、慌ててうまく押せない。
突然電話が鳴ったので出ると、福岡の友人K(旧姓M)さんだった。
彼女に事情を話して緊急事態なので後で電話すると言って切る。


場面が変わって、私は船に乗ってグループと?旅をしていた。
船の前方の部分で乗り入れするみたいで、その部分が開いたが
岸とは少し距離があり前方は海で降りる事が出来ない。

しばらく考えて、
岸の鉄柵にロープか棒みたいなものを引っ掻けて船をぐぐくぅ――っと引き寄せた。
無事に船から降りる事が出来て、私はカメラと現像してもらった写真を手に持っていた。
隣には幼馴染のK君ともう一人知らない女性がいたが、私が持ってるカメラを見て
「バラバラではなくて、全員を写してあげないと」みたいな事を言った。
私は「えー?でもそんなことしたら、フィルムがたくさんいるよー?」と言ったら、
彼は「そんなこと知らないよ」と無責任に突き放した。
フィルムを買うのは私なのに「なんじゃそれ?」と思っていた。

どうやらK君の家に旅の荷物を一時預かってもらっているみたいで、
私の荷物が無造作に散乱していた。
いらない服とか空き缶とか不要の品があたりに散乱していて、
私はそれをバッグや紙袋に入れて綺麗に整理していた。
一時待機の旅行なのに何でこんなにいらない荷物ばかりを置いていたのだろと
自分で呆れていた。
K君は私のことを「草」の名前で呼んでいた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


17日の夢の後半部分は、前のブログの整理の事だと思えたので先日書きました。
その前半部分の夢が鍵になってます。
二日続けて友人が入れ替わってます。
それも中学、高校、短大のグループになってます。
これ、何かメッセージのような気がしますので、わかり易く整理してみます。

16日の夢
友人Y(旧姓M)と旅行。(高校の友人で3人ランチの仲間)+ 何かのグループで旅行。
二度目の電話では、友人Yから、橋〇さん(小学高の同級生)に変わっていた。


17日の夢
友人E(高校の友人で3人ランチの仲間)と、どこかのビルにランチ
オーダー注文方式からバイキング式に変わった。

ビルの中ではぐれてしまった友人は、友人Eではなく別の友人ミサさん(短大時代の友人)

携帯で友人ミサさんに連絡しようとボタンを押すが、慌ててうまく押せない。(繋がらない)
突然電話が鳴ったので出ると、福岡の友人K(旧姓Mで、短大の友人)さんだった。
彼女に事情を話して緊急事態なので後で電話すると言って切る。


友人Y → 橋〇さん(小学高の同級生)に変わっていた
友人E → 友人ミサさん(短大時代の友人)
探していたのはEさんからミサさんに変わるが、彼女に電話はかからず 
← 福岡の友人K(旧姓Mで、短大の友人)から突然電話がかかって来る。

この関係図、なんとなく重要な気がする。。。



今日(日付的には昨日)のトヨタカップ、凄かったですね。
バルサはやってて楽しかったろうね。
メッシ、シャビの技は、まるで魔法使いです。
シャビは6番でXの名前なんだね。魔法使いな訳だ。(笑)

そんなサッカーな一日でしたが、なんと私も今朝の夢でサッカーしてたんですよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011.12.18 (日)  旧暦 11/24  月齢 22.9  下弦

私は卓球クラブに入っていた。
卓球なのに試合はサッカーだった。(笑)
私は攻撃的MF(ミッドフィールダー)だったが中盤というよりはむしろFW(フォワード)に近かった。
守る意識はあまりなく攻撃に集中していた。
しかし誰か女性の声が聞こえてきて「守れないなら替えるべき」と言っていた。
それでコーチは仕方なくメンバー交代を考えていた。
本当はFW(フォワード)の選手が機能していなかったので、そちらを替えるべきだったが、
私は自分が変わる事で人間関係がうまくいくならと考えて交替を納得していた。

場面が変わって、クラブで自分の道具を出して揃えていた。
卓球なのに道具は細長い長方形の光の粒子みたいなもので、
はっきりとした形はなかったが後で考えると剣みたいに感じた。
その紐を解こうとしたら、コーチが黙ってそれを受け取った。
それは私の気持ち(自分が身を引く)を受け取って
「もう試合に出なくて良いから」というような意味で持って行った。
私は最初は試合に出るつもりだったが、もう蚊帳の外に弾き出されたと納得して
「自由になった」ことを理解するが、何をしたらよいか解らずにいた。

場面が変わってコーチと私は深い仲?だったみたいで、その場面を見せられた。
そして私は彼からフランスパンを貰っていた。

場面が変わってトイレを探して入ったら、そこは変な形のトイレだった。
最初は平べったくて床と同じ高さで、これは使えないと思っていたら形が変化した。
寄木細工みたいに木が組み込まれていて、平だった部分の真ん中が凹んで立体化してきた。
でも、それでもこれは水を流せない仕組みだと気付いて、これも使えないと思った。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


サッカー部分は「聖戦」を表しているようにも感じます。
前のブログではずっと日本を護る為に、気持ちの上で戦ってました。
それこそ攻撃型選手だったと思います。
それでもしかしたら「剣」も渡されていたのかもしれません。
今まで知らなかったけど。(;^_^A アセアセ・・・
でも戦争に「聖戦」も「悪戦」もない。
戦うという事では、戦争は決してこの世からなくならないのですよね。
戦い自体が間違っていると気付いたのです。

だから前のブログも大半の記事を削除した。
それで夢の中で「守れないなら替えるべき」と言われて交替させられたのでしょう。
私は戦いの場から弾き出された格好ですが、自分から戦う事を止めたとも言えます。
だから仕組みの枠から出れて「自由になった」と感じた。
でも何をしたらよいかも解らずにいたのです。
自由とは責任を伴うという事ですね。

仕組みの中はちゃんと既定のルールがあって、レールが敷かれてそれを目標にすればよかった。
上を目指して頑張れは、後は何も考えなくても至れり尽くせりで楽だった。
不自由だけど何も考えずに操り人形でいるか、
自由だけどすべて自分で考えて自分で実行しなくてはいけないかの違いですね。

でも格好良い事言っても、裏ではしっかり仕組みの中にまだ入っている状態を夢で見せてます。
自分が身を引く事で表では良い事をしているように見えるけど、裏では色で繋がっていた。
しかもちゃっかり泡銭も貰っているという事を見せてくれたのではないでしょうか。
表と裏の顔が意識していないのに違っているということかな。
夢で自分を見せられている時は自分の中をみなさいという意味だそうです。

夢で見たような色関係はないと思うけど(笑)、
もしかしたら過去世であったのかもしれないし、形を変えて今もあるのかもしれない。
泡銭という意味でちょっと思い当たる節が。。。

東京からこちらに引っ越してからは、就職しようにも古いパソコンの技術では使い物にならないし
年齢ではじかれるしで働いていた時の個人年金や保険や貯金を解約してなんとか生活してました。
それでもあと数年で底を尽くかなと思っていた所、来年から父と一緒に暮らすことになったのです。
父は年金暮らしなので、私も生活費はその分少し楽になるかなとちょっと安心したのですが、
この事を言ってますかね?人のお金は当てにするなと?

むむむ。。。
確かに一人立ちはしてないですね…。よい大人が。(笑)
でも私も年金納めていたんですよ。その年金、貰えないかもしれないんですよ?
ちょっとくらい、元取る感じでも駄目ですかね?
まぁ、それも古い仕組みなんですよね…。

うん、一人立ちすると決めたんだから、一人でも歩いて行けるように努力しないとなぁ。。。
そういう方向で努力していないもんなぁ。。。
それを言われているんだと思います。
駄目じゃん!って…。
年は関係ないんだよ。
精神の自立、それはいくつになっても大切なんだと思う。
私の依存体質、また見抜かれました!~(>_<。)~ 
そろそろ考えないとなぁ…。

最期のトイレの形式ですが、これは多分今のままでは浄化が出来ないという意味でしょうね。
早く依存体質を浄化しなさいという意味かな。
それと比喩でもあると思います。
最初は平らだったものが使えなくて、次に凹んだ形でも使えない。
平らだった最初の時代(欠けがない時代)、凸凹の次の時代(今までの欠けの時代)
どちらも浄化が出来ないということは、次の第三の時代に変わらなければという
そんな意味もあるのかなと感じました。

今日は増え続けた荷物を必死に整理している夢を見ました。
夢の中でも疲れていたような。。。(笑)

どうも夢の内容が「前に使っていたブログの整理をしなさい」という意味に取れたので
さっそく大幅な削除と整理をしました。
疲れた~~~!!!

こちらがその夢の内容です。
ブログ内を整理しました


なんとなく船がこちらのブログのような気もして、リンクした方がいいのかなと思いましたので。。。
「岸の鉄柵にロープか棒みたいなものを引っ掻けて船をぐぐくぅ――っと引き寄せた。」
ここがそんな感じに思えてきます。(;^_^A アセアセ・・・

今朝、何気なく本棚に目が行き、そこに置いてあった布の袋が気になりました。
この布の袋は、前に友人に禅修行が出来ると誘われて入った新興宗教の真〇〇
(縁を繋ぎたくないので伏字で書きます)で使用してた物でした。
その宗教は2009年に脱退し、関係したものは全て処分したのですが、
この袋だけは処分せずにそのまま残ってました。

「あらあら、これも捨てなくちゃね…」と思って中を見ると、
ミニノートにこれまでの記録が書いてありました。
そうか、この記録も何かに使うかもしれないと思って残して置いた事を思い出しました。

改めて読み直すと、最初のページに2002年に見た「夢の内容」が書いてありました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2002.3.30.(土)  旧暦 2/17  月齢 16.0

原因不明の病気になり、私の身体が動かなくなり、
これからどんどん体の自由が奪われて、
そのうち痛みが酷くなって死を待つだけとなる。

「これが方位の大凶の示す道だったのか?あー、私は、これで死ぬのか?」
と納得するが、そこで真〇〇の事を思い出し
私を守って下さっているのだからと安心し、何とかなると思いなおす。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下の感想文は2002年当時に書いたものです)
直ぐに書き取らなかったので忘れている部分や思い違いの部分もあるが、
これはただの夢ではないかもしれないと内容を書き始める事を思いつく。

2年前(2000年)の4/8に引っ越しの夢を見た。
それは過去に住んでいた横浜の福寿〇〇〇を引っ越す夢で、何かまとまりのない夢だった。
しかし偶然にも今年の4/8に引っ越しをすることになり、後で夢の事を思い出して驚いた。
夢とは万人に与えられた、霊界との接点の場所なのかもしれない・・・・
自分の深層心理、潜在意識、記憶と霊界からのお告げが一体となっていのが夢なのかもしれない…。

今朝夢を書きながら、家系の先祖つゆさんの事を考えてしまった。
血圧で倒れて半身不随となり、長く床を患って亡くなった方のようだが、まさにその内容と一致する。
これが母や私に与えられた因縁だとしたら、きっとつゆさんが「ありがとう」と言っていたのかもしれない。
夢の中で少しだけつゆさんの気持ちを理解することが出来た。
とても不安でやるせない気持ちだっただろう。
〇〇〇の教えをずっと待っていたのだろう。
これからの私の教えの取り組み・・・、これが…、この事を言いたかったのかもしれない。



----------------------------------------------------------------


↑の感想は、まさに新興宗教の罠に嵌って行き、深みに落ちていく様子を表していると思った。
今考えると謎が全て解けます。

この夢を見た直後(10日後)に、私は東京から九州へと引っ越しました。
当時、どうせ引っ越しするのなら方位が良い吉日がいいかなと軽く考えて調べた所、
1~2年は最凶最悪のど真ん中の時期らしく(笑)、それから方位がとても気になりだしました。
それで真〇〇に相談したところ、深い信心をしていれば何処にいようと救われるというものでした。
その流れがあったので、方位の凶が頭の中に深く入っていたのだと思います。

で、今これを読んで納得したこと。
「まさに仕組みの箱に入れられてるな!」です。
宗教の「飴とムチ」、わざと信仰せざるを得ない状況に追い込んで救いの手(奇跡)を差し伸べる。
支配者の自作自演、表と裏。(笑)

根本的に私が宗教に依存していたから、そういう夢の未来へと向かわされるのです。
方位の凶が怖くて、安心したい為に依存した。
怖いものを取り去って欲しい為に依存した。
最初から方位など調べなければ、こういう怖い思いもしなかったのです。
方位?へーん!!と気にしなければ良かったのですよね。
少しでも吉日にあやかりたいという私の欲心が引き起こした未来だと思います。

ミロク菩薩は36で獣側の闇の存在。
仏教系の新興宗教だった真〇〇も、ミロクが裏で仕切っていたと思います。
信心(お金とエネルギーを渡す)しないとこうなるぞ!というビジョンを見せているようですが、
本当は私の姿をそのまま夢で見せてくれたのだと思います。
「今のあなたはこういう姿をしていて、そのままだと未来はこうなるよ!脱退して早く気付きなさい」
そんなメッセージだと思います。
でも当時の私は解るはずもなく、これは信心しなさいと逆の方へ勝手に解釈してました。
これが闇に落ちて盲目の状態なんだと思いますね。
経験者は語る。(;^_^A アセアセ・・・
また、夜に怖い夢でうなされて、夢の中で「そうだ!真〇〇の呪文を唱えると大丈夫!」
と思って必死に唱えて目覚めると安心していたのを思い出します。
そりゃ、支配側の自作自演だもの、怖い物も唱えたら無くなるのは当たり前だよね。(笑)
まんまと策略にはまってました。

呪文は封印であり縛りです。
その人の目覚めを封印し、鎖で縛るのが呪ですよね。
だから古代に埋没された神々も目覚めないように呪で封印し、しめ縄の鎖でさらに雁字搦めに縛る。
先住古代神を悪者に仕立てて、悪が入って来ないようにと封印する事にして「正当化」した。
そして自分たちのルールで人々を隷属化しお金とエネルギーを吸い取り続けた。

まぁ、そんな感じだったのではないかと睨んでます。
だから呪だとかは、使わない方が自然に優しいのではないかと思うのです。
経典の読経も呪ですよね。
葬式や〇回忌で何度もお経をあげてもらうのも、
呪でさらに魂を縛っているのではないかと心配してしまいます。
今の風潮はやらない方が非常識みたいに思われますね。
でもきっと今後は変わっていくと思います。
価値観の逆転、あると思いますよ。

夢の下に書いてる当時の感想文も意味深ですね。
ちゃんとメッセージがてんこ盛りです。(笑)
4/8に引っ越し→ 釈迦の誕生日に引っ越し→ 仏教(新興宗教)を引っ越し(止めて去りなさい)。
福寿 寿は呪でもあるそうな。福を呪うという意味で「裏と表の支配」なんだね。
建前は綺麗で縁起が良くてお目出度い。でも裏の本音は呪によるミロクの支配…。
2000年の4/8に引っ越しの夢を見たのは、「見せられた」ものだけど、
でも2002年の4/8に引っ越しというのは、私が意図的に決めた事なんだよね。
凶ならせめて引っ越し日だけでも仏教の慶事にあやかりたいという、またしても私の欲心。。。 (ノ_-;)
でも過去の4/8に引っ越しの夢をみていて、本当の引っ越しの10日前にもこの夢を見ている。
サインだったんだね。
そこんとこ、ちゃんと見なさいよというサイン。
長い時を超えて、今やっと自分の悪い部分を見る事が出来ました。
結構、この繰り返しをやって来てたかも…。\(_"_)反省

やっぱり、こうやって記録を残してて置いたのも後で気付けるようにという事だったんだ。
最期の方の因縁部分だけど、これも自分の依存心。
自分で因縁なんて解除できないものだと思い込んでいたから、
〇〇〇に頼んでずっと先祖供養をやって貰っていた。
でも自分の家庭内ケンカを他人に頼んで解決して貰っても、何も変わらないんだよね。
自分自身でケンカの原因を見つめて行かないと、何度でも同じ因縁は起こる。
根腐れは元から絶たなきゃダメ!
先祖の因縁が自分にもあるのなら、自分自身で中を見つめていかないと因縁は消えない。
外側にないんだもの。外側に頼んでも因縁は無くならないんだよね。

やっとこの夢のメッセージが理解できたので、このメモと布の袋は処分しようと思います。
布の袋って「布袋(ほてい)」と読めるね。今、気が付いた!

今日はサッシと窓掃除をした。
窓が多いので大変だったけど、やったあとは気持ちがいいなぁ。。。

最近、気になっている言葉。
マードックとマルドゥク、似てない?
イギリス盗聴事件のメディア王マードックの記事を読んでて、ふと思った。
ただそれだけだけど。(笑)


今日気づいた事。

前に友人から言われた事があった。
「ずっとパソコンばかりしてるの?」

私。
「ずっとじゃないけど…、いろいろと調べるのに時間を費やしてる。」
心の中
(今、世界も日本も大変な状況なんだよ。だから色々と情勢を見ないと。。。)


あの時は本当にそう思ってた。
友人は世界の価値観が変わる事など微塵も感じてない。
沢山の犬を飼ってて、あちこち撮影会に出かける事が楽しいみたいで、
大丈夫かなぁとそちらを心配してた。

でもね。
友人は「今」を楽しんでいるんだよね。
そして私は「今」という時間を調べる事に一生懸命費やしている。
ちっとも楽しんでいないんだよ…。
むしろ刻々と変わる状況の変化に悶々としてるし。(笑)

どっちが精一杯生きているのかなと思った。
世界の情勢に敏感に反応する為に生まれてきた訳じゃない。
しかも、それをやれと誰にも言われてないし。

一応気にかけて置く事は大事かもしれないけど、
もっと自分の周りの出来事に感動しなくちゃいけないと思った。
もっとやる事があるんじゃないかと思った。
自分、楽しんでる?
笑顔になってる?

これからどんな世界に変わろうとも、自分がしっかり立ってなきゃ。
いつ来るか解らないモノに縛られて何も出来ないでいるよりも
腹を括って、いつ来ても良いように「今」を心から楽しむ。
そっちが大事だなって思った。

その方が後になって後悔も少ないと思うよ。
あー、あの時は楽しかったなって、振り返って自分で笑顔になれるもの。

黙々とパソコンで調べものに費やしてると、きっと後悔すると思う。
あー、あの時の時間はとても「貴重」だったのに、表情ひとつ変えないで過ごしてて
笑顔にもなれずに、それが役に立つ事もなく、なんて勿体ないことしてたんだろうって。。。

今思うもの。(笑)

だからね。
経済崩壊が来た時は否応なしに考えなきゃいけないんだから、
来ないうちは考えなくてもいいんじゃないかと思えるようになった。

ただ、自分に取って大事なモノが何かを見直したり、
必要以上な資源の無駄遣いは止めたり、
モノを大切にするとか、自然の恵みに感謝するとか
そういう精神面での変化は必要だと思う。

これまでと同じように考えて生活するのは、やはり違うんじゃないかと思う。
でも「楽しむ」ことは、とても大事だと思います。

友人が何気なく言った言葉。
そこに「気付き」がありました。
カチンと来るなら、それは尚更「気づきのメッセージ」だと思います。
友人を通して、言わされている言葉なんだと思いました。
「そこ、気付きなさいよ~!」ってね。

今日からこちらのブログでお世話になります。<(_ _)>

日々の出来事や夢などで、気付いたことをここに書こうと思います。

昨日の夢の話です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2011.12.13 (火) 旧暦 11/19 月齢 17.9

いろいろと夢を見ていたが、あまり記憶にない。
なんとなく夢で「そうかー!」と納得していたような感じだったので、
きっと潜在意識の中には持ち帰っていると思う。

昔の会社で同僚だった福島の友人が出ていた。
私の他に二人側にいて、彼女が私達の指導にやって来た。

どこからか声が聞こえて
彼女を含む三人がアステカの〇〇で猫神だと教えられ、
他の一人が違った聞きなれない名前だった。

私はこれまで犬に縁があると思っていたので、過去の魂が猫神系とは意外だった。

彼女が顔のお面を取るような動作でいろんな顔を見せていて、
私は「へー、どうやるの?」と興味津々だった。

場面が変わって実家にいた。
外では急に雨が降り出してきて、雨宿りにたくさんの人が実家に入って来ていた。
母が忙しそうに動いていたが、私はその母の足をマッサージしたり肩を揉んだりしていた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

彼女は子育てで忙しくて大変だろうから(今は子供も大人になっているけど…)
まさか私たちの指導の先生になっていたとは意外だった。(笑)
でも現実と向き合ってきちんと自分の因縁を解除できたのだろうから、
ネットで知識を得るばかりだった私よりも先に、
大切な事に目覚めて指導の先生になっているのも頷けた。
大切なのは現実の経験から理解するということ、多分そういうことなんだろうなと思った。

夢の中で双子がちょっと気になっていた。
彼女と私は双子魂なのかなぁ?
性格は全然似ていないと思っていたけど・・・。


アステカって生〇を求めるって聞いてるし、どうなんだろう。
しかも猫神って、埋没された根っこという意味かな。。。

まぁ、どんな現実も受け入れて、間違って犯してきた過去の過ちも
今生で気付いて因縁を解消する為に生まれてきていると思うので
なんでもオッケーです♪

12月13日で木星の逆行が終わり、14日から順行に戻る」そうです。
それで昨日、夢で逆行の一番根っこまで遡って行ったのかな?(笑)
ありがとうございます。^^

結局それを知ったとしても、現実に何も影響しない訳で。。。
やはり大事なのは「今」なんだよね。
「今」をどう生きるか!
それが大切なんだと解りました。

miraes

Author:miraes
夢を中心に書いてますが、日常と照らし合わせて自分を見つめようと模索しているブログです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。